11183件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

千代田区議会 2019-09-17 令和元年企画総務委員会 本文 開催日: 2019-09-17

特に監査ですとか議会などからもさまざまなご意見などをいただいておりますので、そういったものもしっかり受けとめてやっていくようにということを記載してございます。  それから3点目、将来への安定的な執行方法・運営体制の選択になります。こちら予算編成方針の中にも、将来に向けた執行体制の記載というのがございました。

目黒区議会 2019-09-11 令和元年企画総務委員会( 9月11日)

川 人権政策課長          塚 本 人事課長        石 松 契約課長          原   施設課長        谷 合 危機管理室長          徳 留 生活安全課長      高 橋 防災課長          森   会計管理者       板 垣 選挙管理委員会事務局長          (会計課長)          (事務局次長)          野 口 監査事務局

目黒区議会 2019-09-11 令和元年生活福祉委員会( 9月11日)

どこの町会とは言いませんが、残念ながらお金のこういうことを余り公には、きっとわかっていても、もう水面下にあるんだと思いますが、使い込みがあって、それは1年、2年じゃなくて、もう相当の期間があって、監査も当然あったけども全くきかなかったし、その組織全体もきちんと見ることができなかったと、そういうことがあるわけです。  

目黒区議会 2019-09-10 令和元年企画総務委員会( 9月10日)

川 人権政策課長          塚 本 人事課長        石 松 契約課長          原   施設課長        谷 合 危機管理室長          德 留 生活安全課長      高 橋 防災課長          森   会計管理者       板 垣 選挙管理委員会事務局長          (会計課長)          (事務局次長)          野 口 監査事務局

目黒区議会 2019-09-10 令和元年生活福祉委員会( 9月10日)

第2号議案の監査委員の選任につきましては、新たな監査委員について右の議決結果のとおり同意され、次の段、第3号の議案の平成30年度の組合一般会計歳入歳出予算につきましては、議決結果のとおり認定されたところでございます。  次に、定例会のつづりのほう、議案の資料、こちらをごらんいただきたいと存じます。  表紙をめくっていただきますと、2号議案がございます。

目黒区議会 2019-09-09 令和元年議会運営委員会( 9月 9日)

本件は、9月2日付東京都から特別区全体の普通会計決算概要が公表されたことを踏まえての御報告でございますが、目黒区分につきましては、既に監査委員の決算審査意見書が提出されてございますので、簡単に御説明をさせていただきます。  資料をごらんいただきまして、資料1ページの項番1、30年度の目黒区普通会計決算につきましては、後ほど御説明をさせていただきます。  

目黒区議会 2019-09-05 令和元年議会運営委員会( 9月 5日)

まず、区長から地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項の規定に基づく健全化判断比率及び地方自治法第180条第1項に基づき、専決処分した和解及び損害賠償額の決定について報告があったこと、そして、次に、教育委員会から地方教育行政の組織及び運営に関する法律第26条第1項に基づく教育に関する事務の管理及び執行状況の点検及び評価について報告があったこと、そして、監査委員から令和元年6月及び7月の例月出納検査

板橋区議会 2019-08-27 令和元年8月27日企画総務委員会-08月27日-01号

中 妻じょうた 説明のため出席した者  政策経営部長    堺   由 隆     総務部長      森     弘  法務専門監     辻   崇 成     危機管理室長    林   栄 喜  会計管理者     平 岩 俊 二     選挙管理                        委員会       湯 本   隆                        事務局長  監査委員

目黒区議会 2019-08-22 令和元年議会運営委員会( 8月22日)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  7 決算特別委員会の設置及び正副委員長の選出について ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ○田島委員長  7番、決算特別委員会の設置及び正副委員長の選出についてでございますが、決算の認定については、議長及び現監査委員を除く全議員をもって構成

目黒区議会 2019-08-07 令和元年企画総務委員会( 8月 7日)

川 人権政策課長          塚 本 人事課長        石 松 契約課長          原   施設課長        谷 合 危機管理室長          德 留 生活安全課長      高 橋 防災課長          森   会計管理者       板 垣 選挙管理委員会事務局長          (会計課長)          (事務局次長)          野 口 監査事務局

目黒区議会 2019-08-07 令和元年生活福祉委員会( 8月 7日)

最後に、同意第4号といたしまして、広域連合議会議員のうちから選任されております監査委員が、令和元年7月1日にその任期が満了となったため、その後任として中央区議会の押田まり子議員が選任同意されました。  説明は以上でございます。 ○鈴木委員長  説明が終わりましたので、質疑を受けます。

杉並区議会 2019-08-02 令和 元年第2回臨時会−08月02日-16号

総務部総務課長        寺 井 茂 樹       教育長職務代理        對 馬 初 音       教育委員会事務局次長     田 中   哲       教育企画担当部長       白 石 高 士       学校整備担当部長       中 村 一 郎       生涯学習担当部長中央図書館長 安 藤 利 貞       選挙管理委員会委員長     織 田 宏 子       代表監査委員

杉並区議会 2019-08-01 令和 元年 8月 1日総務財政委員会−08月01日-01号

コンプライアンス推進担当課長                                  後 藤 行 雄        秘書課長    浅 川 祐 司   人事課長    林 田 信 人        経理課長    山 田 隆 史   広報課長    藤 山 健次郎        危機管理室長  寺 嶋   実   会計管理室長  南 雲 芳 幸        会計課長    松 田 由 美   監査委員事務局長手

杉並区議会 2019-08-01 令和 元年第2回臨時会−08月01日-15号

総務部総務課長        寺 井 茂 樹       教育長職務代理        對 馬 初 音       教育委員会事務局次長     田 中   哲       教育企画担当部長       白 石 高 士       学校整備担当部長       中 村 一 郎       生涯学習担当部長中央図書館長 安 藤 利 貞       選挙管理委員会委員長     織 田 宏 子       代表監査委員

世田谷区議会 2019-07-30 令和 元年  7月 企画総務常任委員会−07月30日-01号

こちらにつきましては、区長が採用し、区教育委員会や、その他、選管、監査などの行政委員会等に配属している職員を除きまして算定をしております。  まず、基礎となる職員数ですが、前年度の五千三百三十九人から五千四百五十五人、障害者数は前年度の九十六・五人から百六・五人、実数ですけれども、前年度の六十七人から十三人ふえまして八十人となっております。

杉並区議会 2019-07-29 令和 元年 7月29日区民生活委員会−07月29日-01号

◎区民生活部管理課長 検証委員会の委員でございますけれども、8名で行いまして、そのもとに、職員に対する調査をする作業部会、それと商店会の関係者や書類を調査する作業部会を設置いたしまして、第三者性を持たせるために、会計課OBや監査事務局OBなどの課長及び職員約24名で構成してございますけれども、今後、人数につきましては、状況に応じて弾力的に確保してまいりたいと考えてございます。

杉並区議会 2019-07-25 令和 元年 7月25日議会運営委員会−07月25日-01号

議会事務局次長 2定の最終日に議会同意を得て就任いたしました上原代表監査委員から、開会前に就任の挨拶をしたいとの申し出がありました。これを受けることとし、臨時会開会前、議場で挨拶していただくことでよろしいでしょうか。 ○大和田伸 委員長  この件につきましては、慣例でございますので、御了承願いたいと思います。どうぞよろしくお願いします。  

台東区議会 2019-07-25 令和 元年 7月産業建設委員会-07月25日-01号

私が監査だった今から10何年前に、やたらとファンドマネジャーみたいな方が中にいて、運用益を思いきり出したことがあった。安全に運用しなければいけない5億円ですから、そこは大事なんですが、こういう端まで気を使うようなところであっていただきたいと要望して、今回は産業振興事業団の勝ちということで、芸術文化財団はもうちょっと頑張ってください。それだけは言っておきます。