運営者 Bitlet 姉妹サービス
477件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-06 足立区議会 平成30年12月 6日総務委員会−12月06日-01号 福井に至っては、意見書を出していて、県議会が池田中学校というところで起きた中2男子の、3階から飛び降り自殺をしたという事件をきっかけにして、福井というのは日本一なんですね、学力テスト、いわゆる数字で言うとね。これがずっと1位できた。  この意見書を見ると、本県は、教育現場に学力日本一を維持することが目的化され、教育現場に無言のプレッシャーを与え、教員、生徒相互のストレスの要因になっていると。 もっと読む
2018-11-13 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第6日目) 本文 2018-11-13 50 ◯熊谷指導課長  まず、全国学力・学習状況調査の結果でございますけれども、品川区は平均値において、秋田県、福井等上位グループと同等のところに位置しております。ただ、一人ひとりに着目しますと、習熟が進んでいる層もあれば、反対に基礎的な知識や技能が十分身についていないといった層も確かにございます。   もっと読む
2018-11-06 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第2日目) 本文 2018-11-06 それから、あともう1つは、坂井市のほうで大雪の災害がございまして、そちらについては、国道が塞がれたことによる立ち往生、これは人的な被害はあまりなかったのですけれども、建物の倒壊ですとか、それから経済的には福井全域で観光に80億円といわれるような被害の推計もあったというところです。 もっと読む
2018-06-21 台東区議会 平成30年 6月区民文教委員会-06月21日-01号 例えば、福井などでも、県の教育行政の抜本的見直しを求める決議というのが、自民党さんも含めて圧倒的多数。 もっと読む
2018-06-20 荒川区議会 平成30年度定例会・6月会議-06月20日−01号 本年は福井を中心として三十七年ぶりの大雪が降りました。  これらの大災害はほぼ確実に地球温暖化の影響であり、これからますます多くの異常気象による災害が起き、今後も続く可能性が高いことは多くの人々の共通認識となっています。  どこでも家屋の甚大な被害があり、一時的にでも住居を離れ、避難生活を余儀なくされます。 もっと読む
2018-06-13 新宿区議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月13日−06号 また、同年7月には、福井坂井市の取り組みを視察し、胃がんリスク(ABC)検診の早期導入を求めています。  胃がんリスク(ABC)検診は、胃がんのなりやすさを判定するものであり、胃がんかどうかを調べるものではありません。この検診は、徐々に運用の広がりを見せており、比較的低コストであることもポイントで、任意型検診の選択肢の一つとして注目されています。   もっと読む
2018-04-20 足立区議会 平成30年 4月20日文教委員会−04月20日-01号 事前にお渡ししてあるのでわかっていると思いますが、自民党の斉藤県議会議員が、福井は学力日本一ではない、学力テスト日本一だという記事で、学力テストの点数を上げることにどれほどの意味があるのかと、現場の先生も辟易しているのではないかと、これは自民党の議員、私は画期的な発言だと思っています。  これどうしてかというと、池田町という中学校の生徒が自殺をしたと。 もっと読む
2018-03-23 江戸川区議会 平成30年 第1回 定例会−03月23日-04号 学力テスト全国トップクラスと言われる福井で起きた、教員が生徒を追い詰めた「指導死」と言われる自殺事件も深刻なことです。様々な教育課題の解決に向けた教育委員会の取組みを、学校関係者や区民は期待しています。   もっと読む
2018-03-09 台東区議会 平成30年 予算特別委員会-03月09日-01号 あと、一番私、これは見解が違うかもしれないですけれども、実は昨年の12月に学力日本一と言われる秋田県か福井かという、福井ではご存じのとおり、県議会挙げて、この教育行政の根本的見直しを求める意見書というの、これを上げたんですね。これはもう全会派一致であります。その中で、本県、実はこれはちょうど1年前に池田中学で起きた中学校2年生の3階からの飛びおり自殺ですよね。 もっと読む
2018-02-27 品川区議会 区民委員会_02/27 本文 2018-02-27 海外の国際交流都市もそうだし、国内は、逆にいい事例としたら、最近、福井坂井市、雪でこの間大変だったなとすごく耳にしたり、去年から交流に踏み出したことで、意識の中でやはり認知度が高まっているなと。だとすれば、防災もそうですが、ゆかりある交流都市との相互交流は充実すればするほど、こちらが行くこともあるし、来てもらうこともある。 もっと読む
2018-02-23 足立区議会 平成30年 第1回 定例会−02月23日-03号 福井では、飲食店等に協力を呼びかけ、「おいしいふくい食べきり運動」の取り組みを行っています。小盛りやハーフサイズ、食べきりサイズなどのメニューをつくり、持ち帰り可能なメニューを用意するなどで県民に対しても協力を呼びかけています。   もっと読む
2018-02-20 練馬区議会 平成30年  2月20日 予算特別委員会-02月20日−01号 それで、食べきり事業というか、食べきり運動でございますけれども、福井では、平成24年度より県を挙げて「おいしいふくい食べきり運動」を行っているということでございます。   もっと読む
2017-11-29 荒川区議会 平成29年度定例会・11月会議-11月29日−02号 初めに、本委員会は、九月二十一日の委員会におきまして、福井ふるさと文学館と吉村昭記念文学館との協定の締結などについて、理事者より説明を受け、調査研究を行いました。  十月二十四日の委員会におきまして、平成二十九年度全国学力・学習状況調査の調査結果について、理事者より説明を受け、調査研究を行いました。   もっと読む
2017-11-29 世田谷区議会 平成29年 12月 定例会-11月29日-03号 今後は、全国大会の中でも紹介された小売店や飲食店から排出される事業系の食品ロス対策として、福井や松本市など先進的に取り組んでいる自治体の事例を参考に、例えば小盛りメニューを扱う食べ切り協力店事業や、宴会における食べ残しを削減する三〇一〇運動の推進などを検討し、他所管とも連携しながら、さらに食品ロスの削減に取り組んでまいります。  以上でございます。 もっと読む
2017-11-29 世田谷区議会 平成29年 12月 定例会-11月29日-03号 今後は、全国大会の中でも紹介された小売店や飲食店から排出される事業系の食品ロス対策として、福井や松本市など先進的に取り組んでいる自治体の事例を参考に、例えば小盛りメニューを扱う食べ切り協力店事業や、宴会における食べ残しを削減する三〇一〇運動の推進などを検討し、他所管とも連携しながら、さらに食品ロスの削減に取り組んでまいります。  以上でございます。 もっと読む
2017-11-15 足立区議会 平成29年11月15日文教委員会-11月15日-01号 ◆へんみ圭二 委員  福井が全国的にも体力がトップで、学力もトップですが、文武両道ですぐれている県だというのは、教育委員会の皆さんももちろんよくご存じだと思うんですが、その福井がなぜずっとトップで居続けられるのかというようなことというのも、教育委員会として分析をしていくべきではないかなと思うんですが、そういった点については、何か福井がトップで居続ける理由というのをどのようにお考えになっているというのはありますか もっと読む
2017-11-10 足立区議会 平成29年11月10日総務委員会−11月10日-01号 9月28日でございますが、大飯原発の3号機・4号機につきまして、福井議会が再稼働に向けての同意をしているところでございます。次に10月4日でございますが、原子力規制委員会が柏崎刈羽原発6号機・7号機について審査書案を了承してるところでございます。 ○古性重則 委員長  何か質疑はございますか。 もっと読む
2017-10-20 世田谷区議会 平成29年  9月 定例会-10月20日-05号 決算委員会での議論は繰り返しませんが、昨日の朝日新聞では、教師に厳しく叱られ自殺、動く遺族広がる認識の見出しがあり、福井で三月に中学生の男子の自死の問題が大きく取り上げられていました。教師による厳しい叱責が中学生を死に追い詰めたということを指して指導死と呼ぶそうです。この指導死については、暴力を伴わないケースが大半であります。 もっと読む
2017-10-20 世田谷区議会 平成29年  9月 定例会-10月20日-05号 決算委員会での議論は繰り返しませんが、昨日の朝日新聞では、教師に厳しく叱られ自殺、動く遺族広がる認識の見出しがあり、福井で三月に中学生の男子の自死の問題が大きく取り上げられていました。教師による厳しい叱責が中学生を死に追い詰めたということを指して指導死と呼ぶそうです。この指導死については、暴力を伴わないケースが大半であります。 もっと読む
2017-10-13 世田谷区議会 平成29年  9月 決算特別委員会−10月13日-07号 ◎堀 教育長 就任後、海外ではオランダやフィンランド、他の先進自治体としては福井など、いろんな勉強、幼児教育について勉強させていただきました。また、幼児教育の第一人者であります汐見先生を座長にお招きして、公私立の幼稚園、保育園の方々もお入りになった検討会も開催し、今回のビジョンを作成させていただいております。   もっと読む