4145件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田区議会 2020-03-05 令和 2年 3月  健康福祉委員会−03月05日-01号

中には認知を抱えたり、発達障がいがある方もいます。  私たち一人ひとりの育ってきた環境経済状況、働き方などはそれぞれ違っています。多様性を認め合う社会が求められています。路上生活の方を排除するのではなく、様々な事情や背景を持つ路上生活者の人たちに寄り添い、それぞれに必要な支援を行っていくことこそが誰もが安心して暮らせる大田区になります。  

目黒区議会 2020-02-28 令和 2年企画総務委員会( 2月28日)

6、認知高齢者グループホーム整備費助成事業費は、介護サービス基盤整備事業の実績見込みによる、減額でございます。  57ページにまいりまして、8、地域医療介護総合確保事業費は、介護サービス基盤整備事業等の実績見込みによる、減額でございます。  4節、説明欄2、障害者施策推進区市町村包括補助事業費は、重症心身障害児(者)通所事業運営費補助等の実績見込みによる、減額でございます。

大田区議会 2020-02-27 令和 2年 2月  健康福祉委員会−02月27日-01号

◆大竹 委員 福祉費の高齢福祉費で地域密着型サービス施設への施設整備費補助なのですが、予算書を見ると、認知高齢者グループホームが3か所、定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所が1か所、看護・介護小規模多機能型居宅介護事業所が2か所となっているのですよ。  そのうち、どれがだめだったかというのをちょっと聞きたいのですけど。

葛飾区議会 2020-02-21 令和 2年総務委員会( 2月21日)

認知対策の強化では、認知サポーターの養成人数、認知カフェの延べ利用者というのを指標としておりますが、共に目標を上回っている状況でございます。  続いて、8ページへお進みください。  38、こちらは児童発達支援センターの延べ利用児童数というのを目標としておりますが、目標値を大幅に上回っており、社会的な需要が伸びているという状況でございます。  続いて、9ページを御覧ください。  

豊島区議会 2020-02-21 令和 2年区民厚生委員会( 2月21日)

もう一つは、あとやっぱりフレイル対策だとか、あと認知とかというのを考えた場合に、やっぱりこう身近な区民ひろばのところでやっていくというのが一番、これ理想的な形だと思いますので、人もない中だとは思うんですけども、その辺もしっかりこれから視野に入れて、職員の皆さん方にも意識していただいて、どんどん取り組んでいただきたいという、そういう御要望を申し上げまして、これについては賛成とさせていただきます。

目黒区議会 2020-02-18 令和 2年議会運営委員会( 2月18日)

2017年の国際アルツハイマー病会議では、認知の最大の要因として、難聴がリスク因子であると発表しました。さらに、厚生労働省の新オレンジプランでも、難聴は危険因子の一つとされております。  専門家では、補聴器は難聴が進行してからの使用ではなくて、なるべく早く使用することが日常生活の質の向上につながるとしております。

目黒区議会 2020-02-12 令和 2年生活福祉委員会( 2月12日)

(3)の募集結果でございますが、このたびは1事業者ございまして、昨年の5月29日の当委員会のほうでも応募事業者の選定結果につきまして御報告を申し上げたというところでございますが、オーナー整備型の認知高齢者グループホーム、2ユニットが下目黒六丁目に建設中でございまして、7月に開設を予定してございます。  

葛飾区議会 2020-02-06 令和 2年議会運営委員会( 2月 6日)

中ほどより下、大きな2、地域包括ケアシステムの深化・推進の1、認知の早期発見・早期支援の推進では、(1)もの忘れ予防健診といたしまして、次の36ページに続きますが、②事業概要に記載のとおり、令和2年度は新たに73歳と74歳の高齢者を対象に加え、通しで68歳から75歳までを対象としてまいります。  続いて、少し飛びまして41ページへお願いします。  

世田谷区議会 2020-02-04 令和 2年  2月 福祉保健常任委員会-02月04日-01号

認知の本人が自分らしく生きる希望を持つことができ、意思権利が尊重され、安心して暮らし続けることができる地域をつくります。全ての区民等が認知を我が事と捉え、自主的かつ自発的な参加協働により、認知とともによりよく生きていくことができる地域共生社会の実現を図ります。  (4)区の責務でございます。区は基本理念にのっとり、認知施策を総合的かつ計画的に実施いたします。

杉並区議会 2020-02-03 令和 2年 2月 3日議会運営委員会−02月03日-01号

次に、認知高齢者グループホーム建設助成でございますが、認知高齢者グループホーム等の大規模修繕等への補助に要する経費について、記載の金額を計上するものでございます。  次に、保育施設建設助成でございますが、令和2年4月に開設する認可保育所等への建設助成に要する経費について、記載の金額を計上するものでございます。  

板橋区議会 2020-01-21 令和2年1月21日健康福祉委員会−01月21日-01号

吉田豊明   財政事情を勘案しながらというのは、やはり、先ほど私が述べたように、課長の数字も出していただいたように、多くの高齢の区民にとっては、耳が聞こえないというのは生活をしていく上でも、また、今後の生活という点で言うと、認知の問題であるとか、そういう点でも喫緊の問題なんですよ。  だから、確かに問題があることはもちろんある。

世田谷区議会 2019-12-18 令和 元年 12月 福祉保健常任委員会-12月18日-01号

◎杉中 介護保険課長 第八期の高齢者福祉計画・介護保険事業計画につきましては、年明けの二月から、高齢介護部会で策定に向けた議論が始まりますので、先ほど委員がおっしゃった、まさに要支援の方、要介護にならないためのフレイル予防も含めた、地域を巻き込んだ、認知対策も含めてになろうかと思いますけれども、そういったことも含めて、審議会での意見もいただきながら、もう少し踏み込んだ議論をしていきたいというふうに

世田谷区議会 2019-12-17 令和 元年 12月 区民生活常任委員会-12月17日-01号

相談の内容としては四つに分かれますが、一、受信契約や支払い、衛星放送契約に関する問い合わせ、二、テレビがないが、パソコンやスマートフォンがあるため契約を求められたことについての問い合わせ、三、認知や心身障害、また施設入所などによる不在等でテレビを見ないが、受信設備がある家の受信契約や解約についての問い合わせ、四、契約締結を求める訪問員が夜遅く来た、長時間にわたり説得しなかなか帰らなかった、受信設備

江戸川区議会 2019-12-17 令和元年12月 建設委員会-12月17日-10号

そして、認知機能の検査の結果、必要があれば専門医の診察を受けて認知と診断されれば、免許停止、取り消しになります。返納率の全国平均は約5%ですが、東京の返納率は全国1位で8%ということでした。車がなくとも生活しやすいということかもしれないなということは感じたところです。  

江東区議会 2019-12-12 2019-12-12 令和元年高齢者支援・介護保険制度特別委員会 本文

今、本当に区民の暮らしが大変になっているときに、施設使用して団体活動を行う、あるいは文化活動や健康増進、それから認知予防などを行うという点で、こういうものを尊重するのであれば値上げはするべきではありません。区の財政状況上も、基金的には潤沢にあるわけで、財政上からも値上げする状況にはないと私は思います。  

板橋区議会 2019-12-10 令和元年12月10日東武東上線連続立体化調査特別委員会-12月10日-01号

最後に、現状確認の中で、よく踏切事故等で鉄道がとまると、民間のほうの鉄道会社から賠償請求ということで、さまざまなもので、認知の方が入ってしまって多額の賠償請求が出て、裁判でも云々という話もありまして、これもどうなのかなという意見の分かれるところはあると思うんですけれども、事故まで至らなかったけれども、踏切に侵入したことによって鉄道がとまったと。

目黒区議会 2019-12-05 令和元年第4回定例会(第5日12月 5日)

次に、選定結果の数字にはあらわれない、この法人に任せることができるという判断に至った強みとしては、どのようなものがあったか、との質疑があったのに対しまして、選定委員会において、この事業者が運営する施設を視察した際、委員皆がこの事業者の考え方、その施設に通われている認知の方の笑顔、そして接する職員の方たちの温かさのある対応を感じとることができた。

港区議会 2019-12-03 令和元年12月3日区民文教常任委員会-12月03日

認知の方も大変増えているところでありますから、初期のころの認知の方のような判断の難しいケースなども、今後、来庁されてこういった手続をされるようなこともあるのかと思います。  それで、お聞きしたいのは、仮に、登録するときに意思能力がなかったにもかかわらず印鑑登録ができてしまったケースや、後に意思能力がないとなった場合には、そのときのこの印鑑登録の扱いというのはどういうふうになりますでしょうか。