4578件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

目黒区議会 2019-05-29 令和元年文教・子ども委員会( 5月29日)

避難経路としましては、西側に設置する屋外避難階段を用いて接道へ出る経路と、図面の右上の部分に設置する主要出入り口を利用して接道へ出る経路を設け、それぞれの離隔として10メートル以上を確保するものでございます。  1階には事務室、厨房とゼロ歳児室があり、園児の水遊びのためのスペースを屋外に設けることとなっております。  1枚おめくりいただきまして、2階部分でございます。  

港区議会 2019-03-26 平成31年3月26日交通・環境等対策特別委員会-03月26日

計画地の北側及び西側の日影規制の適用を受ける地域では、いずれも日影規制を満足するものと予測され、日照環境等に配慮し、計画建物は充分な離隔距離を確保するなど、周辺への日影の影響を小さくするよう配慮していくとしております。  17ページをごらんください。光については、高層棟の外壁にバルコニーを設けるとともに、外部への室内照明の漏れの軽減を図るなど、反射光などの緩和に努めていくとしております。  

葛飾区議会 2019-03-25 平成31年都市基盤整備特別委員会( 3月25日)

特に、この駅前広場につきましてはこれまで現行の駅前広場を西側に拡張していく案を有力案として検討してまいりましたが、昨年の警視庁協議の結果、駅前広場内を東西に通過する自動車交通の排除を求められたということがございまして、こちらに記載しておりますような金町駅前団地側、つまり北側に拡張していく案を有力案として、現在、警視庁や関係地権者との協議を継続して行っております。

港区議会 2019-03-25 平成31年3月25日建設常任委員会-03月25日

また、駅の西側では、国道15号上空を活用した品川駅西口駅前広場の整備計画の検討が進められております。  続きまして、項番3、京急品川駅の改良です。京急品川駅は平成30年12月21日に都市高速鉄道として都市計画決定されており、連続立体交差事業により駅を地平化する計画としております。

葛飾区議会 2019-03-22 平成31年危機管理対策特別委員会( 3月22日)

具体的に言いますと、例えば東側、葛飾区は東京都の東側ですけれども、東側で西側が何ともなかった場合、市町村のほうで、そちらのほうに応援を頼むとか、そちらのほうに避難をするとかいったことも今検討してございますので、いましばらくお待ちいただきたいと思います。 ○(池田ひさよし委員長) おりかさ委員。

葛飾区議会 2019-03-15 平成31年文教委員会( 3月15日)

1階校舎西側には管理諸室、北側には給食室、学童保育クラブ、わくわくチャレンジ広場室を設け、比較的人通りが少なく落ちついた環境の東側には特別支援学級などを設置しています。  右側の2階の平面図でございますが、小学校・中学校の普通教室、小中学校共用の学校図書館などの学習センター、小中連携室を設けまして、北側には小学校体育館を設置しています。

板橋区議会 2019-03-15 平成31年3月15日予算審査特別委員会−03月15日-01号

現在、西側の校舎に配置をされております機能につきましては、基本的にそのまま維持し、第2期に整備していく機能について、旧板橋第三小学校跡地活用基本構想、こちらに基づきまして、他の地域との配置バランス等を勘案して、検討していくこととしておるところでございます。 ◆小林公彦   とりあえずわかったんですが、ただ、心配してるのは、耐震工事は一度やってまして、耐久年数ですよね。

杉並区議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会−03月14日-09号

しかし、すぎ丸路線の検討時とは違い、車両制限令の厳格化で、妙法寺西側、荒玉水道の一部がひっかかってしまい、断念いたしました。  区は、車両制限令や事業性などの課題により、すぎ丸のような新たな南北交通路線は不可能であるとの認識でよろしいのか、お聞きいたします。 ◎交通施策担当課長 委員御指摘のように、区は、すぎ丸の3路線の運行などにより、区内の交通不便地域はおおむね解消されたと認識してございます。

世田谷区議会 2019-03-14 平成31年  3月 予算特別委員会-03月14日-06号

御質問の区の整備する施設の進捗状況につきましては、これまで緑地小広場といたしまして、上部の一番西側となります代田富士356広場や、東北沢駅西側の北沢さんきゅう広場等を整備いたしました。各施設をつなぐ通路につきましては、世田谷代田駅の西側及び下北沢駅から東北沢駅間の合計延長約三百九十メートルを整備いたしました。

大田区議会 2019-03-14 平成31年 第1回 定例会-03月14日-04号

予算審議の際に、山手線の西側なのでアクセス線とは競合しないとの見解でしたが、区民は納得しません。一地方自治体の大田区が鉄道事業にかかわるべきではありません。また、新空港線と一体的に沿線のまちづくりを行うとする方針は見直すべきです。  次に、羽田空港跡地開発についてです。

杉並区議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会−03月13日-08号

◎みどり公園課長 先ほど言いました予定地の部分ですけれども、北の東側部分については、32年度に整備して開園予定、そして西側に移りまして、そこにつきましては、2021年度開園予定、そして南側のNHKグラウンドの部分につきましては、2022年から2024年度にかけて順次開園予定というふうに聞いています。

葛飾区議会 2019-03-13 平成31年保健福祉委員会( 3月13日)

中之台小学校の道路を挟んだ西側の位置でございます。また2ページにお戻りいただきまして、事業者は株式会社なないろ、施設規模は鉄筋コンクリート造3階建てで延床面積577平方メートル。定員は合計で73名でございます。3ページに移っていただきまして、実施予定事業は記載のとおりです。開設予定は平成32年(2020年)4月でございます。  次に、(5)の(仮称)東水元一丁目保育園の設置です。  

足立区議会 2019-03-12 平成31年 3月12日エリアデザイン調査特別委員会-03月12日-01号

それで、今回、毛長公園の改修も合わせて進めていくということなんですが、改修については、この花畑大橋から西側が改修をするということなんですけれども、地元からは、この花畑大橋の東側の毛長公園についても、よりリニューアルしていただいて親しみを持てるような公園に整備して欲しいという声が出ているんですけれども、その辺についての計画はどうなっているんでしょうか。

豊島区議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会( 3月12日)

例えば、私の関係する地区、西側でいうと、千早地域文化創造館や図書館、こういうものは具体的にどうなっているんでしょうか。 ○三沢財政課長  まだ具体的には、予算の大枠の中には計上されていない状況にございます。ただ一方で、冒頭御質問のあった西部生活福祉課複合施設でありますとかにつきましては、しっかり31年度から所要経費をちゃんと計上しているところでございます。

品川区議会 2019-03-12 平成31年度予算特別委員会(第6日目) 本文 2019-03-12

151 ◯東野まちづくり立体化担当課長  北品川駅前におけます駅の西側。国道沿いの違法駐輪につきましては、駅一帯の混雑の一つの要因だと捉えてございます。地域のほうからも高架下の活用、それから駅前広場の利用に当たりましては、駐輪場をつくってほしいという要望を今現在もいただいているところでございます。

板橋区議会 2019-03-08 平成31年3月8日予算審査特別委員会 都市建設分科会−03月08日-01号

もう一つ、4番ですが、西側道路拡幅整備と書いてございますが、こちらは、本園と万葉・薬用園、農業園の間に道路がございます。こちらを拡幅する予定でございます。  そのような費用が来年度計上されてございます。 ◆中村とらあき   この中で、38ページと43ページに、初度調弁という内容がございますけれども、これは、重なっている部分というのはあるんでしょうか。それとも、別々の内容になっているんでしょうか。

大田区議会 2019-03-08 平成31年 3月  予算特別委員会-03月08日-01号

このほか緑地の西側には、トイレを1基設置してございます。  また、植栽として、美しい多摩川フォーラムより桜のご寄贈がございましたので、西側入り口の、ゆとりのあるスペースに植樹し、散策路上の植栽マスには、年間を通じて緑が楽しめるようアベリア、オオムラサキツツジなどを植えております。  緑地のご利用につきましては、日常の散策やランニング、展望テラスからは大きく開けた景観が眺望できます。

豊島区議会 2019-03-08 平成31年予算特別委員会( 3月 8日)

○加藤指導課長  現在、豊島区の特別支援、中学校の特別支援教室につきましては、西側に千川中学校が、東側に西巣鴨中学校を設置をしております。次年度から今までの通級指導の形から、小学校に合わせまして、巡回指導という形で中学校8校に特別支援の巡回指導をスタートするところでございます。 ○吉村辰明委員  見るからに先生方の、指導者の御努力というのが感じられるわけでございます。

葛飾区議会 2019-03-07 平成31年予算審査特別委員会第3分科会( 3月 7日)

私の代になって、改めて駅前広場の西側拡張案につきまして、交通管理者である警視庁と協議をしております。これは過去にもそうした指摘はいただいているのですけれど、改めて西側拡張案については、現行の駅前広場と同等なのですけれども、地区内を東から西、あるいは西から東に通過していく交通、通過交通、こちらが相変わらず発生している。