24件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

墨田区議会 2021-02-05 02月05日-01号

土木費は、東武伊勢崎線(とうきょうスカイツリー付近立体化事業費北十間川・隅田公園観光回遊整備事業費減等により、15.6%減の約99億3,100万円、これら民生費教育費土木費の3分野で一般会計予算額の約74%を占めています。 次に、予算を重点的に配分した主要な事業について述べさせていただきます。 まずは、新型コロナウイルス感染症に対する取組です。 

墨田区議会 2020-11-27 11月27日-02号

具体的には、東武鉄道との隅田公園北十間観光回遊整備事業における、にぎわい創出、ライオンとの災害時の日用品供給に関する協定歯ブラシリサイクル取組、アサヒビールやYKKとの文化芸術活動連携文花地区まちづくりにおける花王との連携など、数多くあります。今後もこうした取組を継続し、お互いの信頼関係を深めていきたいと考えています。 

墨田区議会 2020-03-30 03月30日-05号

一方で、予算案では、東武線立体化事業や、北十間川・隅田公園観光回遊整備事業大学誘致のための旧中小企業センターの大規模改修などの再開発事業多額予算を計上しています。区は、財政白書において、今後5年間で120億円不足するため、一層の行財政改革が必要だとしていますが、このような再開発事業こそ民間に担わせるなど、再検討をすべきです。

墨田区議会 2020-02-20 02月20日-04号

次に、北十間川・隅田公園観光回遊整備事業についてです。 初めに、地域貢献スペース具体的内容についてです。 当該施設については、本年6月にオープンを予定しており、当面3年間、産業支援施設として運用していきます。この施設の1階には商品の展示・販売コーナー、2階には地域交流スペースを設け、ものづくり体験やワークショップなどを実施します。

墨田区議会 2020-02-17 02月17日-02号

年度予算には、北十間川・隅田公園観光回遊整備事業スカイツリー周辺整備事業曳舟駅周辺整備事業東武線立体化事業、これに大学誘致のための旧中小企業センターの大規模改修費を加えると約70億円にもなります。 区は、行財政改革だと言って、本来区がやるべき福祉施策などの民営化を強行していますが、再開発事業こそ財政負担も含めて民間に行わせるべきです。

墨田区議会 2019-11-27 11月27日-01号

現在、北十間川・隅田公園観光回遊整備事業が行われていますが、これが完了すると、浅草と東京スカイツリーを結ぶ観光客の導線が変わることが想定され、水辺にぎわいが期待されるところですが、一方で吾妻橋業平橋周辺商店街個店からは、人通りの減少を危惧する声が出ております。当然のことと思います。商店街や個々の店舗の一層の奮起を期待するところですが、限度もあります。

墨田区議会 2019-09-12 09月12日-03号

例えば、北十間川・隅田公園観光回遊整備事業が終われば、リニューアルした隅田公園THE GREENMARKET SUMIDAを開催することも可能かと思いますし、完成すれば、両国リバーセンター活用も考えられます。うるおい広場のみならず、幅広い水辺賑わいづくりをすることも必要かと思いますが、区長の考えをお聞きします。 

墨田区議会 2019-03-19 03月19日-05号

また、東武鉄道利益拡大に貢献する側面もある高架下周辺開発観光回遊整備などに多額予算を計上しています。相変わらず、ふるさと納税による収入を北斎美術館特定財源であるかのように扱っていることも問題です。 さらに、区はこの間、中小企業センター廃止地域集会所の統廃合など、多くの区民施設廃止・統合するとともに、受益者負担適正化の名で、施設使用料などを値上げしてきました。 

墨田区議会 2019-02-14 02月14日-04号

今回、北十間川・隅田公園観光回遊整備事業の中で、(仮称)小梅橋船着場整備されることを受け、両国リバーセンタープロジェクトに係る船着き場もうまく活用し、観光振興の充実や二次交通としての利便性を図るという観点から、船舶の定期便の推進を検討いただけないでしょうか。 加えて、防災の観点からは、定期航路事業者との災害時の協力協定も要望いたします。

墨田区議会 2019-02-04 02月04日-01号

さらに、北十間川・隅田公園観光回遊整備事業や、総合運動場整備新保健施設等複合施設整備東武伊勢崎線(とうきょうスカイツリー付近立体化事業にも着手し、今後、すみだのまちは大きく変貌を遂げていきます。 また、情報発信の強化にも取り組み、公式ホームページのリニューアルやフェイスブック・インスタグラム等を開設しました。 

墨田区議会 2018-12-11 12月11日-04号

な運用に関する陳情                    |第24 押上駅の改善に関する陳情                      |第25 株式会社島田商店による墨田区東墨田二丁目16番における工場建設の認可|    申請に関する陳情                          |第26 東墨田地区東墨田一丁目から三丁目)の用途地域の見直しに関する陳情 |第27 「北十間川・隅田公園観光回遊整備事業

墨田区議会 2018-11-28 11月28日-02号

特に、北十間川・隅田公園観光回遊整備事業や、東武伊勢崎線連続立体化交差事業に伴うまちづくりにおいては、区民協力と同様、区内事業者協力が不可欠です。 現在、区では、この観光回遊整備事業において、エリアマネジメント考え方を導入し、地域の住民や事業者等が主体となった仕組みづくりに努めています。中でも東武鉄道には、観光回遊整備において、高架下整備事業者としての重要な役割があります。

墨田区議会 2018-09-07 09月07日-01号

基本計画事業である北十間川・隅田公園観光回遊整備事業については、これまで委員会においてさまざまな議論が展開されてまいりました。本年第1回定例会では、具体的な整備の報告があり、また、河川や公園などについてのイメージパースなどは随時示されていますが、整備完了が2年後に迫っているものの、高架下を含め周辺の具体的な利活用イメージがまだ示されておりません。現在の進捗を伺います。 

  • 1
  • 2