298件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

杉並区議会 2019-06-03 令和 元年第2回定例会−06月03日-12号

管理不全な空き家等への対応として、特定空家に指定された件数、実際に除却した件数、そのうち行政執行した空き家はあるのか。また、指定はされていないが、特定空家の候補の空き家は現在どのくらいあるのか把握できているのでしょうか、伺います。  特定空家やそれに準じる不良空き家とされた空き家等の除却費用の一部を助成する老朽危険空家除却費用助成制度の活用実績についてお聞きします。  

世田谷区議会 2019-05-29 令和 元年  5月 都市整備常任委員会-05月29日-01号

著しく管理不全な空き家等については、行政執行という最終的な手段も視野に入れながら、解決に向けた取り組みを推進してまいります。また、平成三十年十月に策定した世田谷区空家等対策計画に基づき、各施策を着実に進めてまいります。  続いて、四四ページでございます。建築安全関連事務でございます。

大田区議会 2019-05-23 令和 1年 5月  令和元年第33号議案に関する連合審査会−05月23日-01号

ある程度の期間、その樹木の所有者に働きかけを行い、それでも改善の様子が示されない場合、例えば空家対策のため区が行う行政執行のように、行政が独自でその木を伐採し、その費用をその所有者に請求できるような仕組みをつくるべきであると私は考えます。  区の見解をお示しください。

杉並区議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会−03月13日-08号

藤本なおや 委員  次に、命令を受けた特定空家等に改善が見られなかった場合は、行政が所有者にかわり対処し、その費用を所有者に請求する行政執行によって建物の解体などが行われますが、まず行政執行と略式代執行の違いについて、改めて整理をいたします。 ◎住宅課長 行政執行については、まず、特定空家としての適切な措置を行うように指導や勧告、命令を行ってまいります。

杉並区議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会−03月12日-07号

そして、今ちらっと出ましたけれども、もしも行政執行となった場合、どのような手順を踏むのか。また、その場合は名前の公表などはあるんでしょうか。そして、当区において代執行まで至ったケースというのは過去にあるんでしょうか。 ◎環境課長 立入調査は条例の第17条に定めておりますので、立入調査を行う権限がございます。  

板橋区議会 2019-03-08 平成31年3月8日予算審査特別委員会 都市建設分科会−03月08日-01号

◆おなだか勝   当初、恐らくそこで、このAランクにしてもBランクにしても、どういうふうにしましょうかというような話がずっとあったと思うんですが、ある程度一定的に落ちついている中で、年3回開いて、そんなに話すことあるのかなと思ってしまうんですが、今回またBランクのほうは再調査かければ、当然そこはどうなのかという話で出てくるとは思うんですけれども、要は行政執行を1回やっていらっしゃいますけれども、そこの

板橋区議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会−03月06日-03号

続いて平成28年12月には板橋区老朽建築物対策条例を制定し、平成29年1月から3月にかけ、区は、所有者が死亡し、相続人全員が放棄した多量のごみが残置された空き家に対し、全国初となる相続財産管理人制度を活用した行政執行を実施し、そのときのごみの量は100トン以上になり、建物が傾斜して危険な状況であったと聞いております。  特に代執行に要する費用回収と危険性の解消も課題になってきます。  

板橋区議会 2019-02-19 平成31年2月19日都市建設委員会−02月19日-01号

この議案につきましては、板橋区長が区内に所在する土地の上に建築物等がございまして、その建築物等につきまして実施いたしました行政執行に関しまして、板橋区が債務者に対して有する権利を放棄するものでございます。  まず、項番1の放棄する権利の内容でございます。  (1)緊急安全対策工事費用支払請求権、括弧になりますが、配当金を除いた残額を放棄させていただくということになります。  

板橋区議会 2019-02-14 平成31年第1回定例会−02月14日-01号

議案第26号「権利の放棄について」は、行政執行等に関して、区が債務者に対して有する権利を放棄するものでございます。  議案第27号「東京都板橋区立いこいの家条例の一部を改正する条例」は、いこいの家が行う事業に係る規定を削除し、施設の一部転用に伴う使用料の規定を改めるほか、所要の規定整備をするものでございます。  

板橋区議会 2019-02-06 平成31年2月6日議会運営委員会−02月06日-01号

平成29年1月から3月にかけまして、成増四丁目17番の老朽建築物行政執行により除却し、その残置物を撤去いたしました。その後、相続財産管理人によりまして、財産の整理、換価が行われました。その結果、区は一定の配当を受けることとなりましたが、区が保有する債権を全額回収することが困難となったため、支払請求権等の権利を放棄するものでございます。  

世田谷区議会 2018-10-11 平成30年  9月 決算特別委員会-10月11日-06号

これまでも求めてまいりましたが、杉並区のように一歩踏み込んだ支障物件の設置を禁止し、違反者には除却の勧告、命令を行い、命令に従わない場合は行政執行まで実施できるような条例を制定し、取り組みを強化するべきというふうに求めてきましたが、まず区の見解を伺いたいと思います。

新宿区議会 2018-09-26 平成30年  9月 決算特別委員会-09月26日−04号

第2目弁償金におきまして、第2節違反建築物除却行政執行弁償金は実績がございませんでした。  142ページにまいりまして、第3節の生活保護費弁償金は対前年度比28.2%の増、4節行旅死病人取扱弁償金は、対前年度比、大幅な増ですが、いずれも実績によるものでございます。  第6目の雑入におきまして、第1節小切手未払資金組入れは実績がございませんでした。  

江戸川区議会 2018-09-25 平成30年 第3回 定例会-09月25日-02号

私は、こうした状況を受けてこそ既存の違法建築物を洗い出す作業と共に悪質な場合には除却命令行政執行等も視野に入れた対応が必要だと考えます。違法建築物に対し、指導を含めた今後の対応について区の考え方をお示しください。  次に、区内におけるWi‐Fi環境の整備についてお尋ねします。  二〇一七年の訪日外国人数は過去最高の二千八百万人と、五年前の八百三十万人と比較しても三倍以上と急激に増加しています。

杉並区議会 2018-09-25 平成30年 9月25日総務財政委員会−09月25日-01号

建物の危険なものについても、行政執行をやったことは私どもは経験がございませんので、ただ、著しく保安危険のあるものについては、やはりだめですよということを知らせていかなきゃならないというふうに思っています。  今、この補助制度を立ち上げましたので、それを十分に執行しながら、今後の対応というのは引き続き検討していく必要があるというふうに思っています。

世田谷区議会 2018-09-20 平成30年  9月 定例会-09月20日-03号

一方で、事業の長期化は避けなければならないため、行政執行の可能性も排除せず準備を進めているところですが、本件につきましては、合意に基づく解決が何よりも望ましいことから、区を挙げて引き続き粘り強く働きかけてまいります。  以上です。 ◎辻 世田谷保健所長 私からは、医療救護所の拡充についてお答えいたします。  

練馬区議会 2018-06-13 平成30年 第2回定例会-06月13日−03号

行政執行が行えるようになり、区民の不安解消につながったことを評価いたします。しかし、特定空家だけでなく、その他の空き家への対応や発生予防、実態把握などの取り組みを怠れば、特定空家は増え続けてしまいます。  そこで、以下数点お伺いいたします。  1点目に、所有者不明の空き家の除却についてです。