運営者 Bitlet 姉妹サービス
220件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-26 豊島区議会 平成31年防災・震災対策調査特別委員会( 3月26日) (2)平成30年7月豪雨災害支援報告について、平成30年7月12日、今浦危機管理監より説明を受け、質疑を行う。  以上でございます。 ○辻薫委員長  朗読が終わりました。内容的にはよろしいでしょうか。   「はい」 ○辻薫委員長  それでは、本案を委員会の1年間のまとめとさせていただきます。 もっと読む
2019-03-15 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月15日-10号 総社市への豪雨災害支援での教訓の1つに、受援体制の重要性が指摘されました。なかなかの炯眼だと思います。検討をお願いいたします。  被害額が増加している振り込め詐欺対策も、自動通話録音機の設置拡充など、目配りがきいております。安全パトロール隊も日々、空き巣や連れ去り、自転車盗難などの防止に活躍中ですが、振り込め詐欺への注意喚起や自転車の乗り方指導など、幅を広げた活動をお願いできないでしょうか。   もっと読む
2019-02-13 杉並区議会 平成31年第1回定例会-02月13日-02号 国においては、平成28年の熊本地震で全国知事会による対口支援が行われたのを契機として、都道府県や政令指定都市による全国版の対口支援の導入を決め、今回の豪雨災害において初めて活用し、迅速で組織的な支援の実施など、一定の成果を上げました。これは、自治体間の主体的な連携による支援の有用性を国が認識し、ようやく動き出したものであると考えております。   もっと読む
2018-12-07 港区議会 平成30年第4回定例会−12月07日-17号 さらに、本発案に関連して、明石市の犯罪被害者等支援に関する取り組みについて、松山市の消防団の活動支援施策及び豪雨災害時の取り組みについて、一人を除く八人で行政視察を行いました。  以上が本委員会における審査の経過でありますが、本発案につきましては、今後もなお調査検討の必要がありますので、閉会中の継続審査を申し出ることに決定いたしました。  以上にて中間報告を終わります。              もっと読む
2018-12-07 港区議会 平成30年12月7日総務常任委員会−12月07日 さらに、本発案に関連して、明石市の犯罪被害者等支援に関する取り組みについて、松山市の消防団の活動支援施策及び豪雨災害時の取り組みについて、1人を除く8人で行政視察を行いました。  以上が本委員会における審査の経過でありますが、本発案につきましては、今後もなお調査検討の必要がありますので、閉会中の継続審査を申し出ることに決定いたしました。  以上にて中間報告を終わります。      もっと読む
2018-11-28 渋谷区議会 平成30年 11月 定例会(第4回)-11月28日−12号 今年は西日本豪雨災害を初め記録的な豪雨のため全国各地で甚大な被害がありました。また、大阪府北部地震や北海道胆振東部地震においても甚大な被害が発生しました。お亡くなりになった方々に深く哀悼の意を表し、被災された全ての皆様に対し心よりお見舞いを申し上げます。  残念ながら、自然災害の発生を防ぐことはできません。しかし、こうした自然災害に対し皆で力を出し合い、減災に力を尽くすことはできると信じています。 もっと読む
2018-11-19 足立区議会 平成30年11月19日災害・オウム対策調査特別委員会-11月19日-01号 例えば豪雨災害なんかのときの危険性が高いところ、そこは別個にしてやっていくのか、それとも、この地区防災計画の策定の計画の中とかワークショップの中に水害のことは触れているんですけれども、対策には入っていないという話なんですね。   もっと読む
2018-11-16 杉並区議会 平成30年第4回定例会−11月16日-26号 神達岳志常総市長は、ハード面の整備だけで安心できないことは連続する豪雨災害を見ても明らかだ、ソフト面の対策も一層力を込めなければならないと強調しています。平時からハード、ソフト両面の備えを怠らない防災意識社会への転換が求められると考えます。  地域防災力の拡充は喫緊の課題。区では、すぎなみ地域大学で救急協力員講座を開設し、その取り組みを進めています。 もっと読む
2018-10-22 港区議会 平成30年10月22日建設常任委員会-10月22日 集中豪雨では、7月の西日本を中心として起きた豪雨災害で100人以上の方が亡くなっています。それから、9月の台風21号では、強風や高波で関西空港が孤立して、今後もまだスーパー台風などの発生が予想される状況です。ことしは熱中症が命の危険にかかわる猛暑という事態になっているわけです。 もっと読む
2018-10-16 豊島区議会 平成30年決算特別委員会(10月16日) 地球温暖化の影響により、全国各地で本年は猛暑や豪雨災害が発生しております。新聞の報道によりますと、国連気候変動に関する政府間パネル、IPCCは、地球温暖化が現状のまま進めば、早ければ2030年にも世界の平均気温が産業革命前より1.5度上昇し、自然災害や環境面のリスクが深刻になると予測する特別報告書をまとめました。これからますます環境問題への取り組みが重要になってくると思います。   もっと読む
2018-10-15 杉並区議会 平成30年決算特別委員会−10月15日-10号 本年に入ってからも、大阪北部地震、北海道胆振東部地震、西日本豪雨災害、たび重なる大型台風などの災害が相次ぎ、いつ何どき、何があっても不思議ではない状況にあると言えます。あらゆることを想定し、機動的に動ける体制整備と、ハード面、ソフト面ともに災害に強いまちづくりの推進を心から願うものです。  子育て支援策について申し上げます。   もっと読む
2018-10-12 豊島区議会 平成30年決算特別委員会(10月12日) ことしは本当に6月の大阪の北部地震から始まって西日本の豪雨災害、そして物すごい暑さでした。そして9月には台風21号、24号、またアメリカではハリケーンなんて、すごい自然災害が本当に間近で起きているということを鑑みますと、私たちは、これからも想定外のことを想定していかなければならない時代に入ったのではないかなというふうに感じています。 もっと読む
2018-10-10 目黒区議会 平成30年都市環境委員会(10月10日) というのは、西日本の豪雨災害でも、亡くなられた方80名余の半数が、土砂災害警戒区域内にお住まいの方だったということから、やっぱりちょっと都心部においても、位置づけをしっかりさせて、課題にして対応する必要があると思っているので、お聞きしたいと思うんですね。  それと、この間の豪雨のときに、護岸から78センチのところまで水位が上昇したということも含めて、ちょっと心配です。 もっと読む
2018-10-09 杉並区議会 平成30年決算特別委員会−10月09日-06号 先週、西日本豪雨災害に際して、当区では岡山県総社市に派遣を行い、そこで得られたことなどに関して質疑がありました。災害廃棄物処理で清掃職員が派遣されているということですが、自然災害が増加している中で、今後は当区においても災害廃棄物対策も必要になると考えています。  今回の派遣を通して、今後区において災害が発生した場合における災害廃棄物の処理に関して、得られたことはあるでしょうか。 もっと読む
2018-10-05 杉並区議会 平成30年決算特別委員会−10月05日-05号 それから水害では、一番大きかったのが平成17年9月4日の豪雨災害でございまして、交付件数が2,314件となっております。  支援策につきましては、先ほど管理課長が申し上げたとおりでございます。 ◆吉田あい 委員  罹災証明発行までの手続について、簡単に手順を教えてください。 もっと読む
2018-09-28 目黒区議会 平成30年第3回定例会(第4日 9月28日) 相次ぐ震災や豪雨災害から命を守るために措置された防災予算は、どれも緊急で重要なものばかりです。ところが、決算年、耐震化促進にかかわる多額な予算を年度末に減額補正するとともに、多くの不用額を出したことは問題です。  緊急財政対策で、無料化をやめた耐震診断助成は、耐震診断も耐震改修も予算を残す状況であり、無料に戻すべきです。 もっと読む
2018-09-27 豊島区議会 平成30年第3回定例会(第12号 9月27日) 防災・震災調査対策特別委員会で新潟視察に行ったときもそうでしたが、冬には日本海側を中心に何度も大雪が降り、夏には台風と相まって、各地で豪雨災害に見舞われました。また、質問の中でも取り上げさせていただきますが、埼玉県の熊谷市では日本歴代最高となる41.1度を観測するなど、多くの方が熱中症により搬送され、亡くなられました。 もっと読む
2018-09-26 豊島区議会 平成30年第3回定例会(第11号 9月26日) しかしながら、平成30年7月西日本豪雨災害では、避難所の新たな課題も浮き彫りにされました。それは、避難した避難所にエアコンがないため、高齢者を中心に熱中症や高温多湿の状況下で体内の塩分や水分のバランスが崩れる状態のことであり、これらを防ぐにはエアコンで室温、湿度を調整し、小まめな水分補給を行うことが大事です。 もっと読む
2018-09-21 北区議会 平成30年  決算特別委員会-09月21日−02号 やはり一時的に命を守る、そういった一時的な避難所としては有効かと思いますので、なかなか難しい、ハードルが高いことかと思うんですけれども、荒川が氾濫するということは、それだけの豪雨災害がある中での避難になるかと思いますので、大変なことは承知をしているんですけれども、ぜひとも、可能な限りご努力をしていただきたいと思います。   もっと読む
2018-09-20 北区議会 平成30年  決算特別委員会-09月20日−01号 近年頻発する自然災害のうち、豪雨災害をとってみても、いつ東京、北区で起こってもおかしくない状況です。   もっと読む