5387件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

板橋区議会 2019-05-23 令和元年第1回臨時会−05月23日-01号

また、育児に関する協力者や相談できる相手が近くにいないことなどによる子育ての孤立化が進み、子育ての負担感や不安感を持つ保護者の数は多くなっています。このような中、平成30年9月発表の全国児童相談所における児童虐待相談対応件数の速報値は、前年度比で約10%増の13万3,778件と過去最多を記録し、統計を開始してから27年連続で増加を続けており、虐待事件は後を絶たず深刻な問題となっています。  

葛飾区議会 2019-04-10 平成31年保健福祉委員会( 4月10日)

問15、母親の就労状況につきましては、育児休業中も含めたフルタイムでの就労が増加している状況でございます。問16、教育・保育施設利用につきましては、1の「利用している」が前回より若干増加している状況です。  6ページをごらんください。問16‐1、教育・保育施設の利用者のうち、平日の定期的な利用施設等につきましては、3の「認可保育所」と4の「認定こども園」が増加をしております。  

世田谷区議会 2019-03-27 平成31年  3月 定例会-03月27日-05号

ここではまず、児童虐待による痛ましい事件が連日報じられる中、虐待の未然防止に向けた子ども家庭支援センターの取り組みが問われるとともに、両親学級等の機会を捉えた子どもの権利条約の周知啓発や育児不安を抱える家庭に対する支援強化を目的に再構築するさんさんプラスサポート事業の早期実施に期待が寄せられました。

板橋区議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会−03月22日-04号

育児育成協会の調査では76%で保育計画に不備があるとされています。東京都保育士実態調査によれば、認可保育園で就労している保育者の約2割強には退職の意向があります。その理由は、女性保育士の平均月給は、女性小学校教諭の66.6%であるように給料が安いだけでなく、仕事量が多い、労働時間が長いなどとなっています。賃金や労働条件の改善なしに、保育の質を上げることはできません。

世田谷区議会 2019-03-22 平成31年  3月 予算特別委員会-03月22日-08号

だから認可保育所整備をどんどん進めていくのみならず、やはり社会保障制度として育児休暇制度がある。やはりこの活用というのも相まって、待機児をなくしていくんだと。これは本当に大事な点だと思っています。そのことをこれまで質問してきたこともあります。  これは国のほうで、制度として一年半、今、最大二年まで延長する。

江東区議会 2019-03-19 2019-03-19 平成31年第1回定例会(第4号) 本文

一つ、男性職員の育児休業取得率は、国の目標値である13%を超える目標値を掲げるべき。 との質疑があり、理事者から、  今後、江東区特定事業主行動計画の見直しの際に検討する。 旨の答弁がありました。  一つ、生活安全対策事業について、自動通話録音機貸与による効果は。 との質疑があり、理事者から、  自動通話録音機が稼働している世帯では特殊詐欺の被害がなく、貸与の効果は高いと考える。

板橋区議会 2019-03-15 平成31年3月15日予算審査特別委員会−03月15日-01号

区は、ベビーシッター利用支援事業を新規に新年度予算の中に盛り込み、待機児童を抱える保護者や育児休業を1年取得した後に復職する保護者が、お子様が保育所に入所できるまでの間、東京都の認定を受けたベビーシッター事業者を1時間250円で利用できるよう費用を助成するとしております。  都が審査認定したベビーシッター事業者は、1月現在11社とされております。

杉並区議会 2019-03-15 平成31年予算特別委員会−03月15日-10号

モーニング」で、区内在住の、当時生後7カ月の赤ちゃんを持つ女性が、御自分の顔と名前を出して、育児休業給付金の受給条件である保育所入所の不承諾通知が欲しいから、希望園を1園だけ書いて申し込みをしたとおっしゃる姿が放映されました。いわゆる保育園に落ちたい親、落ちてもいい親です。  落選希望の入所申し込みは、保育施設の現場や利用者双方に混乱をもたらすため、全国の自治体でも問題になっています。

杉並区議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会−03月14日-09号

1点は、今年度、心理職の相談員の育児休暇がございまして、そのアルバイトの人件費を計上していたものがございました。また、さざんかステップアップ荻窪教室が今年度、旧若杉小学校に移転いたしますけれども、その施設の改修費等、そういったものを計上していたということでございまして、この2点が減になったものでございます。それ以外の予算につきましては、例年と同規模の数字ということになってございます。

大田区議会 2019-03-14 平成31年 第1回 定例会-03月14日-04号

中でも、ひとり親世帯の半数が貧困で、経済的な困難と同時に家事、育児、仕事の両立に困難を覚えていました。  さて、大田区の今年の予算では、おおた子どもの生活応援プランの推進とし、333万円を計上しています。うち144万円が地域とつくる支援の輪プロジェクトで、子ども食堂など子どもの貧困対策に取り組む地域の団体同士の交流、連携を促進することを目的としています。

板橋区議会 2019-03-14 平成31年3月14日予算審査特別委員会−03月14日-01号

しかしながら、妊娠12週以降で人工中絶を含め死産になった場合には、出産にまつわる費用として出産育児一時金が加入している健康保険から支給されることになっております。 ◆中村とらあき   こうした自己都合中絶といったものに関する議論というのは、まだ始まったばかりでございますが、古い問題でもございます。今後の国の動向などを注視していくべきかと思っております。  

葛飾区議会 2019-03-13 平成31年保健福祉委員会( 3月13日)

また、妊娠・出産・育児に関する情報提供及び継続的な相談支援の充実を図ってまいりたいと思っております。  ご報告は以上でございます。  続いて、産後ケア事業の実施についてご報告させていただきます。一般関係庶務報告№2、健康部・子育て支援部共通をごらんください。  平成31年度に実施を予定しているものでご報告させていていただくものでございます。  1、目的でございます。

世田谷区議会 2019-03-12 平成31年  3月 予算特別委員会-03月12日-05号

◎松本 子ども家庭課長 産後ケアセンターは、産後四カ月までの母子で、親族等から十分なケアを受けられず、育児不安や体調不良等がある方を対象としておりますので、利用者がこの機会に地域の子育て支援につながっていくことは、家庭に戻った後の育児不安や負担の軽減に大変有意義であると認識しております。  

杉並区議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会−03月12日-07号

そのような親を孤立させることなく、寄り添って、育児への不安の解消、暴力ばかりではなく、育児放棄や過保護、不適切な養育などの虐待の防止も目指したゆりかご面接を初め、来年度も行われる一連の施策には、子供たちを守り、健やかに育てるという観点から、大きな期待と感謝の思いを持っています。  

大田区議会 2019-03-11 平成31年 3月  予算特別委員会-03月11日-01号

育児休業や病気休職、臨時的な欠員が発生した場合には、東京都から臨時的任用教員や非常勤講師が配置されます。  区におきましては、独自に学習指導講師、習熟度別少人数指導講師、生活指導支援員、学校特別支援員等、非常勤職員を配置し、児童・生徒一人ひとりに対して、きめ細やかな指導ができるようにしております。  また、区費で常勤の正規教員を採用するためには、多大な経費を要することになります。

世田谷区議会 2019-03-11 平成31年  3月 予算特別委員会−03月11日-04号

社会的、経済的にも男女が平等で、個性と能力が発揮できる社会の実現が望まれる一方で、世界経済フォーラムのジェンダーギャップ指数の二〇一八年の日本の順位は、百四十九カ国中百十位と、G七の中で最下位、また、同じく昨年の男女共同参画白書から、六歳未満の子どもを持つ家庭における家事、育児の時間は、妻が一日七時間に対して、夫はわずか一時間、こうした公表結果からも明らかなように、日本の育児、家事は、依然として女性

葛飾区議会 2019-03-08 平成31年予算審査特別委員会第4分科会( 3月 8日)

○(中央図書館長) まず、コンセプトに「子どもを迎える、子どもを育てる家庭にとって、知りたい情報のある図書館」といたしまして、出産、育児、子供の病気等、関連資料を多く収蔵することを考えてございます。その中で、蔵書構成といたしまして一般書、児童書ともに1万冊程度ということで、あと、妊娠・出産・育児関連につきましては250冊程度の所蔵を考えてございます。

港区議会 2019-03-08 平成31年度予算特別委員会−03月08日

育児情報をインターネットに依存してしまう、せざるを得ない親もいます。そのようなときに温かく迎えてくれ力強く支えとなる、子どもにとっても子育てをする親にとっても安全・安心のための拠点がこの施設であってほしいと思います。本施設については、多くのメディアで取り上げられ連日のようにテレビをにぎわせましたが、なかなか本質の部分を取り上げてもらえない歯がゆさを感じていました。