3200件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

葛飾区議会 2019-07-26 令和元年文教委員会( 7月26日)

こういうことも含めて記載すると、さらに評価もよろしくなると思いますし、物資を置くのかそれともご遺体の安置をするのか、それとも地域の方々の避難になるのかとか、そういうことも含めて危機管理課としっかりと、このような形で評価されるような仕組みをつくっていただければと思いますが、いかがでしょうか。 ○(峯岸良至委員長) 生涯スポーツ課長

大田区議会 2019-07-12 令和 1年 7月  こども文教委員会−07月12日-01号

◆清水 委員 本当に熱中症で命を落としたりとか、重症化すると、熱中症の場合も一生大変な事態になる場合もありますので、そういうことが児童・生徒に起きないように一刻も早くやっていただきたいのと、ここにも書いてありますように災害時の避難という機能もありますので、今はそれ以外については計画は発表できないということですので、担当者も決まったようですので、順次進捗状況をお知らせくださいますようによろしくお願いします

江東区議会 2019-06-25 2019-06-25 令和元年防災・まちづくり・交通対策特別委員会 本文

1つは、(1)にありますように、避難運営に伴う職員の勤務態勢の構築を行うというものでございます。これは避難の運営が長期化したことを想定し、どの課のどの職員避難営業務に従事し、どのようなローテーションで避難を運営していくのか、医療保険課ほか避難班と連携し、検討していくものでございます。  

足立区議会 2019-06-21 令和 元年 6月21日総務委員会-06月21日-01号

自らの命を守る行動と家庭備蓄等の自助による備えの普及促進、避難運営会議や防災区民組織の活性化、地区防災計画の策定地区の拡大など共助体制の強化、足立区地域防災計画の見直しや備蓄物資の増強及び適切な管理、防災行政無線のデジタル化整備など、公助としての防災施策を展開してまいります。  以上、3点についてご報告させていただきました。  

世田谷区議会 2019-06-21 令和 元年  6月 定例会−06月21日-04号

学校体育館は避難にもなります。エアコンが設置されても災害時にライフラインが途絶えたら稼働できません。災害時にも空調設備を稼働できる非常用電源の整備をあわせて検討することを求めます。また、ガス式導入に当たっては、停電時でもガスが供給されれば稼働できる電源自立型の導入を求めます。  

足立区議会 2019-06-20 令和 元年 第2回 定例会−06月20日-01号

第四中学校には設置済み、入谷南中学校と花畑北中学校には7月上旬までに設置を予定されており、子どもたちの熱中症対策災害時には避難となる学校体育館の環境整備に取り組んでいることに評価をいたします。  そこで、質問いたします。  1、第四中学校での暖房検証結果は、いかがなものだったか。  

大田区議会 2019-06-20 令和 1年 6月  防災安全対策特別委員会−06月20日-01号

それから、避難の状況でございますが、報道によりますと、ピーク時におきましては、山形県新潟県におきまして、合わせて8,000人超の方が避難されたという報道もございますけれども、けさの6時30分時点におきましては、山形県新潟県、それぞれ1か所の避難が継続しておりまして、合わせまして、45名の方が、引き続き避難をされているという状況でございます。  

板橋区議会 2019-06-18 令和元年6月18日災害対策調査特別委員会-06月18日-01号

地域防災支援課長   避難の開設を想定した備えというところでは、各学校避難が今73か所ということでございますけれども、その全ての避難におきまして、原則1回は学校防災連絡会ということで開催をさせていただきまして、その際に、実際に避難を開設された場合には、避難所長を中心に地域の方が中心となる組織を立ち上げて、避難運営に当たるということになるんですが、そこにかかわる方々、皆さんお集まりをいただきまして

大田区議会 2019-06-17 令和 1年 6月  こども文教委員会-06月17日-01号

今後、教育環境の公平性及び災害時の避難としての機能向上の観点から、短期間での整備を進めるという考えのもと、東京都財政支援制度の設定期間を踏まえ、3年間で全校に整備する予定でございます。  その実現に向けて現在、東京都に対して補助金の申請をするための準備を進めております。 ○田村 委員長 それでは、委員の皆様から質疑をお願いいたします。

江東区議会 2019-06-17 2019-06-17 令和元年企画総務委員会 本文

9の随意契約の理由でございますが、本区のデジタル防災行政無線(移動系)システムは、防災センター内に設置する統制局、基地局と本庁舎や出張所等の区施設及び拠点避難である小中学校、そして、今議案の他自治体機関や民間協力団体などに設置する移動局に大きく分けられてございますが、本契約では、移動局の順次切りかえを行うものであり、現在設置してある当該事業者の機器でなければ、統制局、基地局との運用ができないということもございまして

葛飾区議会 2019-06-17 令和元年危機管理対策特別委員会( 6月17日)

なお、このボートは区内77カ所全ての避難に配置されているものでございます。  3の今後の取り組みでございます。  今後、他の避難においても、配置されているボートの組み立て訓練を行うよう避難運営会議に働きかけてまいります。  また、校舎1階や屋外に収納されている備蓄品の搬送訓練や、校舎上階への避難者収容訓練等の水害対応訓練の実施について避難運営会議に働きかけてまいります。  

大田区議会 2019-06-13 令和 1年 第2回 定例会−06月13日-01号

中でも小中学校体育館については、教育活動のみならず、災害時には避難として活用するものでありますので、早期に良好な環境の確保を図る必要があると考えます。学校体育館の空調設備については、東京都補助制度が3年間であることからも、これを踏まえて、3年間での全校整備を目標として進めるべきと考えますが、区としてどのように計画を進めていくのかお答えください。  次に、健康づくりについて伺います。

世田谷区議会 2019-06-13 令和 元年  6月 定例会-06月13日-02号

地区防災訓練は、避難運営訓練とは目的が異なるはずです。実際に震災が起き、自宅等が危険になったら、まずは一時避難避難し、さらに必要に応じて広域避難場所に避難します。そこで火災などが落ちついたとしても、自宅で生活することが困難、あるいは危険である場合には、一時的に避難で生活をするという流れになります。

板橋区議会 2019-06-12 令和元年6月12日文教児童委員会-06月12日-01号

何か災害が起きたときに、もうご承知のとおり避難になるんです。避難になって避難して、体育館に段差があるというのは、ものすごく解消しなければいけない一番大事なことだと思うんです。ですので、その部分も含めてですけれども、板五中の、ここに出ている内容だけではなくて、これから教育委員会としてはどういう、例えば段差のことだけはしっかりと解消していきます。