6230件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

練馬区議会 2021-12-05 12月05日-05号

また、19歳以上の年代は、対象年齢を限定しない生涯学習センターや体育館があること、中高生は児童館での中高生タイムがあることなどから、青少年館の必要性が低下している。あり方を見直し、それぞれの機能転換を検討するとしています。春日町青少年館は、老朽化のための改修改築とともに、駅にも近く利便性から、他の施設との複合化も含めて検討するとのことです。 

葛飾区議会 2020-05-15 令和 2年文教委員会( 5月15日)

 勝康  欠席委員(0名)  委員外議員の出席(0名)  出席説明員     教育長             小 花 高 子     教育次長            安 井 喜一郎     学校教育担当部長        菅 谷 幸 弘     教育委員会事務局参事      鈴 木 雄 祐     (教育総務課長事務取扱)     教育委員会事務局参事      加 納 清 幸     (生涯学習課長事務取扱

目黒区議会 2020-05-13 令和 2年企画総務委員会( 5月13日2)

5項生涯学習費、2目、説明欄1、目黒本町社会教育館運営から6、中央町社会教育館運営までは、施設の休館に伴う使用料の還付金。3目は、カウンターに設置するアクリルパーテーション等の購入経費でございます。  60ページにまいります。  9款公債費、1項、2目は、特別定額給付金事業の実施に当たり、必要な資金を一時的に民間金融機関から調達する場合の利子でございます。  62ページにまいります。  

世田谷区議会 2020-04-22 令和 2年  4月 文教常任委員会-04月22日-01号

   幼児教育保育推進担当課長                本田博昭    教育環境課長      青木 徹    副参事         秋元勝一   教育政策部    部長          池田 豊    教育指導課長      毛利元一    教育相談・特別支援教育課長                工藤木綿子    新教育センター整備担当課長                北村正文   生涯学習

世田谷区議会 2020-04-22 令和 2年  4月 区民生活常任委員会-04月22日-01号

◎玉野 世田谷総合支所地域振興課長 先ほどの文化の発信、支援の視点と似たような形かとは思うのですが、生涯学習のセクションが各地域振興課の中には入ってございます。具体的にその評価の視点の中に生涯学習という言葉があるかというと、具体的にそこが書き込まれているわけではございませんので、先ほどと同じように、そういった視点も踏まえて評価していくような形で御意見として承りたいと考えてございます。

足立区議会 2020-04-16 令和 2年 4月16日区民委員会-04月16日-01号

続きまして、6ページでございますけれども、6ページは生涯学習センター、言わば、学びピアの話ですが、ここの組織改正に伴いまして、学びピアが地域文化課から生涯学習支援課へ移管されましたので、それに伴う改正でございます。  引き続きまして、10ページになりますが、今度は地域学習センターのほうです。こちらについても、生涯学習支援課へ移管されましたので、それに伴って規則改正を行うものでございます。  

杉並区議会 2020-04-13 令和 2年 4月13日議会運営委員会−04月13日-01号

今年度の組織改正により、まず、教育企画担当部長が廃止され、教育政策担当部長が新設、また、中央図書館長が生涯学習担当部長を兼務することとなったため、変更するものでございます。  《議場でのあいさつについて》 ○大和田伸 委員長  次に、議場での挨拶について、事務局から説明をお願いします。

葛飾区議会 2020-04-10 令和 2年文教委員会( 4月10日)

議事調査担当係         坂 本 浩 貴  文教委員会議事日程(4月10日分)     件  名    審 査 結 果 第1  庶務報告1号  区立幼稚園の今後の運営について 第2  庶務報告2号  就学援助費の支給額の改定について 第3  庶務報告3号  令和3年度使用中学校教科用図書の採択について 第4  調査事件    学校教育について     (継続案件) 第5  調査事件    生涯学習

目黒区議会 2020-04-08 令和 2年文教・子ども委員会( 4月 8日)

○千葉生涯学習課長  任期でございますが、5期10年までとしております。  以上でございます。 ○吉野委員長  ほかにございますか。 ○たぞえ委員  欠員2名で、つまりゼロのところはどうされているのか、また、それによる支障はないのか伺います。  以上です。 ○千葉生涯学習課長  欠員2名の住区が2つあります。

港区議会 2020-03-24 令和2年3月24日東京オリンピック・パラリンピック対策特別委員会-03月24日

 中 秀 司  芝浦港南地区総合支所協働推進課長                   土 井 重 典  国際化・文化芸術担当課長                       大久保 明 子  都市計画課長                             冨 田 慎 二  地域交通課長  海老原  輔  オリンピック・パラリンピック推進担当課長・全国連携推進担当課長兼務  白 石 直 也  生涯学習

世田谷区議会 2020-03-23 令和 2年  3月 予算特別委員会−03月23日-08号

     笠原 聡   道路交通政策部          部長     五十嵐慎一   土木部  部長       関根義和          豪雨対策推進担当参事                 桐山孝義   会計室  会計管理者    工藤郁淳   教育長           渡部理枝   教育委員会事務局          教育次長   淺野 康   教育政策部  部長     池田 豊   生涯学習

目黒区議会 2020-03-17 令和 2年予算特別委員会(第8日 3月17日)

教育長        関 根 義 孝   教育次長        秋 丸 俊 彦  教育政策課長     山野井   司                        (学校統合推進課長)   学校ICT課長     今 村 茂 範  学校運営課長     濵 下 正 樹   学校施設計画課長    鹿 戸 健 太  教育指導課長     竹 花 仁 志   教育支援課長      酒 井   宏  生涯学習課長

杉並区議会 2020-03-16 令和 2年予算特別委員会−03月16日-10号

                                 茶 谷 晋太郎        土木担当部長  友 金 幸 浩   環境部長    齊 藤 俊 朗        会計管理室長  南 雲 芳 幸   教育委員会事務局次長                                  田 中   哲        教育企画担当部長白 石 高 士   学校整備担当部長中 村 一 郎        生涯学習担当部長中央図書館

葛飾区議会 2020-03-16 令和 2年文教委員会( 3月16日)

一方、生涯学習に関しては、分量的には4分の1、しかもその生涯学習の中でスポーツ推進計画は別にあるので、さらに生涯学習になると、またその何分の1になってしまうような分量なのですね。葛飾区として生涯学習をどのように振興していくのか、今回の教育プランで、生涯学習がどれだけ振興されてきたかという、その御評価はどのように考えていらっしゃるか伺いたいと思います。 ○(秋家聡明委員長) 生涯学習課長

目黒区議会 2020-03-16 令和 2年予算特別委員会(第7日 3月16日)

区のほうでは、平均寿命が延びまして、長寿化を背景にいたしました高齢化の進展に伴いまして独り暮らし高齢者がますます増える中、人生100年時代、または生涯現役社会を見据えまして、ボランティア活動をはじめ趣味や生涯学習など、高齢者の生きがいづくりを推進していくとともに、働く意欲のある高齢者の皆様の就労を確保しながら、生涯現役を維持しながら高齢期を活躍し続けられるよう、条件整備していくことが大変重要な課題であると

杉並区議会 2020-03-13 令和 2年予算特別委員会−03月13日-09号

               星 野 剛 志           吉 野   稔        環境部長    齊 藤 俊 朗   環境課長    小 松 由美子        教育委員会事務局次長        教育企画担当部長教育人事企画                田 中   哲   課長事務取扱                                  白 石 高 士        生涯学習担当部長中央図書館

足立区議会 2020-03-12 令和 2年 3月12日区民委員会−03月12日-01号

今まで文化芸術劇場、シアター1010ですけれども、これの評価については、生涯学習関連施設指定管理者評価委員会でやってきましたけれども、専門性をより的確に評価するために専門性を求めるために、文化芸術劇場条例の中に、別途、足立区文化芸術劇場運営評価委員会を設置すると、そこで専門的な知識をもとに評価をしたいということで条例を改正するものであります。