231件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

杉並区議会 2021-06-10 令和 3年 6月10日総務財政委員会−06月10日-01号

藤本なおや 委員  この経費縮減効果についてなんですが、方針のほうでは40年間で324億、年8.1億、一般施設のほうでは40年間で大体134億、年3.4億ぐらいの効果があるというふうにされておりますが、40年という長きにわたる見通しの中で、物価だったりとか金利上昇等の要因というものをどのように見て試算されたのか、確認します。

杉並区議会 2021-03-03 令和 3年予算特別委員会総務財政分科会-03月03日-01号

営繕課長 区施設改修改良工事などの費用につきましては、委員指摘のとおり縮減を図っておりますが、これにつきましては、令和3年度予算編成に関する基本方針に掲げております歳出削減、その方針を踏まえまして、施設の現状の劣化状況ですとかあるいは安全性、そういったものを精査した上で経費縮減に努めまして、一部の工事について先送りしたものでございます。

台東区議会 2021-02-12 令和 3年第1回定例会-02月12日-01号

そのためには、持続可能な財政基盤を堅持することが不可欠であり、既定事業について、これまでの慣習前例にとらわれることのない経費縮減に努めるとともに、施設の大規模改修等についても、さらなる経費平準化を図っています。加えて、基金起債の積極的な活用により必要な財源確保し、令和3年度予算を編成しました。  それでは、区政運営における4つの柱に基づく主な取組について申し上げます。  

台東区議会 2021-02-05 令和 3年 2月議会運営委員会-02月05日-01号

そのためには、持続可能な財政基盤を堅持することが不可欠であり、既定事業について、これまでの慣習前例にとらわれることのない経費縮減に努めるとともに、施設の大規模改修等についても、さらなる経費平準化を図っています。加えて、基金起債の積極的な活用により、必要な財源確保し、令和3年度予算を編成いたしました。  

板橋区議会 2020-12-01 令和2年12月1日健康福祉委員会-12月01日-01号

今回3つのふれあい館の指定期間3年間として、選定のタイミングをそろえることで、シニア学習プラザを含めた6施設、これは例えば2グループに分けるなど競争性を担保できる手法が可能となること、また指定期間が統一されることによりまして、選定委員会、また中間年実施する評価委員会の回数を1回で済むと経費縮減また効率性向上するということが可能となるということから、今回3年間とさせていただきました。  

荒川区議会 2020-11-01 11月30日-02号

その実現に向けた方策の一つとして、区の資産を活用した新たなホール整備検討してまいりましたが、経費縮減策及び民間事業者によるホール取得について検討を行ってまいりました。その結果、民間事業者による取得は見込めず、一定の経費縮減のめどは立ったものの、依然として相当額歳出を要するという結論に至りました。

世田谷区議会 2020-10-08 令和 2年  9月 決算特別委員会-10月08日-06号

また、以前私は、ミニSLについては老朽化買替えが必要であることから、経費縮減魅力向上観点でクラウドファンディングを活用し、石炭で走る本物のミニSLへリニューアルして、観光資源として世田谷に家族層を呼び込む、こういった提案を行いました。維持のみならず、ミニSLの発展と区民視点での民間活用検討が必要です。

江東区議会 2020-10-08 2020-10-08 令和2年企画総務委員会 本文

また、地域文化施設以下の施設は、適切な会計処理経費縮減への取組評価が低かったことから、項目別評価B評価となったものです。屋内体育施設は、昨年度のスポーツセンターにおける事故を受けてB評価となったものです。  次に、効果的な取組をした主な施設でございますが、指定管理者利用者満足度サービス向上させるため工夫を凝らし展開した事業の1例を示しております。  

大田区議会 2020-09-25 令和 2年 9月  決算特別委員会−09月25日-01号

区としましては、協会における特定天井工事と同時に行う修繕工事経費縮減、超過勤務予算の精査など、経費節減努力に加え、主催事業に係る公的助成金の獲得にも積極的に取り組むように指示しております。  今後も、ポストコロナを見据えた事業見直しの徹底、事業計画事業報告などの機会を捉え、経費削減に努めて、必要な指導監督を続けてまいります。

世田谷区議会 2020-09-24 令和 2年  9月 地方分権・本庁舎整備対策等特別委員会-09月24日-01号

庁舎等整備につきましては、事業全体で約十五億円の経費縮減を図るとともに、財源工夫し、財政計画見通しを見極めた上で取組を進めることといたしました。そして、九月七日には、施工者選定入札公告を行いまして、令和三年七月頃の工事着手に向けて準備を進めております。  

世田谷区議会 2020-09-17 令和 2年  9月 定例会−09月17日-03号

これらの本庁舎等整備必要性や、この間の経費縮減財源工夫につきましては、定期的に発行しております本庁舎等整備ニュースや区のホームページ等区民への周知を図っているところでございます。引き続き区民の皆様に御理解をいただきながら、区民の命を守る災害対策拠点実現に向けて取り組んでまいります。  以上です。

大田区議会 2020-09-10 令和 2年 第3回 定例会−09月10日-01号

大田区議会公明党は、少子高齢化人口減少などを見据え、施設整備機能更新に係る経費縮減観点から、床面積で10%の削減複合化を推進する整備計画には賛同していますが、これまでも指摘してきたとおり、減少するどころか、どんどん増えている印象は否めません。コロナ禍にあって公共施設利用方法にも変化が見られます。加えて、今後の人口動態にも変化が訪れる可能性は大です。  

世田谷区議会 2020-09-03 令和 2年  9月 地方分権・本庁舎整備対策等特別委員会-09月03日-01号

庁舎等整備につきましては、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う区の緊急対策に基づき、令和二年五月以降の施工者選定に関する手続を保留し、今後の厳しい財政状況を見据え、事業全体で約十五億円の経費縮減を図りました。  ここで改めて、本庁舎等整備がなぜ今必要かということにつきまして、特に二点挙げますと、まず第一に、(1)の災害対策拠点として耐震性能の強化でございます。

板橋区議会 2020-06-04 令和2年第2回定例会-06月04日-02号

現在、№1プラン2021の改定方針に基づきまして、令和3年度以降も事業継続が見込まれる計画事業について、経費縮減平準化視点から見直しを進めています。現段階において、縮小や凍結、中止と判断する事業を示すことは難しいところではありますが、既に工事に着工しており、延伸等が不可能な事業につきましては継続して実施をしていく考えであります。  

荒川区議会 2020-06-01 06月24日-01号

さきの二月会議で我が党の志村幹事長から、ホール建設に当たっては、様々な可能性を追求しながら経費縮減を図り、再開発を進めるべきだという指摘がありました。再開発は必要であります。しかしながら、二つの課題が存在しております。一つは、区議会に対し、賛成と反対の陳情が多数提出されている状況にあるという点です。引き続き丁寧な対応が求められます。 

世田谷区議会 2020-03-05 令和 2年  3月 予算特別委員会−03月05日-02号

その判断基準としては、例えば専門性を有する事業者によるサービスの質の向上が期待できるかという点、また柔軟な運営によるサービス時間の拡大など可能か、または国や都の特定財源確保を含めた経費縮減が見込まれるのか、それと、他の自治体での実績を上げている事業なのか、また、その業務分野の市場が成熟していて競争性確保できるか、こうした観点を踏まえて、区職員が執行するよりも成果向上効率的実施が期待できる、そういう