運営者 Bitlet 姉妹サービス
2746件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-14 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月14日-09号 ◎土木管理課長 基盤整備の一環としまして、詳細な地形情報を把握するため、今年度、航空レーザー測量を用いて高精度な地形情報を取得しまして、今、等高線などを整備しているところでございます。今後は、この高精度地形情報を、道路整備などほかの分野にも活用を図っていきたいと考えてございます。  また、昨年12月には、この測量成果をオープンデータとして公開したところでございます。 もっと読む
2019-03-11 港区議会 平成31年3月11日交通・環境等対策特別委員会−03月11日 主な内容は、不動産価値の下落に係る直接的な因果関係の調査を国土交通省に申し入れることについて、区から提出した羽田空港機能強化に係る要請文書の回答状況について、教室型説明会の周知方法及び開催状況並びに計画に対する参加者の理解について、航空機が脚下げをするタイミングについて、麻布米軍ヘリポート基地から離発着するヘリコプターと羽田空港の管制区域の関係について等であります。 もっと読む
2019-03-06 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月06日-04号 ◆北明範 委員  航空法とか、そういうのは大丈夫なんですかね。 ◎防災課長 災害時には使えるということで聞いておりますけれども、平時についてはなかなか、飛ばすということが手続上かなり難しいところもございますので、その辺を準備の段階で、どういうふうな形で訓練とか準備とかをするかといったところを克服していく必要はあるのかなと考えております。 もっと読む
2019-02-22 港区議会 平成31年2月22日交通・環境等対策特別委員会−02月22日 港区内では、航路少なくとも4キロメートル幅に住む周辺住民にとって、生命の危険と生活環境の悪化を招く航空機公害と呼んでも過言でない状況が出現することがわかってきました。季節がいい5月、6月、7月は、実に7割ぐらいの割合で航空機が間断なく飛来する日々に悩まされそうです。騒音被害と落下物の危険を受けながらの生活が始まるのかと想像するとぞっとします。   もっと読む
2019-02-21 杉並区議会 平成31年 2月21日都市環境委員会−02月21日-01号 区においては、今年度航空レーザー測量を実施したんですけれども、そこで把握した高精度地形情報をオープンデータとして12月に公開したところ、ドローンの自動航行システム開発の業者のほうから活用させてほしいということで申し出がありまして、今後実証実験を進めていくことを考えてございます。 もっと読む
2019-02-20 杉並区議会 平成31年 2月20日保健福祉委員会−02月20日-01号 ◆山田耕平 委員  中瀬保育園の運営法人のほうなんですけれども、マスコミ報道で、航空大手の客室乗務員が転職して園長を務めているというケースを取り上げていまして、同法人では、「金融機関や劇団員、パティシエなど多様な経歴を持つ人を採用。いきなり園長に登用することも多い。」 もっと読む
2019-02-12 杉並区議会 平成31年第1回定例会−02月12日-01号 工事の長期化に伴い経費が膨らむとともに、北海道新幹線の建設凍結や航空機輸送の拡大などの情勢の変化もあり、一時は無用の長物などとやゆされ、道路用に転用すべきではないかといった意見さえ出されました。  こうした状況の中でも、当時の関係者は、青函トンネルは、本州との安全な輸送手段の確保のために、また北海道の発展のためにも絶対に必要であるとの信念を貫き、決して諦めることなく掘り進めました。 もっと読む
2019-01-11 豊島区議会 平成31年環境・清掃対策調査特別委員会( 1月11日) ○小野環境政策課長  緑被率は、航空写真をもとに、その緑の部分を計測するわけですが、10万本を達成し、あるいは、ほかにもいろいろ公園整備なども行っておりますが、大きく緑被率を上げるまでには、至っていないところが現状です。 ○ふるぼう知生委員  そうすると、例えば0.1ポイントも上がってないとか、そういう認識でよろしいですか。 もっと読む
2018-12-20 港区議会 平成30年12月20日交通・環境等対策特別委員会-12月20日 事業者であるJR東日本は、国土交通省ともしっかり協議しながら協議を踏まえ、当然、区域内に航空制限がかかっておりますので、その航空制限を遵守した計画としていると聞いております。 ○委員(いのくま正一君) 騒音と振動について質問します。 もっと読む
2018-12-17 足立区議会 平成30年12月17日災害・オウム対策調査特別委員会-12月17日-01号 ◎特命担当課長 前回の委員会で申し上げさせていただきましたとおり、面的ということで、航空機サーベイですとか走行サーベイということで、広いエリアの面でそういったデータが出ておりますので、面的という意味では、そちらのほうでやっていって、その結果、東側が高いということはわかっております。 ◆針谷みきお 委員  つまりやってないんでしょう、地図に落としてないんでしょう。   もっと読む
2018-12-13 豊島区議会 平成30年環境・清掃対策調査特別委員会(12月13日) また、主要地点での航空機の見え方ということで、今までは1,000フィート、2,000フィートと、高度ごとに航空機の大きさを表示してきたわけですけれども、主要地点、豊島区直下の地点はないのですけれども、近隣では新宿区の高層ビル群の画面などを用いた合成CGを使って、実際にどれぐらいの大きさに見えるかというものを用意していると聞いております。 もっと読む
2018-12-07 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第2日目) 本文 2018-12-07 私は、昨年第2回定例会および本年の第1回定例会で、改正航空法により、緊急事態では、自治体からドローンを利用しての調査活動などの要請があった際は、飛行禁止区域においても利用が可能となったことなどや、東京都でもあきる野市、新宿区が既に導入・実用化に取り組んでいることを紹介しながら、品川区における災害時の情報収集を含め、ドローンの活用を提案しました。 もっと読む
2018-12-06 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第1日目) 本文 2018-12-06 ことしの8月9日、第65回よさこい祭り前夜祭で、航空自衛隊アクロバット飛行チーム、ブルーインパルスの展示飛行が高知市で行われ、ひときわ人気を集めていたようです。万全の安全対策が求められます。品川区の自衛官等募集事務費の予算は年間わずか2万5,000円です。増額などにより後押しできないものか、ご所見をお聞かせください。国からの歳入額になっていることは承知しております。お聞かせください。   もっと読む
2018-12-06 港区議会 平成30年12月6日交通・環境等対策特別委員会−12月06日 その後、航空局が3時間運用に変更した内容について、同小委員会を経た記録の公表がありません。実際に4時間計画が3時間計画になった際の最初と変更後の離着陸回数、空港の処理能力ですが、その算定根拠を明らかにしていただきたいとの質問です。 もっと読む
2018-12-04 足立区議会 平成30年 第4回 定例会-12月04日-02号 日本の航空法では、住宅密集地上空は300m以下での飛行や爆発物を搭載しての飛行は認めていません。しかし、日米地位協定により米軍には国内法は適用されないため、東京スカイツリーより低い高度で爆弾を積んだオスプレイが飛行しない保障はありません。   もっと読む
2018-11-30 港区議会 平成30年第4回定例会-11月30日-16号 国土交通省は、航空機騒音と不動産価値については、さまざまな要因により決定するとし、航空機騒音により不動産価値が下がるといった直接的な因果関係は把握されていないとしていますが、区民の不安を払拭するために、区から国に対してきちんと因果関係を調査することを申し入れるべきと考えますが、区の見解をお伺いいたします。  次に、NPOと連携した自殺対策についてです。   もっと読む
2018-11-30 新宿区議会 平成30年 11月 定例会(第4回)-11月30日−13号 国はこれに基づき、本年度中に日本に乗り入れる全ての航空事業者に落下物対策を義務づけるなど、落下物防止対策を一層進めています。  区では、騒音対策や落下物対策等について区民への丁寧な説明を国に強く要望してきた結果、飛行新ルートとなる地区での教室型説明会の開催が決定したところです。  来年の1月末には、柏木・角筈地区で教室型説明会を開催し、落合地区においても年度内の開催に向けて調整を進めています。   もっと読む
2018-11-29 目黒区議会 平成30年都市環境委員会(11月29日) 右上に目黒区と囲みがございますとおり、これは国土交通省航空局のほうで目黒区向けとして作成した内容でございます。  今回につきましては、最初のリード文の2行目の後段、これまで国として4回のフェーズにわたる住民説明会を開催してきたところでございますけど、2段落目、このたびさらなる情報提供という観点で、フェーズ5に当たります5回目の住民説明会の開催、これについての内容、お知らせでございます。   もっと読む
2018-11-29 渋谷区議会 平成30年 11月 定例会(第4回)-11月29日−13号 プレス発表の資料には住民説明会と書いており、これまでフェーズワンからフォーまでの説明会を含め、「双方向の対話(説明会等)」となっており、従来書かれていたオープンハウス型という名称が使われておりませんが、国土交通省航空航空ネットワーク部首都圏空港課に確認したところ、説明会の形は前回までと同様のパネルを並べたオープンハウス型説明会ということです。   もっと読む
2018-11-28 渋谷区議会 平成30年 11月 定例会(第4回)-11月28日−12号 また、国内航空会社においても、障害者差別解消法の施行を受けて、航空旅客運賃の割引の対象を精神障がいのある人にまで拡充し、既に一部航空会社では本年十月からの適用を開始しています。  これらの動向を踏まえ、障がいのある人を理解し、互いに支え合う地域づくりを進めるとともに、精神障がいのある人の社会参加の機会を一層広げていくことが必要と考えますが、今後、支援の拡充等について区長の見解を伺います。   もっと読む