5229件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

千代田区議会 2019-09-17 令和元年企画総務委員会 本文 開催日: 2019-09-17

どこから出てきたかわからないようなお金を急に契約変更だとか出してくるような状態になってしまうと、それは余りよろしくないんだと思いますし、議会のほうで全部やれと言われたって、それは大変な作業になってしまいますよ、各事業のところで、時間何日あっても足りないぐらいですから、このフレームの枠組みで本当に三者がチェックできるような、部長がどんな部長であろうともですよ、事業部の。

目黒区議会 2019-09-10 令和元年都市環境委員会( 9月10日)

さらにめくっていただいて、16ページの第4章については、区の先ほどのエコ・プランⅡの取り組み、昨年度の取り組み結果ということで、15ページに実際の結果、それから17ページには有識者の第三者委員会による評価について記載をしているところでございまして、以下、用語の解説も載せているもの。これを概要版として広く区民の皆様に、特に強く周知していくために作成したものでございます。  

板橋区議会 2019-08-27 令和元年8月27日健康福祉委員会-08月27日-01号

不当利得第三者求償対応の強化。資格喪失後の受診や事故など早期着手を進めていくとともに、またオンライン資格確認の開始に合わせ、準備に万全を尽くして事務の軽減など確実につなげてまいります。  (2)歳入の増加に向けた取組でございます。  国保財政の健全化のためには、特に歳入の中で大きな比率を占める保険収入の増加を図ることが求められます。

杉並区議会 2019-08-01 令和 元年 8月 1日総務財政委員会−08月01日-01号

この部分を特に中心に、今後そういったものを明確にしないと、具体的に商店会へ求める責任の割合、また区の側の責任というものも明確になりませんので、こういったものを明確にする上で検証委員会ということで、産業振興センターとしては十分やれるだけのことはやってございますけれども、そういう点が明確にまだ決まってございませんので、そういった面で今後第三者的な、組織横断的な検証委員会のほうで検証を進めていただきたいと

品川区議会 2019-08-01 議会運営委員会_08/01 本文 2019-08-01

1番目、政務活動費に係る第三者機関設置に関する経費。これはここ数年予算計上されておりますけれども、来年度もぜひ予算計上をお願いいたします。やはり三者機関による取り決めというのが重要だと考えます。  2番目は、課題解決のため必要な勉強会開催および調査研究後に行われる海外調査費です。これまでも数々の成果を上げてきた海外調査。来年度も予算計上をと思っております。

杉並区議会 2019-07-29 令和 元年 7月29日区民生活委員会−07月29日-01号

◎区民生活部管理課長 検証委員会の委員でございますけれども、8名で行いまして、そのもとに、職員に対する調査をする作業部会、それと商店会の関係者や書類を調査する作業部会を設置いたしまして、第三者性を持たせるために、会計課OBや監査事務局OBなどの課長及び職員約24名で構成してございますけれども、今後、人数につきましては、状況に応じて弾力的に確保してまいりたいと考えてございます。

品川区議会 2019-07-29 厚生委員会_07/29 本文 2019-07-29

策定委員会というものは公募の人がいたり、当事者の方がいたり、学識経験者の方がいたりというような形になっていると思うのですけれども、そういう点では、本当に自立支援議会と同じような立場で三者的につくれる、そういうようなメンバーが選ばれていくのだろうと思うのですけれども、そこでやらないで、アンケート策定委員会というのがまた別にあるというようなことなのでしょうか。

葛飾区議会 2019-07-26 令和元年文教委員会( 7月26日)

次に、3、外部機関による第三者評価の実施でございます。  外部評価実施機関につきましては、公益財団法人日本体育施設協会が行っております。評価結果につきましては、両指定管理者とも昨年度に引き続き、ダブルA、管理経営体制及び管理運営体制が安定的かつ良好な状態の評価となっております。  続きまして、4、区の重点指導方針でございます。  

葛飾区議会 2019-07-25 令和元年建設環境委員会( 7月25日)

第三者がやればこういうような評価になりようがないのですよ。だから問題があっても、問題があるけれどもこういう対策をとるから影響は少ないのだと、みんなそれで済まされてしまう。そうすると、この環境影響評価では、一般の我々は問題という点がわかりにくい、そういう状況になるというのが私の結論ですけれども、その辺は区としてはどのようにお考えなのですか。 ○(米山真吾委員長) 環境課長

大田区議会 2019-07-12 令和 1年 7月  健康福祉委員会−07月12日-01号

◆北澤 委員 職員のスキルを上げるのは、もちろん大事だと思うのですけれども、三者の視点が最終チェックに入るとかしないと、例えば、でき上がってから改修すると、またお金がかかるということになっていくので、とにかく設計段階でしっかりとチェックが入るという流れをつくっていただきたいと考えますが、いかがですか。

目黒区議会 2019-07-10 令和元年都市環境委員会( 7月10日)

一番基本とします、私どもが求めているものをちゃんとやっているかどうかを、この基本方針に基づいて継続的な評価をしなさいということを位置づけておりまして、それに当たっては、ちゃんとした第三者機関、いわゆる外部の先生方を入れまして、プラス、都市整備であれば区の職員2名、また環境清掃部であれば外部、内部の学経さん3名と。これは、そういう基準に基づいて、それぞれ各部でやっております。  

目黒区議会 2019-07-10 令和元年文教・子ども委員会( 7月10日)

○藤原保育施設整備課長  既存施設の状況についてでございますが、こちらについては、例えば都道府県の立入調査の結果ですとか、第三者評価を受審しているかどうかですとか、あと客観的に認可保育所として何年以上の実績があるかという部分で評価しておりまして、それに対して、それぞれ事実に当てはめて点数としてあらわしているところなんですけれども、施設の視察につきましては、主に現状どのような保育がなされているかというのを

世田谷区議会 2019-07-04 令和 元年  7月 都市整備常任委員会-07月04日-01号

さらに、このような第三者事故の発生を防止することを目的として、第三者事故の防止に向けた対応策の検討をさらに進めてございまして、部全体で取り組みまして事故の発生を抑止してまいります。  このたびはまことに申しわけございませんでした。報告は以上でございます。 ○河野俊弘 委員長 ただいまの説明に対し御質疑がありましたら、どうぞ。

足立区議会 2019-06-25 令和 元年 6月25日厚生委員会-06月25日-01号

◆石毛かずあき 委員  それと、令和元年からの取組みの中に、障がい福祉サービス第三者評価の受審というふうにございます。この第三者評価というのは、具体的にどういったところになるんでしょうか。 ◎障がい福祉センター所長 三者評価につきましては、福祉事業所につきましては、厚生労働省のほうから都道府県を通じて、この第三者評価を実施するようにということで通知が出ているところでございます。