254件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

世田谷区議会 2020-03-13 令和 2年  3月 予算特別委員会-03月13日-06号

また、現在、次大夫堀公園里山農園で農作業ができるレイズドベッドを当事者とともに試行錯誤しながら作成しているところでございます。  レイズドベッドは、障害のある方だけではなく子どもも顔が近く、足腰を曲げづらい高齢者からも触れやすく、花の香りなどを感じることができるなど、誰もが楽しむことができる施設でございます。  

世田谷区議会 2020-03-10 令和 2年  3月 予算特別委員会−03月10日-04号

将来的には村の人口が減少することが想定されておりまして、村の活力維持に向けて世田谷区との交流を通じて解決することはできないか、また川場村の美しい景観里山環境保全都市と農村が一体となって環境保全に取り組むべきだ。若者や子どもといった次の世代に村の生活文化や魅力を伝え、継承していくことが大切だといったような御意見が出されております。  

港区議会 2020-03-10 令和2年度予算特別委員会−03月10日

平成19年度より始まったみなと区民森づくりは、あきる野市の森や里山保全港区民環境学習のフィールドとして活用されてきました。  今年度も年間を通した環境学習講座が開催されていますが、平成30年度からはオーダーメイド型環境学習が開始し、少人数グループでの環境学習にも対応していただいています。  

世田谷区議会 2020-02-03 令和 2年  3月 区民生活常任委員会-02月03日-01号

森林環境譲与税について、(1)森林環境譲与税の使途としまして、今年度は約三千四百万円が交付され、川場移動教室事業、健康村里山自然学校事業公共施設における木材活用で使用していくことを当初予算概要で公表しております。  5今後のスケジュールは記載のとおりです。  説明は以上です。 ○中村公太朗 委員長 ただいまの説明に対して御質疑がありましたら、どうぞ。

世田谷区議会 2019-11-28 令和 元年 12月 定例会-11月28日-03号

この税の使い道につきましては、今年度の予算概要により公表しておりますが、森林環境譲与税趣旨に基づき、既存の事業であります川場移動教室や健康村里山自然学校事業といった森林保全活動学習機会の提供のほか、公共施設における木材利用活用していく予定でございます。引き続き、区議会での御議論、区民の皆さんの御意見も伺いながら、森林環境譲与税の今後の有効活用について検討してまいりたいと存じます。  

世田谷区議会 2019-11-27 令和 元年 12月 定例会-11月27日-02号

世田谷区が川場村と取り組んできた交流事業の一つである友好の森づくりや、健康村里山自然学校を通じた都会住民森林里山への理解や関心を高める事業は、この税の趣旨に合った取り組み事例として林野庁からも注目されていると聞きます。川場村の森林は、針葉樹の単層林だけではなく、多様な樹種混合林もあり、建材以外にもさまざま木工や家具への利用など、豊かな生態系可能性を秘めています。  

世田谷区議会 2019-10-09 令和 元年  9月 決算特別委員会-10月09日-06号

今年度から供用しております次大夫堀公園内の里山農園では、その教育福祉農園の位置づけがあり、地域人たち障害者就労支援を受けている方などにも参加いただいており、手づくりで農福連携を目指した農園づくり取り組み始めたところでございます。 ◆田中みち子 委員 今年度から次大夫堀公園里山農園ができて、新たな福祉的活用がスタートしたということですね。

世田谷区議会 2019-09-03 令和 元年  9月 区民生活常任委員会-09月03日-01号

(5)交流事業では、世田谷区民川場村を第二のふるさととして、村民とともに里山保全、育成していくことを目的として、平成十八年七月に開校しました健康村里山自然学校事業運営事務局機能を果たしております。具体的な事業内容記載のとおりになっております。  また、(6)としましてPR活動を挙げさせていただいております。

板橋区議会 2019-06-17 令和元年6月17日健康長寿社会調査特別委員会-06月17日-01号

ちょっと、別の件になるんですけれども、徳島県で葉っぱビジネスというのがあったと思うんですけれども、何か、里山葉っぱを収集して、料理のつまとして出荷して、2億5,000万円ぐらいの年間売り上げをつくっているビジネスが、その村が1,700人ぐらいしか人口がいないんですけれども、高齢者の方々が生き生きと活躍されているということで、そのビジネスの成功に伴って、まちビール工場、地元のビール工場をつくったりですとか

品川区議会 2019-06-10 区民委員会_06/10 本文 2019-06-10

こちらは区民を対象とした交流ツアーと、「マウントしながわ」里山活用事業を中心に交流事業を進めております。  49ページにお進みください。特別区全国連携プロジェクトの取組みの一環としまして、交流都市地方物産展を開催しております。  1枚おめくりいただきまして、(2)坂井市区民交流ツアーは、昨年度に引き続き実施いたします。  

大田区議会 2019-03-06 平成31年 3月  予算特別委員会−03月06日-01号

成田空港では、成田山新勝寺でお参りや航空科学歴史発見航空機操縦体験日本人のふるさとの原風景「里山体験」に、ボランティアガイドが無料で同行をしてくれます。参加費交通費等実費負担だけです。  本区においても、乗継客向けに大田区の魅力的な場所をガイドに案内していただくことは有意義なことだと思いますが、本区の取り組み状況を教えてください。

杉並区議会 2019-03-05 平成31年予算特別委員会−03月05日-03号

ほとんど1ページから全部丸暗記するぐらい毎年のように読んでいたんですけれども、毎年読むといったって、文言が何カ所か変わるだけであれだったんですけれども、そのとき、最初はよくわからなかったんだけれども、大ざっぱに言って、日本の山は奥山里山。おじいさんが山へしば刈りに行くというのは里山ですよね。奥山というのは、ほとんど人間が入らない、少しは入るにしても。

港区議会 2019-02-27 平成31年度予算特別委員会−02月27日

また、4、5歳児クラスでは、春と秋には園外保育として、芋掘りミカン狩りなどの収穫体験あきる野里山遠足を実施するなど、保育園はさまざまな工夫を行い、自然と触れ合う機会創出に取り組んでおります。  こうした自然体験活動は、好奇心探究心を持って身近な事象への関心が高まるなど、自然への関心や興味を育むことにつながることから、さらなる機会創出について検討してまいります。

港区議会 2018-10-08 平成30年度決算特別委員会−10月08日

区は、これまであきる野の森の整備、里山保全など、自然保護に取り組んでおり、また、二酸化炭素固定認証制度において、延べ床面積5,000平方メートル以上の建築には木材活用を義務づけるなど、環境に配慮した取り組みを進めています。環境負荷の少ない再生可能エネルギー利用を促進するため、昨年4月から福島県白河市と連携し、太陽光発電によってつくられた電気を区有施設へ供給してきました。

港区議会 2018-09-27 平成30年度決算特別委員会−09月27日

それが戦後、生物多様性などという概念が全くない時代に、日本は焼け野原となったまちを再建するために、国策として里山広葉樹林を全部伐採してしまって、真っすぐ伸びて建材として価値の高かった杉やヒノキ単一種で埋め尽くしてしまったわけです。この杉やヒノキというものは防虫効果も高くて、タンニンを多く含んでいるために、虫や多様な生物のすみかとしては不適な樹木です。カブトムシも杉には行きません。

品川区議会 2018-07-30 文教委員会_07/30 本文 2018-07-30

そして最終日、9月6日午前に、子育て王国鳥取県の子育て施策について、本年4月に長野県、広島県とともに設立した森と自然を活用した保育幼児教育推進自治体ネットワーク取り組み等鳥取県の子育て施策について調査した後、とっとり森・里山等自然保育認証制度で認証された幼稚園において、子どもたち食材選びから主体的に取り組むクッキングの様子を視察いたします。