2536件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

杉並区議会 2020-04-20 令和 2年 4月20日総務財政委員会−04月20日-01号

そういう中で、開業医を中心としている医師会のほうから、これでは地域医療が崩壊してしまう、こういうせっぱ詰まった訴えがありまして、外来を集約してほしいという要望があったわけです。それに対してできるだけ迅速に応えていきたいという形で、病院の皆さんとも協議をしながら、基幹病院4つに発熱外来センターを集約化しようと。  

葛飾区議会 2020-03-18 令和 2年地域活性化・区民サービス向上対策特別委員会( 3月18日)

○(収納対策課長) 弁護士委託している案件でございますけれども、給料を支給されている方、この給与を差し押さえた場合に、その第三債務者、いわゆる給与を支払う側が支払いを拒否している事案について、強制徴収ができませんので弁護士委託をしまして、必要に応じて訴えを提起しているものでございます。 ○(牛山正委員長) 池田委員。

葛飾区議会 2020-03-17 令和 2年総務委員会( 3月17日)

事件の経過は記載のとおりで、訴えの提起から口頭弁論を8回、弁論準備を7回行い、今回の和解提案に至ったものです。  説明は以上でございます。よろしくご審議の上、しかるべくご決定を賜りますようお願いいたします。 ○(池田ひさよし委員長) 御苦労さまでした。  上程中の案件について質疑に入ります。質疑はありませんか。  会田委員。

杉並区議会 2020-03-13 令和 2年予算特別委員会−03月13日-09号

また、体育館エアコン設置への評価というような御質問があったかと思いますが、それにつきましては、私ども実際についた学校のほうに赴いて、担任の先生等にお聞きをいたしまして、かなり熱中症対策で軽減が図れた、今年はたまたまそういう訴えをする生徒がいなかったというようなことで、おおむね評価としては好評いただいているというところでございます。

杉並区議会 2020-03-12 令和 2年予算特別委員会−03月12日-08号

松本みつひろ 委員  荻窪駅から大田黒公園のルートが分からずに道に迷われた来街者への対応で、地元商店に負担がかかっているという切実な訴えを受けています。晩秋のライトアップの期間に限らず、通年で起きている現象でありまして、一日も早い改善を求めます。  来年度の何月を目途に案内サインを設置するのか、明確な御答弁をお願いいたします。

大田区議会 2020-03-11 令和 2年 3月  予算特別委員会-03月11日-01号

区としましては、区内で活躍されるケアマネジャーから、たび重なる自然災害の発生の折、要介護認定者がどのような不安の訴えがあったのか、様々な場面で捉えていくことは重要と考えております。  国の議論を踏まえ、ケアマネジャーがその専門性を生かし、現在の制度下で何ができるか、どの範囲で関与可能か、国や都に確認をしながら、区としてもしっかりと詰めていきたいと考えております。

世田谷区議会 2020-03-06 令和 2年  3月 予算特別委員会-03月06日-03号

今般のこういったことでも、私たちは今世田谷の地域がこういう状況にあるので、国としても何とか対策をとってほしいと国会議員などにも訴えをさせていただいております。  こうした情報発信をする際は連携をとっていくということ、そして、裏をしっかりとってから情報発信をしていかなければいけないということは鉄則だというふうに思います。  

葛飾区議会 2020-03-06 令和 2年予算審査特別委員会第3分科会( 3月 6日)

とりわけ、今ここへ来て常磐線の中で綾瀬止まりというものが大変増えてしまっていると、そして千代田線は北綾瀬のほうに行く本数が増えてしまって、それがゆえに綾瀬での止まりというものが大変多くなっているのが現状だと思いますし、この常磐線を使っている方はそのような問題にかなり神経をとがらせて我々に対しても強く言ってきておりますので、やはりこういう問題についてもしっかりとJRと協議し、そして訴えをしていただきたいと

大田区議会 2020-03-05 令和 2年 3月  健康福祉委員会−03月05日-01号

あと請願には、医師看護師過労死を引き起こす事態が続いていますと書いてあって、健康不安の訴えだとか、仕事をやめたいだとか、慢性疲労を抱えている看護師が多いということが書いてありますけど、この過労死の実情みたいなものは何か把握されていますか。 ◎上田 健康政策部副参事地域医療担当〕 個別の過労死については把握しておりません。

江東区議会 2020-02-26 2020-02-26 令和2年予算審査特別委員会 本文

我々としましては、その制度本来の趣旨にのっとりまして、区長会のほうを通じまして、その不合理なふるさと納税制度そのものを見直したほうがいいのではないかということの訴えとともに、本区といたしましては、ふるさと納税をいただいた部分をこう活用していますよというような、活用先をPRして、返礼品に頼らない形でのふるさと納税の寄附を獲得していくような取り組みをしていきたいと考えてございます。  

大田区議会 2020-02-26 令和 2年 2月  まちづくり環境委員会-02月26日-01号

その後、令和元年7月には父親が死亡いたしましたが、明け渡し期限の10月末になっても退去せず、その後も被告から応答がなく訪問しても不在が続いたため、令和2年1月20日に建物明け渡しを求める訴えの提起に係る専決処分を行いました。  なお、当該建物は昭和46年建設でございます。  

目黒区議会 2020-02-26 令和 2年企画総務委員会( 2月26日)

さらに、ジェンダー平等を求める多様な運動は、性暴力の被害を訴えるMe Too運動のフラワーデモとか、あとは、このような訴えをどのようにこういうのも含めて取り組んでいくのか。また、女性のハイヒールなどを履かなければいけないという声で、今ツイッターでもハッシュタグでKu Tooというのもありまして、今後、目黒区ではこういうことも含めて、どのように考えているのか聞かせてください。  以上です。

港区議会 2020-02-25 令和2年2月25日総務常任委員会-02月25日

ふだんなかなか行政に届くことのない、いわゆるマイノリティと呼ばれる方々の訴えを酌み取って制度がつくられるということは、大変意義深いことだと思います。請願を受け、行政としてもきちんとニーズ調査をするところから始めて、パブリックコメントをして、何度も議会にご報告いただいたこと、そのプロセスは高く評価いたします。

板橋区議会 2020-02-20 令和2年2月20日健康福祉委員会-02月20日-01号

例えば整形外科のクリニックが、足が痛いであるとか整形外科の訴えを聞きつつ、やはりちょっとした変化を気づかれるということがあります。実際、区民の方から心の悩みといったものもお聞きになる機会があると。  そういった場合には、クリニックからどこにご紹介したらいいのか。

目黒区議会 2020-02-12 令和 2年生活福祉委員会( 2月12日)

次の項番5、その他でございますが、本件訴えの提起は、令和2年1月20日付で区長の専決処分により決定したものであります。  最後に、口頭での説明になりますが、今後の予定でございます。訴えの提起について専決処分を行いましたので、地方自治法第180条第2項の規定に基づき、第1回定例会において専決処分の報告を資料配付という形で行うことといたします。  説明は以上でございます。