運営者 Bitlet 姉妹サービス
3062件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 港区議会 平成30年12月20日交通・環境等対策特別委員会-12月20日 事業者であるJR東日本は、国土交通省ともしっかり協議しながら協議を踏まえ、当然、区域内に航空制限がかかっておりますので、その航空制限を遵守した計画としていると聞いております。 ○委員(いのくま正一君) 騒音と振動について質問します。 もっと読む
2018-12-17 足立区議会 平成30年12月17日災害・オウム対策調査特別委員会-12月17日-01号 ◎特命担当課長 前回の委員会で申し上げさせていただきましたとおり、面的ということで、航空機サーベイですとか走行サーベイということで、広いエリアの面でそういったデータが出ておりますので、面的という意味では、そちらのほうでやっていって、その結果、東側が高いということはわかっております。 ◆針谷みきお 委員  つまりやってないんでしょう、地図に落としてないんでしょう。   もっと読む
2018-12-07 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第2日目) 本文 2018-12-07 私は、昨年第2回定例会および本年の第1回定例会で、改正航空法により、緊急事態では、自治体からドローンを利用しての調査活動などの要請があった際は、飛行禁止区域においても利用が可能となったことなどや、東京都でもあきる野市、新宿区が既に導入・実用化に取り組んでいることを紹介しながら、品川区における災害時の情報収集を含め、ドローンの活用を提案しました。 もっと読む
2018-12-06 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第1日目) 本文 2018-12-06 ことしの8月9日、第65回よさこい祭り前夜祭で、航空自衛隊アクロバット飛行チーム、ブルーインパルスの展示飛行が高知市で行われ、ひときわ人気を集めていたようです。万全の安全対策が求められます。品川区の自衛官等募集事務費の予算は年間わずか2万5,000円です。増額などにより後押しできないものか、ご所見をお聞かせください。国からの歳入額になっていることは承知しております。お聞かせください。   もっと読む
2018-12-06 港区議会 平成30年12月6日交通・環境等対策特別委員会−12月06日 その後、航空局が3時間運用に変更した内容について、同小委員会を経た記録の公表がありません。実際に4時間計画が3時間計画になった際の最初と変更後の離着陸回数、空港の処理能力ですが、その算定根拠を明らかにしていただきたいとの質問です。 もっと読む
2018-12-04 足立区議会 平成30年 第4回 定例会-12月04日-02号 日本の航空法では、住宅密集地上空は300m以下での飛行や爆発物を搭載しての飛行は認めていません。しかし、日米地位協定により米軍には国内法は適用されないため、東京スカイツリーより低い高度で爆弾を積んだオスプレイが飛行しない保障はありません。   もっと読む
2018-11-30 港区議会 平成30年第4回定例会-11月30日-16号 国土交通省は、航空機騒音と不動産価値については、さまざまな要因により決定するとし、航空機騒音により不動産価値が下がるといった直接的な因果関係は把握されていないとしていますが、区民の不安を払拭するために、区から国に対してきちんと因果関係を調査することを申し入れるべきと考えますが、区の見解をお伺いいたします。  次に、NPOと連携した自殺対策についてです。   もっと読む
2018-11-30 新宿区議会 平成30年 11月 定例会(第4回)-11月30日−13号 国はこれに基づき、本年度中に日本に乗り入れる全ての航空事業者に落下物対策を義務づけるなど、落下物防止対策を一層進めています。  区では、騒音対策や落下物対策等について区民への丁寧な説明を国に強く要望してきた結果、飛行新ルートとなる地区での教室型説明会の開催が決定したところです。  来年の1月末には、柏木・角筈地区で教室型説明会を開催し、落合地区においても年度内の開催に向けて調整を進めています。   もっと読む
2018-11-29 目黒区議会 平成30年都市環境委員会(11月29日) 右上に目黒区と囲みがございますとおり、これは国土交通省航空局のほうで目黒区向けとして作成した内容でございます。  今回につきましては、最初のリード文の2行目の後段、これまで国として4回のフェーズにわたる住民説明会を開催してきたところでございますけど、2段落目、このたびさらなる情報提供という観点で、フェーズ5に当たります5回目の住民説明会の開催、これについての内容、お知らせでございます。   もっと読む
2018-11-19 足立区議会 平成30年11月19日災害・オウム対策調査特別委員会-11月19日-01号 ◎特命担当課長 地図に落とすというお話だったんですけれども、事故の後、航空機によるモニタリングですとか、それから走行サーベイといったもので、かなり面的な調査がされております。その結果をもって、この全体、足立区内の全体の傾向というのは十分判断できるというふうに思っています。   もっと読む
2018-11-16 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第7日目) 本文 2018-11-16 これは昨年9月、関空から飛んだオランダ航空機から大阪市内に落ちた胴体パネルの原寸大レプリカです。実際は鉄製で、重さは4.3kgでした。走行中の自家用車に激突し、窓ガラスを破壊、一歩間違えれば人命にかかわる大惨事になるところでした。  これは飛行ルートから何キロ離れたところに落ちたのか伺います。   もっと読む
2018-11-14 目黒区議会 平成30年企画総務委員会(11月14日) それから、もう一つは、航空写真でやってらっしゃるんですが、逆に情報が多過ぎるというか、非常に見にくいんじゃないかというふうに思うですけど、いかがでしょうか。  1点目の大きさについては、これはA1なんですけれども、この半分のA2でも十分だと思います。 もっと読む
2018-11-12 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第5日目) 本文 2018-11-12 最初に伺いたいのは、この地域で容積率とかをいくら緩和したとしても、航空法で定められている高さの制限があると思うのですが、航空法の最高限度がこの地域は何mになっているのか伺います。   もっと読む
2018-11-09 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第4日目) 本文 2018-11-09 301 ◯安藤委員  160ページ、環境調査測定費、航空機騒音調査に関連して、羽田新ルート計画撤回を求めて質問します。   もっと読む
2018-11-06 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第2日目) 本文 2018-11-06 防災対策のほうでありますけれども、自衛隊の話で、震度5弱以上の震災が発災した場合には、すぐに当該地域に航空機を派遣して、初期の情報収集をして、首相官邸や当該自治体へその情報を伝達して、その後の災害救援活動の適切な対応ができると聞きました。先ほど、本多委員も指摘されたのですけれども、品川区もやっぱりドローンの活用を考えるべきだと思うのであります。 もっと読む
2018-11-05 港区議会 平成30年11月5日保健福祉常任委員会-11月05日 ○障害者福祉課長(横尾恵理子君) 現在、新橋カフェ・ドゥでは、パンやカレーを出張販売しておりまして、例えば、日本航空株式会社の特例子会社やアクサ生命保険株式会社等々に直接行って販売しております。今後、パン工房キャトルを廃止しますので、パンの販売を大きく拡大することはありませんが、カレー等の販売について促進していけるようにプログラムを見直していく必要があると思っております。 もっと読む
2018-09-21 目黒区議会 平成30年決算特別委員会(第6日 9月21日) それと、浸水の想定区域図のデータなんですけれども、これは平成20年の国土交通省の氾濫解析用データを使用しているということで、その前の測量の平成19年ごろの航空機による航空写真ということで東京都に確認しております。 もっと読む
2018-09-18 品川区議会 総務委員会_09/18 本文 2018-09-18 だから、ぜひ奇をてらったとまでは言えないですけれども、普通では思いつかないような広告の打ち方をやはり考えていかなければ、例えば、それが航空法か何かで禁止されていたらあれなのですが、昔デパートとかでやったアドバルーンで上げるというのも、それは1つの考え方で、やはり目を引きますので、品川区なのだという、そういう思いにさせるというのも大切なので、やはり幅広い視点で広告の打ち方はお考えになっていただきたいと もっと読む
2018-09-12 港区議会 平成30年第3回定例会-09月12日-11号 五月二十四日に熊本空港を離陸した日本航空の旅客機がエンジンのふぐあいのため同空港に引き返した事故では、エンジンが損傷し、多くの部品が落下しました。病院の窓ガラス損傷やフロントガラスにひび等の車両損傷など十一件の被害が発生しています。回収された金属片は百三十六個です。港区上空で発生したらどれほどの被害になるか、想像するだけでも恐ろしくなります。 もっと読む
2018-09-11 目黒区議会 平成30年都市環境委員会( 9月11日) ただ、それはそれとしても、やっぱり安全対策というのはしっかりやっていかなければいけませんし、ここにも書かれておりますけども、さまざまやはり全く100%安全ということはなかなか言い切れない部分もありますし、昨今人手不足というのもあって、各航空会社整備員の技量不足といいますか、人手不足というのもあって、小っちゃなミスが重なってきている部分もあるので、そういった部分もやっぱり心配されるので、当然これはもう もっと読む