4763件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

目黒区議会 2019-10-09 令和元年生活福祉委員会(10月 9日)

3点目の選定委員会につきましては、先ほど申し上げたとおり、まず委員長として健康福祉部長、また副委員長として健康推進部長、あと行政の委員として、健康福祉計画課長と私、障害福祉課長の4名が行政の委員と、あとは昨年度設置しました目黒区医療的ケア児の支援関係機関の協議会の会長が学識経験ということで外部委員、さらに税理士の方、こちらは法人財務、経営状態等を評価する、そちらの方が外部委員の1名で、計6名となってございます

千代田区議会 2019-09-17 令和元年地域文教委員会 本文 開催日: 2019-09-17

というのは、2)番と3)番の資金収支、それから財務状況、C社が一番悪いんですよね。にもかかわらず、AとCと選定をしたというのは、何か財務は余り関係ないんだと。補助金を出すからね、あれなんで。そういうことなのか。提案がよければオーケーなのか。ちょっとその辺がどうなのかなと気になったもんで。

目黒区議会 2019-09-10 令和元年企画総務委員会( 9月10日)

○川原委員  区のほうでも検証して、大丈夫だよということでの認識だと思うんですけど、要はことし設立された会社で、2億7,000万円を超えるこの大きな工事を発注するに当たって、その検証の内容は、技術面はいいとして、例えば財務上の任せられるぐらいの規模の会社なのかどうかというのがちょっと心配なんです。

世田谷区議会 2019-07-30 令和 元年  7月 企画総務常任委員会−07月30日-01号

  政策経営部    部長          中村哲也    財政制度担当参事    松永 仁    政策企画課長      松本幸夫    ふるさと納税対策担当課長(経営改革・官民連携担当課長兼務)                中西成之   交流推進担当部    部長          小澤弘美   総務部    総務課長        菅井英樹    人事課長        大塚 勇   財務

葛飾区議会 2019-07-26 令和元年文教委員会( 7月26日)

このアンケート結果及び財務状況につきましては、別紙として添付をさせていただいております。  3、区の重点指導方針でございます。  1つ目が、基本協定書及び年度協定書に基づく適切な管理運営、2つ目が、施設利用者に対するサービス向上への取り組み、3つ目が、積極的な広報活動や自主事業実施による一般利用者の集客としております。  

台東区議会 2019-07-25 令和 元年 7月産業建設委員会-07月25日-01号

これにⅡ、投資活動収支、Ⅲ、財務活動収支を合わせますと、全体の当期収支差額は、下から4行目になりますが、2,747万1,037円となります。これに前期繰越収支差額を加えまして、区への返還金を差し引きますと、次期繰越収支差額は3,749万9,920円となります。  以上で、台東産業振興事業団の経営状況についてご報告を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。

目黒区議会 2019-07-10 令和元年生活福祉委員会( 7月10日)

3名の外部の有識者につきましては、障害、高齢、経理財務専門家ということでございます。  恐れ入りますが、資料の2ページにお戻りいただきまして、5番の事業報告書の概要につきましては、こちら各施設共通でございますが、それぞれ別添としてつけさせていただいてございまして、中目黒ホームにつきましては5ページ、6ページのとおりでございます。  

世田谷区議会 2019-07-03 令和 元年  7月 企画総務常任委員会−07月03日-01号

      岡本俊彦    調査係主任       阿閉孝一郎  出席説明員    副区長         宮崎健二   政策経営部    部長          中村哲也    財政制度担当参事    松永 仁    政策企画課長      松本幸夫   交流推進担当部    部長          小澤弘美   総務部    部長          田中文子    総務課長        菅井英樹   財務

足立区議会 2019-06-28 令和 元年 6月28日待機児童・子ども支援対策調査特別委員会−06月28日-01号

それから、その下になりますが、適切な財務財産管理が行われているかどうか。  そして、3ページ目になりますけれども、こちらは利用者の満足度、利用されている方のお声を聞きながら、トラブル対応などもどのようにやっているかという観点での評価でございます。  

足立区議会 2019-06-27 令和 元年 6月27日文教委員会-06月27日-01号

財務状況の結果は、非常に良好であるというものでございました。  9ページのほうに移ります。  ご審査いただきました委員の構成は記載のとおりでございます。指定管理をしていくときには、労働条件審査を行うこととなっておりますので、こちらのほうを実施しておりまして、合格という結果でございます。  

港区議会 2019-06-26 令和元年6月26日保健福祉常任委員会-06月26日

選考に際しては、第一次審査で財務関係書類、事業計画書類に対する評価をもとに総合的な審査を行い、第二次審査ではプレゼンテーション及びヒアリングを行い、選考基準により審査したとの経過が報告されております。  選考委員会は3回開催され、2事業者のいずれの提案も現状の課題を的確に捉え、かつ将来を見据えた大変すぐれた提案だったため、選考作業は困難を極めたとのことです。  

江東区議会 2019-06-25 2019-06-25 令和元年防災・まちづくり・交通対策特別委員会 本文

次の黒四角ですが、社会経済的評価及び財務的評価は良好となっており、両線とも事業性が認められております。  次の黒四角、課題の指摘では、8号線では、乗りかえ駅となる豊洲駅と東陽町駅の駅構内混雑が増大する可能性が指摘されてございます。  最後のまとめとして、両路線の有効性が確認される一方、課題も明らかとなり、今後、関係者間で事業化に向けた具体的検討が進められるべきと結ばれております。  

港区議会 2019-06-25 令和元年6月25日保健福祉常任委員会-06月25日

第一次審査、書類審査で、下の表にございますように、財務状況の評価につきましては、3者とも可でございました。資金計画の評価につきましては、社会福祉法人友愛十字会、それからB事業者がともに「特に優れている」のA、C事業者につきましては「劣っている」のEの評価でございました。合計の点数は、1,110点満点のうち、社会福祉法人友愛十字会が811点、B事業者が770点、C事業者が658点でございました。  

台東区議会 2019-06-25 令和 元年 6月企画総務委員会-06月25日-01号

1の庁舎エレベーター改修工事につきましては、令和2年度の債務負担の限度額を、2の財務会計文書管理システム再構築委託につきましては、令和元年度から令和2年度の債務負担の限度額を、そのほかの4件の事項につきましては、債務負担の期間及び限度額をそれぞれ定めたものでございます。  次に、歳入歳出予算を説明いたします。  17ページをお開きください。歳入予算でございます。

足立区議会 2019-06-21 令和 元年 6月21日総務委員会-06月21日-01号

内部統制の本格運用3年目となる今年度は、足立区版財務に関する事務についてリスクを設定し、その中から各課でリスクを選定するなど、国のガイドラインに準じた取り組みを進め、不適正事務やミスの発生の低減を図ってまいります。  また、平成28年度に策定しました足立区における内部統制基本方針の改定など、令和2年4月1日の改正地方自治法施行に向け、準備を進めてまいります。  3点目は契約事務です。  

目黒区議会 2019-06-21 令和元年生活福祉委員会( 6月21日)

また、経営及び財務に関して専門的知識・経験を有する委員1名ということと、あと区の内部の職員という形で、外部の有識者につきましては2名に入っていただいているということでございます。 ○鈴木委員長  青木委員の質疑を終わります。  ほかにございますか。 ○石川委員  1点確認したいんですけど、昔のことになっちゃうんだけど、指定管理というのは、当然、公の施設ですよね。

千代田区議会 2019-06-21 令和元年保健福祉委員会 本文 開催日: 2019-06-21

この点につきましては、さきの予算議会定例会常任委員会のときにもご報告させていただきましたけども、今回の債権額の調査を進めていく中で、現行の貸付金管理のシステムにはなかった、貸付金のシステム財務会計システムがあるんですが、その整合性の確認がとれなかったことが一つの原因でございまして、その整合性の確認や任意の時点の利息の計算について、システム内でのデータを用いて行います、いわゆるエンドユーザーコンピューティング

杉並区議会 2019-06-18 令和 元年第2回定例会−06月18日-14号

過去4年間を振り返りますと、区の財務会計行為をめぐってさまざま事件が発生しました。監査委員は一体何をしていたのか問われる事態となっています。  勤務実態のない選管委員に支払われた報酬は違法であるとされ、これに対する返還請求を怠っていた杉並区長の怠る事実も違法であることが、この間確認されました。地裁も高裁も区敗訴であり、最高裁上告不受理により、これが確定しております。