3168件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

板橋区議会 2019-12-11 令和元年12月11日災害対策調査特別委員会-12月11日-01号

だというところで、避難準備情報などを発令した上で、避難行動というのは、避難所に行くことが避難行動ではなくて、当然1階から2階に逃げるとか、窓から離れて過ごすとか、そういうのも避難行動なんですけれども、その避難行動でおさまらなくて、避難所に行かなくちゃいけないという方については避難所にお越しくださいというふうに区のほうが言うという形になりますので、そちらについては、実際区のほうでスペースを用意するので、備蓄物資

葛飾区議会 2019-11-12 令和元年危機管理対策特別委員会(11月12日)

我々のほうとしましては、できるだけ町会等にも入っていない方々も、総力を挙げて避難所で、そういった、例えば物資搬送ですとか、毛布を運ぶとか、若い力をできればかしていただいて、町会には入っていない方々も一つの屋根の下で、1日でしたけれども、被害はありませんでしたけれども、災害を乗り切る、総力を挙げてやるということであれば、そういう声かけをみんなでして、お互い助け合っていけるような状勢ができるといいかなというふうには

世田谷区議会 2019-11-11 令和 元年 11月 区民生活常任委員会-11月11日-01号

また、区民まつり参加自治体であります福島県本宮市への物資支援としまして、ボックスティッシュやマスク物資の支援を行いました。  三ページをごらんください。地域行政部でございます。義援金の受け入れとしまして、本日から今年度の終わりまでを期間としまして、区内の被災者支援を目的とした義援金を立ち上げております。②が、り災証明書の発行業務の支援を行っております。  (4)の経済産業部でございます。

板橋区議会 2019-10-24 令和元年10月24日決算調査特別委員会−10月24日-01号

最後に、車での避難の関係でございますけども、地震災害発生時の都市部における自動車での避難につきましては、車両事故のほか渋滞による消火活動への影響、緊急物資輸送に支障を来すなど2次被害の可能性を高めることから、避難の際はお近くの避難所に徒歩で行っていただき、避難所に車を入れないことを原則としております。  

板橋区議会 2019-10-15 令和元年10月15日決算調査特別委員会 企画総務分科会-10月15日-01号

、もし3階に倉庫があると、とてつもなく出すのが大変ということも考えますと、現状ではやはり極力体育館とかの近く、もしくは1階に出せるようにしておいて、荒川がいざ破堤するぞというときには、そこの避難所は閉鎖して、高台のほうにいきなり避難するというところが原則だというふうに考えておりますので、今のところ、そういう大規模、もう高島平とか蓮根が水没して、もう五、六メートル浸水してしまうような場合は、その備蓄物資

豊島区議会 2019-10-11 令和元年決算特別委員会(10月11日)

震災に関してなんですが、ここでは、震災が起きた際のさまざまな対策がとられていると思いますが、特に救援センターなど、備蓄関係事業は平成30年度に拡充され、福祉救援センター、配置物資の購入などが行われておりますが、この福祉の救援センターの備蓄基本的な方針と、また、昨年度どのような準備がされたかということについてお聞かせください。

世田谷区議会 2019-10-09 令和 元年  9月 決算特別委員会-10月09日-06号

◎鎌田 防災街づくり課長 震災時に救命救急、消火活動、物資の輸送、復旧復興の大動脈となる重要な役割を果たす道路東京都が特定緊急輸送道路と指定しております。区では、過去に特定緊急輸送道路沿道の建築物や区内一部の分譲マンションにおいて、東京都と連携して直接訪問を行い、耐震化の重要性や助成制度の説明を行ってまいりました。  

板橋区議会 2019-10-07 令和元年10月7日災害対策調査特別委員会-10月07日-01号

まず、受援という話が出てきたのは、やはり熊本地震のときに、熊本市のほうが支援物資を制御し切れなかったというところが大きくなっています。あのときは、熊本市がこういう物資が足りないからくれというようなことをホームページかなんかで呼びかけてしまったら、結局全国からとてつもない数の支援物資が集まってしまいまして、それの処理が全くできなかったと。  

葛飾区議会 2019-10-04 令和元年決算審査特別委員会第4分科会(10月 4日)

○(学務課長) 教育委員会として納入食品ガイドライン、指針は設けてございまして、毎年度、学校給食検討委員会の中で、適正であるかどうかというのを確認をしながら、物資の納入というのはしているというような状況でございます。 ○(くぼ洋子会長) 小林委員。 ○(小林ひとし委員) ありがとうございます。

杉並区議会 2019-10-03 令和 元年決算特別委員会−10月03日-04号

防災課長 自衛隊災害派遣部隊に関しましては、緊急事態にある人命の救助、二次災害防止、救援物資の輸送などの救援活動、救援道路及び幹線道路の障害物除去など、国民生命財産保護に寄与することを目的とした役割を担っていただくこととなってございます。 ◆佐々木千夏 委員  次に、それはどのような感じで決められているのか、お伺いします。

江東区議会 2019-10-02 2019-10-02 令和元年決算審査特別委員会 本文

今回の台風被害において、本区からもブルーシートや土のう袋の物資支援や、職員が被災地支援として派遣をされております。被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。  この台風15号の甚大なる被害において、国土交通大臣も無電柱化への取り組みを進めなければならないとの考えを示されています。

杉並区議会 2019-10-02 令和 元年決算特別委員会−10月02日-03号

そして、資料ナンバー232で、在宅避難に対する備蓄品の方向性が示されていますが、国や都、他自治体の支援物資を最大限安定的に配送されるよう検討をお願いしたいと思います。  発災直後に必要となる対策に関しまして講演会を開催するようですけれども、家庭の備えの大切さにつきまして、どのような人に講演をいただく計画なのか、それはいつごろ開催するのか伺います。 ◎防災課長 開催は12月初旬を予定してございます。

葛飾区議会 2019-10-01 令和元年決算審査特別委員会第1分科会(10月 1日)

災害時の被災状況の瞬時の把握とか、また緊急時の物資の輸送とか、こういった部分でも大きな災害時に可能性があるのだろうなと、このように思っております。先日の区の防災訓練でも、このドローンを使って一部試行されたというふうにビデオでも見せていただきました。この辺のいきさつについて教えてください。 ○(伊藤よしのり会長) 危機管理課長

江東区議会 2019-09-30 2019-09-30 令和元年決算審査特別委員会 本文

今、全国各地で自然災害が発生して、被災地となった自治体に対して多くの方々が、支援物資や金銭などの寄附を行っています。それらは善意であり、被災地の災害復旧に役立つ一方で、被災地で本当に必要な数量以上に支援物資が過剰に集まって、結果として処分に困るというケースや、逆に必要な物資が集まらないという残念な事態も発生してしまっています。