1130件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

江戸川区議会 2020-12-16 令和2年12月 行財政改革・都市戦略特別委員会−12月16日-07号

文書決裁システムを持っています。それを運用しているのは、それぞれの所属の課が決裁文書をつくり、そしてシステムの中で決裁をするという形で進めているところでございます。ですので、全てが縦割りということではなくて、逆に集約をするようなシステムをみんなでそれぞれの所属が運用していると、そういうものでございます。 ◆よぎ 委員 すみません。私が使いたかった言葉を使っていただいて、集約です。

世田谷区議会 2020-10-09 令和 2年  9月 決算特別委員会−10月09日-07号

◎毛利 教育指導課長 教育委員会では、教員の出退勤の記録のみならず、休暇、出張、研修申請決裁、通勤や住居の届出など電子化しておりまして、一元的に管理できる教職員人事システム導入しておりますが、こちらは世田谷区職員用人事システムと同様の基盤によるシステムとなっていることから、運用サポートなどの業務については、区職員用人事システム運用サポート先随意契約を結んでいるところです。  

江戸川区議会 2020-10-02 令和2年決算特別委員会(第4日)-10月02日-04号

ごめんなさい、目でですね、歳出についてはご審議いただいているんですけれども、基本的には款と項で議会では議決していただくというのが各条文の解釈ということになっておりまして、ただいまの目、ごめんなさい節あるいは細節につきましては、区長執行権の範囲内でありますので、区長決裁を取れば補正予算を組まなくてもそれについては執行ができるというふうに私どもは理解しております。  

世田谷区議会 2020-10-01 令和 2年  9月 決算特別委員会-10月01日-03号

世田谷区の現状は、在宅勤務をしても区役所のサーバーとつながるモバイルパソコンが配備されていないので、テレビ会議や庁内のメールチェックや送受信、文書の起案や決裁ができず、結局その分の仕事がたまってしまい、出勤した日は残業になると伺いました。区のIT環境の整備の後れはこれまでも指摘されてきましたが、このコロナ禍で如実に現れたのではないでしょうか。

目黒区議会 2020-09-30 令和 2年第3回定例会(第4日 9月30日)

この質疑の後、9月23日には、デジタル改革閣僚会議の初会合で、河野太郎行政改革担当相が、判こをすぐなくしたいと述べ、決裁などに判こを使う慣行を改めることに意欲を示しました。25日には環境省が呼応し、慣例的な判こについては不要としました。また、今後、国は、法令で様式が規定されているものについては、電子化簡略化を検討するそうです。  

江戸川区議会 2020-09-29 令和2年決算特別委員会(第2日)-09月29日-02号

実際この庁舎の中でどういう手続によって、もちろん最後区長決裁になるんでしょうけど、そこに行くまでにはどういう流れになっていくのかというのを聞かせてください。 ◎笠貴裕 職員課長 手順としましては、職員課がまず事務局となりまして区全般事業であったり、各部署のニーズなどを見ながら最終的には任命権者が決定しているところでございます。

板橋区議会 2020-08-27 令和2年8月27日都市建設委員会-08月27日-01号

最後に、これから具体的な損害賠償責任割合ですとか、そういった具体的な話があるということだったんですが、最終的に当事者間でお話しになって、そこで話がまとまればそこでということで、訴訟の可能性ももしかしたらあるということかもしれないんですが、最終的に、当事者間でお話合いでまとまった場合の最終的な結果の決裁権者というか、どなたがその割合でいきましょうということをお決めになるのか、区の中で誰なのかということを

江戸川区議会 2020-08-04 令和2年 8月 総務委員会-08月04日-06号

矢作紀宏 経営企画部参事企画課長事務取扱〕 従来、以前やっていたときというのは、それぞれ各部で幾つか選定をいたしまして、内部評価シートというものをまず作成して、それを部長決裁して、それを外部の方に見ていただいて、外部評価シートというものまた作っていただくというような流れでやっておりました。  

豊島区議会 2020-07-08 令和 2年都市整備委員会( 7月 8日)

土木部長決裁、後ろのほうに、参考資料として要綱がついてございます。時限的な措置ですので、11月30日までということでございます。  緊急措置の終了後、やはり事例を、よかった点、問題点とか、そういったものを、御意見を踏まえて、緩和による効果とか課題に関する整理を行って、今後継続するかどうかの要望をしていきたいというふうに考えてございます。  

葛飾区議会 2020-07-07 令和 2年総務委員会( 7月 7日)

だから、これ一般的な決裁ではないのです。これ決裁区分については、「部長決裁とする。ただし、承認した前例のないものは、区長決裁とする」と。  特別な決裁を求める会議なのです。その会議議事録がないので、どうなのですかと聞いているのに、それがなくて当たり前だとどういうことなのですか。 ○(池田ひさよし委員長) 総務部長

江戸川区議会 2020-06-25 令和2年 第2回 定例会-06月25日-03号

また、既に指定管理に移行している四駅では、当日利用のキャッシュレス決裁なども導入されております。  令和三年四月から指定管理を予定している六駅につきましては、ICTを含め、新たなサービスの提案を求めておりまして、更なる利便性の向上を考えております。  続きまして、視覚障害者への日常生活用具の給付でございます。  

世田谷区議会 2020-06-12 令和 2年  6月 定例会−06月12日-03号

そして、この流れの中で、世田谷区も押印の在り方については電子決裁を進めてきており、これからの生活様式を想定してリモートワーク在宅勤務世田谷区として書類の稟議におけるペーパーレスの取組はどのような状況になっていくのか、お考えをお教えください。  続いて、コロナ禍状況の中でも、小田急線上部まちづくりは着々と工事が進捗をしております。新たな町の顔とともに、新たな地域課題も出てきております。

大田区議会 2020-06-12 令和 2年 第2回 定例会−06月12日-02号

昨年度は、時間外勤務上限規制導入されたことに伴い、各職員システム上で時間外勤務申請する際及び係長、課長決裁する際に、当該職員の時間外勤務の累積時間を表示し、職員個々超過勤務の実態を確認しやすい仕組みに変更いたしました。引き続き、上限規制に該当する前にシステム上で警告を発するなど、所属長が時間外勤務状況を的確に把握できる仕組みを検討してまいります。

葛飾区議会 2020-06-04 令和 2年第2回定例会(第1日 6月 4日)

この文書を作成した当時の趣旨を調査したところ、通知のその他部分が重要で、会議の性質により必ずしもこれらに縛られるものではありませんが、記載項目上記事項(8項目)は必ず記載するとし、上司の決裁後、各所管に配付したと説明を受けたが、区の見解と訂正を求める。  次、学校看護師との労働契約について。