226件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

江東区議会 2019-06-21 2019-06-21 令和元年清掃港湾・臨海部対策特別委員会 本文

図の下側、改質固化処理プラントは、西棟、東棟の2棟を建設し、左上の船舶積み出し施設は現状のまま利用する計画となってございます。  6ページをごらんください。  都知事宛てに提出した江東区長の意見でございます。主なものを報告いたします。  全般事項としては、工事用車両の交通安全対策環境に影響を及ぼす事態が生じた場合は速やかに公表し、対策を講じることなどを求めてございます。  

大田区議会 2019-06-14 令和 1年 第2回 定例会−06月14日-02号

また、台風などによりあらかじめ多摩川が増水し操作水位まで上昇が見込まれるときは、水門に人員を配置し、現地で水位や船舶の運航状況、今後の気象状況を確認しながら水門閉鎖を行います。区民の皆様の安全・安心のため、地域へのさらなる周知について、水門管理者である国土交通省に対して申し入れをしてまいります。私からは以上でございます。

江東区議会 2019-06-12 2019-06-12 令和元年第2回定例会(第6号) 本文

本区でも、災害時における輸送手段として河川を活用した計画もあり、国では、与党連の議員連盟ができ、大規模災害時の医療体制の確保をしていくために、現在、船舶を用いた災害医療に注目が集まっています。  中でも注目をされているのが、本区の昭和大学江東豊洲病院であります。病院の裏手には未利用の岸壁があり、海上から緊急時の患者を搬送可能にできる、全国の中でほかには例のない最高の条件を豊洲病院は持っております。

大田区議会 2019-03-14 平成31年 第1回 定例会-03月14日-04号

区からは、参加者アンケートにおいて90%以上の方から「満足」や「また乗りたい」との回答が得られた一方で、急な天候の変化等に対応可能な船室を有する船舶が望ましい、また、船着場そのものの認知度が低いなどの検証結果が報告された。  委員からは、船着場の場所が分かりづらいという検証結果もあるため、公園内に案内板等の設置を検討するべきとの意見があった。

江東区議会 2019-02-28 2019-02-28 平成31年予算審査特別委員会 本文

これらの適正化の対応でございますが、都と区の役割分担で、特例条例に基づき区は各船舶への警告指導、占用許可及び日常の表面管理の業務でございます。都は河川管理者としての監督処分、代執行の業務となっております。  適正化するに当たっての考え方は、規制強化と受け皿確保の二本立てとしており、現在、放置船舶を収容するための暫定係留施設東京都耐震護岸工事にあわせて整備しているところでございます。

世田谷区議会 2019-02-22 平成31年  3月 定例会-02月22日-03号

コンテナ倉庫とは、船舶または鉄道等で貨物輸送等に使用されているコンテナをそのまま、または改良して倉庫として設置し、継続して使用するものを言い、その形態、使用の実態から建築基準法の適用を受ける建築物に該当します。したがいまして、コンテナ倉庫を設置する場合は建築確認が必要となり、構造関係規定や用途規制を遵守する必要がございます。  

大田区議会 2018-12-05 平成30年12月  交通臨海部活性化特別委員会-12月05日-01号

船舶の仕様。天候などの急な変化に対応可能な船室を有する船舶が望ましい結果となりました。  ③船着場周辺の活性化。船着場周辺が賑わうことで、参加者の満足度の向上につながりました。また、公園内で船着場の場所がわかりづらいなど、船着場そのものの認知度が低いことも確認できました。今後の改善に生かしていきたいと考えております。  ④船内サービス

大田区議会 2018-09-28 平成30年 9月  決算特別委員会−09月28日-01号

平成20年度には、船舶の放置を禁止する重点適正化区域に指定し、指導警告が強化されたことにより、不法係留船は解消されております。また、しゅんせつ工事につきまして、平成27年度に実施しているところでございます。  羽田地域の取り組みについては、伊勢湾台風級の高潮に対応できるよう防潮堤が築造されており、耐震対策などの整備も進められているところでございます。

葛飾区議会 2018-09-28 平成30年危機管理対策特別委員会( 9月28日)

本年度の訓練におきましては、江戸川、葛飾区松戸市間で、水陸両用車及び船舶による帰宅困難者輸送訓練、自衛隊による橋梁架設訓練を特に実施して、区民の皆様方に参加をしていただこうというふうに考えてございます。  2の訓練会場図全体につきましては、今回柴又地域で行う予定でございます。  また、3の訓練内容につきましては、別紙2に記載したとおりでございます。  

大田区議会 2018-07-13 平成30年 7月  地域産業委員会−07月13日-01号

この大田区加工技術展示商談会の出展企業プレゼンテーション、非常に意気高くやられていて、この羽田パイプ製造所などは、話を聞いてきたのですけど、小ロット・短納期、難加工はないと言っていましたけど、短納期はどんなことをやるのですかと聞いたら、船舶のところから突然電話が来て、何かが壊れたので3個ほどつくってくれますかと、このパイプを。

葛飾区議会 2018-06-22 平成30年危機管理対策特別委員会( 6月22日)

今回の訓練では江戸川(葛飾区松戸市間)で、船舶による帰宅困難者物資搬送訓練のほか、自衛隊による仮設橋梁を活用した徒渉訓練を初めて実施するものでございます。  2、実施時期。平成30年10月14日日曜日、午前9時から正午まででございます。  3、実施場所でございますが、柴又公園(江戸川河川広場葛飾区柴又六丁目)を予定してございます。  

大田区議会 2018-06-21 平成30年 6月  交通臨海部活性化特別委員会-06月21日-01号

また、舟運の実施にあたっては、航路船舶の仕様、船着場周辺の活性化、船内サービス観光周遊または交通手段、ビジネスモデルの六つの視点を踏まえ、地域特性を生かした国際都市にふさわしい舟運の定期航路化を目指しております。  見ていただく箇所を右側下、3、実施主体に移していただければと思います。まちづくり推進部が、庁内関係部署や関係機関、地元商店街などと連携して行ってまいります。  

江戸川区議会 2018-04-17 平成30年 4月 災害対策・街づくり推進特別委員会-04月17日-10号

続きまして、小名木川・中川の適正化についてですが、現状として不法係留の船舶がありまして、そういったものの放置や桟橋等を設置されているのは周辺の住民の治安や、それから水防などの問題から生活の環境の著しい悪化となっております。  小名木川に関しましては、来年度工事の予定箇所に約35隻係留しています。  

世田谷区議会 2018-03-27 平成30年  3月 定例会-03月27日-05号

そして、その基金を原資に港を整備し、寄港地として発展させることで、長州藩は、物品販売や船舶業者への資金貸し付け等により利益を上げることに成功しました。  家臣の中には、資金をため込むばかりの撫育方に対して不満を持つ者もいましたが、重就の死後も毛利家の藩主たちは、批判に応じることなく、藩の財政は窮乏していても、安易な流用を認めず、未来を憂えた先代の意思を引き継ぎました。