5414件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

目黒区議会 2020-12-09 令和 2年生活福祉委員会(12月 9日)

すみません、当日ちょっと傍聴してるわけではないので、こちらの詳細な広域連合の議会の中での御審議等議事録につきましては、後日公開というところになりますが、こちらについては、まず陳情の概要でございますけども、保険診療というものにおいて、保険医治療上必要があると認めて、コルセットなどの治療用装具、こちらを業者に作らせて患者さんに装着させる場合、既製品対象になる場合もありますが、その場合に患者さんが業者

豊島区議会 2020-12-02 令和 2年区民厚生委員会(12月 2日)

医療費補助金ですね、国から出ておりまして、病院でいうとカードリーダーを3台まで無償提供と、大型チェーン薬局であれば1台、診療所、薬局であれば1台無償ということで補助があります。その他いろいろ、1台導入すれば幾らとか上限はあるんですが、そのような補助もございます。  以上でございます。 ○上野区民部長  若干補足させていただきます。

江戸川区議会 2020-12-02 令和2年12月 生活振興環境委員会-12月02日-09号

先ほど申し上げたその他のサービス業医療介護とかというところも、診療控えというか、そういったものがあって、なかなか医療介護分野でも診療所とか、そういったところも売上げが落ちているということで融資が必要なんだということでございます。  続いて、6ページお願いします。  ビジネスプランコンテストです。

目黒区議会 2020-11-20 令和 2年第4回定例会(第1日11月20日)

オンライン診療の導入やケース会議等は対面でなくとも行えますが、やはり医療介護を必要とする人が日常生活を送るためには、支援を続けていくには、人対人のやり取りが不可欠です。現場は常に稼働している状況でした。医療従事者、そして介護現場のスタッフは感染と常に隣り合わせで現場を支えてきたのです。  そして、この状況が長引くことで様々な業種がダメージを受けていきます。

江戸川区議会 2020-11-17 令和2年11月 熟年者支援特別委員会-11月17日-06号

今、区内で48件の診療所、病院とか診察ができる医院ですね、これを紹介しています。ですので、住所を言っていただければ、最寄りのお医者さんで、発熱だということで受け付けていただけるところを紹介してもらえるということです。  我々の受付センターのほうでも、唾液PCR検査ができる、そして紹介していいよという医院が94になりましたので、こちらを紹介できるような体制で整備をしてまいりたいと思います。

世田谷区議会 2020-11-11 令和 2年 11月 福祉保健常任委員会-11月11日-01号

その矢印を下に進めて御覧いただきまして、「かかりつけ医地域の身近な医療機関」のうち、発熱患者診療検査する医療機関、こちらが太字の四角の「診療検査医療機関」と記載してございますが、こちらが指定を受けまして、必要なとき、自院でインフルエンザ迅速検査を行ったり、また、新型コロナウイルス感染症検査を行います。  

江東区議会 2020-10-23 2020-10-23 令和2年第3回定例会(第11号) 本文

一つ、土曜・休日医科診療調剤事業受診者数が3年連続で減少している要因は。 との質疑があり、理事者から、  インフルエンザの流行による増減のほか、土曜、日曜に診療を行う医療機関の増も要因一つと考えられる。 旨の答弁がありました。  一つがん対策推進計画第2次について、初年度の検診受診率向上に向けた取組結果は。

大田区議会 2020-10-15 令和 2年10月  健康福祉委員会−10月15日-01号

◎高橋 感染症対策課長 今、PCR検査を受ける方法としては、症状がある方が医療機関に行かれて検査をする場合で、例えば診療所に行かれた場合は、その場所で検査ができる診療所であれば唾液検査をしますし、その診療所が検査ができないということであれば、医師会PCRセンター、もしくは区内の大きい病院コロナ外来を実施しているところを紹介されて検査を受けます。

目黒区議会 2020-10-14 令和 2年文教・子ども委員会(10月14日)

そうした場合には、例えば子ども同士、バーンとぶつかって歯を折っちゃったとか、そうすると保険診療が利かなかったりとか、そういうこともありますので、保険加入については、できる限り促していきたいというのは思っておりますが、補助については、特段今現在考えているところでございません。  以上でございます。

板橋区議会 2020-10-13 令和2年第3回定例会-10月13日-03号

さらに、法人が作成した中期計画を都議会にもかけ、不採算医療についてはこれまで通り東京都の運営費負担金で都が負担するので大丈夫というが、その「中期計画」の策定時に法人が業務や診療を継続するかどうかを検討するわけで、その時点で削られていっていることは、全国の独法化となった医療機関をみれば明らかでもある。  よって本陳情を採択すべきである。   

江戸川区議会 2020-10-13 令和2年10月 総務委員会-10月13日-08号

たちの党は、決特でも言ったかもしれないですけど、オンライン授業とかオンライン診療など一定の条件の下で、そのデジタル化とか、あるいはICT化ですね、この暮らしに役立つデジタル化ということについては、当然賛成だという態度です。  しかし、あらゆる個人情報が全部圧縮されて詰め込まれるマイナンバーカードの強制ということには反対しているわけです。  

豊島区議会 2020-10-12 令和 2年決算特別委員会(10月12日)

そのドクターも、診療時間の終わった2時半頃に駆けつけて来てくださって、いろんなお話を、相談みたいのしてくださって、そのお金は無料なんですけど、こういうところにお金を、これだけの人材を来ていただくのに、二、三千円とかというお金で、全部持ち出しみたいなのでやってるとすると、やはりちょっと違うんじゃないのかなと。  

江戸川区議会 2020-10-12 令和2年決算特別委員会(第8日)-10月12日-08号

医療介護、各分野の連携を密にし、早期発見早期診療に努めるとともに、認知症の理解と予防に努めるなど、認知症高齢者の方々が、いつまでもともに地域で暮らしていけるよう様々な対策支援を行うよう要望します。  以上、具体的に申し上げた要望事項については、特段の配慮をお願い申し上げます。  

大田区議会 2020-10-08 令和 2年 第3回 定例会−10月08日-04号

ほかにも、国の国保の診療報酬単価算定ミスなど、無謬と言われてきた行政の信頼が壊れ始め、無秩序が始まっているように感じます。法治国家において秩序を守るのは法令で、規制緩和法令を廃止してきたのですから当然だと思います。自己責任、弱肉強食は、私たちの人権を守ってきた法の支配が規制緩和で失われたことによるのだと思います。

世田谷区議会 2020-10-06 令和 2年  9月 決算特別委員会−10月06日-05号

医師会の皆さんに夜間診療だとか休日診療とかで、区の要請なのか話合いなのか分かりませんけれども、そういったことで医療機関を開けていただいているとか、様々御協力いただいているのはよく分かります。  ただ、その前段のお話安全性だとか、万が一失敗したときどうするんだみたいな話もありましたけれども、これは通常医師であれば、このインフルエンザ予防接種も含めて、例年予防接種は、注射は打っているわけですよ。

江戸川区議会 2020-10-02 令和2年決算特別委員会(第4日)-10月02日-04号

まず、個別健診という言葉でございますけれども、区内診療所、かかりつけ医で健診をする場合に、個別健診というふうにいっております。こちらの区民基本健康診査でございますけれども、対象は職場や学校で受診機会のない方を対象にしている区の独自施策でございまして、令和元年度は6,936人の方が受けていただきました。