3770件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

世田谷区議会 2020-02-05 令和 2年  2月 地方分権・本庁舎整備対策等特別委員会-02月05日-01号

次に、(4)令和元年度せたがや自治政策研究所政策研究の概要について、理事者の説明をお願いいたします。 ◎霜村 政策研究・調査課長 それでは、令和元年度せたがや自治政策研究所政策研究の概要について御報告をいたします。  本件は、去る二月三日に開催されました企画総務常任委員会とのあわせ報告でございます。  

世田谷区議会 2020-02-03 令和 2年  3月 区民生活常任委員会-02月03日-01号

(3)の相手方ですが、株式会社バディ企画研究所でございます。事故内容、損傷の程度等は記載のとおりでございます。(6)の過失割合ですが、甲である世田谷区側が十割、相手側がゼロ割となっております。  2の損害賠償額でございますが、百七十五万三千四百四十円となっており、被害に遭われた方、三名の損害賠償額の合計額でございます。この車両につきましては、加入しております自動車保険により全額補?

世田谷区議会 2019-12-17 令和 元年 12月 文教常任委員会-12月17日-01号

国立教育政策研究所で、全国一律に評価の基準、もとになるものは例示しているので、世田谷区の各学校で、それをもとにして、学校の実態に合わせて、今、修正をしたり、検討したりしている段階であります。 ○平塚敬二 委員長 あべ委員、この問題なので、これは統一ですよね。問題としては、全国統一なので。 ◆あべ力也 委員 それはわかっているんです。 ○平塚敬二 委員長 大丈夫ですか。

大田区議会 2019-12-04 令和 1年12月  防災安全対策特別委員会-12月04日-01号

講師につきましては、地域防災研究所の所長、大西氏からご講義をいただく予定となっております。今回のテーマといたしましては、「マンション居住者同士・近隣住民とのコミュニティづくりの進め方」としてご講演いただきますけれども、今回は台風19号の被害もございましたので、地震だけではなく水害の被害についてもご講義をいただける内容となっております。  

世田谷区議会 2019-12-03 令和 元年 12月 地方分権・本庁舎整備対策等特別委員会-12月03日-01号

検討に当たっては、車座集会、ワークショップなど区民参加による意見、庁内検討、職員との意見交換、せたがや自治政策研究所研究成果などをもとに進めてまいります。  なお、条例制定の過程で課題が明らかになった事業の見直しや、それに伴う執行体制の整備につきましては、本検討期間に限らず、それぞれの目標年次を定めて計画的に取り組みを進めてまいります。  

大田区議会 2019-11-29 令和 1年11月  総務財政委員会−11月29日-01号

◎大田 基盤工事担当課長 大田区東京工業大学、それから、建設技術研究所との技術協定により進められておりました。 ◆奈須 委員 そうなると技術があって、今回の場合にはこの技術の、ものをつくれますかという発注の仕方だったのですか。それとももう実用化されたので、その実用化されたものについての入札を行ったのですか。

葛飾区議会 2019-11-28 令和元年総務委員会(11月28日)

日本総合研究所においても、雇用者数は緩やかな増加が続く見込みであり、雇用者報酬は、実質ベースで前年比1%台半ばの伸びが持続する見込みを示していると。  (5)のその他として区政運営の現状と区財政の状況です。  区政運営の現状として、スポーツクライミングの競技施設建設など安全で快適にスポーツができる環境の整備。  

港区議会 2019-11-28 令和元年第4回定例会-11月28日-16号

全国的な人口減少の中、区の人口は増加傾向にあり、ことし三月、港区政策創造研究所は、令和九年一月に港区人口が三十万人になると推計しました。現在の人口が約二十六万人ですから、これから約四万人が増えることになります。また、ICTの目覚ましい発展や東京二〇二〇オリンピック・パラリンピック競技大会の開催など、社会経済状況の変化は非常に速く、行政需要の増大が見込まれます。

港区議会 2019-11-27 令和元年第4回定例会−11月27日-15号

講師は理化学研究所の先生で、「脳科学から見る親子関係」というタイトルでした。養育者のかかわりが子どもの脳の発達と成長に与える影響について科学的に説明する内容で、とても興味深いものでした。  話されたことで印象に残ったのは、子どもの心の健康発達にとって、養育者との安定した関係が必要であるということ。

杉並区議会 2019-11-27 令和 元年11月27日都市環境委員会−11月27日-01号

◆ほらぐちともこ 委員  国立研究開発法人防災科学技術研究所で発表されている地震の状況を示す指標に地盤増幅率というものがあって、私もホームページで検索して初めて見たんですけれども、いわゆる丈夫な地盤というのは0.9などの数字だと言われています。谷底低地などの軟弱地盤は、数値がどんどん高くなっていくということです。こういった場所は、過去のたび重なる大地震のたびに液状化の記録が残っていると。

世田谷区議会 2019-11-27 令和 元年 12月 定例会-11月27日-02号

東京都健康長寿医療センター研究所が発表した健康長寿ガイドラインによれば、社会関係が豊かな人ほど要介護状態になりにくく、健康長寿が長い。一方、心身ともに健康高齢者であっても外出頻度が低いと、わずか二年余りで歩行障害だけでなく認知機能障害など、さまざまな健康上のリスクが高まる可能性が示されております。  

目黒区議会 2019-11-25 令和元年第4回定例会(第2日11月25日)

なお、現状における国公有地の具体的な動きについてでございますが、国有地及び都有地につきましては、現在、活用に向けて検討を進めております国家公務員駒場住宅跡地を除いて、国有地につきましても、都有地につきましても、具体的な動きにまだ至っておりませんが、以前より区議会から御指摘をいただいております防衛研究所跡地や目黒一丁目都営アパート27号棟跡地については、区としても注視しているところでございます。

杉並区議会 2019-11-22 令和 元年第4回定例会-11月22日-26号

しかし、港区は、区議会で仮換地指定の1年も前に計画について説明し、日本不動産研究所検証を依頼して妥当なものであると言われたという旨、述べています。同じ個人共同施行土地区画整理事業でありながら、港区は公有財産の処分において不動産鑑定機関に評価を依頼して、正当性保証としています。我が杉並区は闇の中の取引です。  

杉並区議会 2019-11-20 令和 元年第4回定例会−11月20日-24号

国立感染症研究所の調査では、平成31年の10月30日現在、491名の人の感染が報告され、70名の方が亡くなっております。発症はダニの活動時期でもある5月から8月に多く、西日本に多いことが報告されております。特に症例が多いのは、長崎県宮崎県鹿児島県山口県高知県愛媛県広島県となります。

世田谷区議会 2019-11-12 令和 元年 11月 都市整備常任委員会-11月12日-01号

その後ですが、平成二十四年九月、区域内の大規模敷地である国立医薬品食品衛生研究所川崎への移転が公表されまして、上用賀一丁目地区のまちづくり協議会の中で、この地区全体のまちづくりルールの検討が行われ、平成三十年七月にまちづくり協議会より地区まちづくり計画の原案となるまちづくり提案を区に受けたところでございます。  

品川区議会 2019-11-11 文教委員会_11/11 本文 2019-11-11

87 ◯工藤指導課長  まず、それぞれの調査の詳細でありますけれども、例えば東京都学力調査と国の学力調査につきましては、それぞれ文部科学省国立教育政策研究所のホームページと、東京都教育委員会ホームページに詳細版が載ってございます。東京都でいうと大体200ページにわたるような詳細が出ておりまして、都全体の結果が出てございます。

世田谷区議会 2019-11-11 令和 元年 11月 企画総務常任委員会-11月11日-01号

◆桃野芳文 委員 建設費等の配分の調査及び確定をしているのが日本不動産研究所というところだということで報告がありましたけれども、こういう事業者というのはほかにもあるんですか、日本で何社ぐらいあるものなんですか。 ◎渡邉 経理課長 ちょっと勉強不足で申しわけないですけれども、私どもはこことやってきたものですから、ちょっとわかりかねます。