2351件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

目黒区議会 2020-12-09 令和 2年都市環境委員会(12月 9日)

やっぱり公助の限界があるんだというのを明確に知らしめられてしまった課題から、こういういろんな計画って進めてこられたと思うんですけども、特に、もう時間がないので端的に言うと、やっぱりどこまで自助を高められるかっていうことで、それずっとこの五、六年間、私も予特、決特含めて議論ずっとしてきたんだけど、最終的に水防訓練充実地域防災リーダーの育成などによる水防体制強化ってあるんですけど、この地域防災

目黒区議会 2020-11-06 令和 2年議会運営委員会(11月 6日)

現在、政策会議室、フラットな床でございますが、こちらをOA床にして、災害情報共有システム都市整備部にございます水防監視システムのモニターの設置、あるいは東京都のシステムを稼働できるよう、配線工事等を行うというものでございます。  併せて、(3)、(4)にございますとおり、停電時の執務環境整備、あるいは照明のLED化等、必要な工事を行うというものでございます。  

大田区議会 2020-10-20 令和 2年10月  防災安全対策特別委員会−10月20日-01号

台風14号は、強い勢力で関東地方に接近したわけですけれども、特に秋雨前線との関係大雨による土砂災害が懸念されたことから、10月10日、朝8時30分より水防一次態勢を取り、総計154名の職員がこの態勢で従事をいたしました。  結果的に台風の進路が南側にそれ、前線の位置も予報よりも南側となり、強い雨が降る雨域の中心は三宅島などの伊豆諸島となりました。  

大田区議会 2020-10-15 令和 2年10月  まちづくり環境委員会−10月15日-01号

◆荒尾 委員 緊急対策のところですけれども、24ページ、治水対策の推進、No.4のところなのですが、これまでも委員会で説明していただきましたけれども、水防資機材センターの建設、あと田園調布水防活動拠点整備ポンプ車充実ということで書かれていますけれども、この治水対策で、原因と、あと対策についてというのは、前の委員会でも資料を提出されて、報告をされましたけれども、私は、委員会で求めました住民説明会

世田谷区議会 2020-10-13 令和 2年  9月 決算特別委員会-10月13日-08号

昨年の台風十九号による浸水被害とか、また、今年に入ってからの新型コロナウイルス感染拡大への対応など、今、一番最重要な区のお仕事というのは、そういったことに対応することだと思いますが、そのような中で少々気になるのが、豪雨対策水防対策を除く都市基盤整備部門の元気がないということです。

世田谷区議会 2020-10-08 令和 2年  9月 決算特別委員会-10月08日-06号

そのため、水門操作態勢強化策としまして、樋門ごと一つの班を配置する専任態勢を確保するとともに、水防本部に所属する本所勤務職員対象に、水防施設機材操作のサポーターを配置し、操作技術を継承するための教育を強化しました。  区といたしましては、この取組を確保することで技術の着実な継承を行い、今後も適切な水門操作を行ってまいります。 ◆田中みち子 委員 しっかりとお願いいたします。  

大田区議会 2020-10-08 令和 2年 第3回 定例会−10月08日-04号

号議案 令和年度大田後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算   第78号議案 令和年度大田介護保険特別会計歳入歳出決算  第2   2第144号 大田区のオープンデータを早急に充実させて公開してほしい陳情   2第142号 大田介護保険料減額制度改善を求める陳情   2第147号 学校保育園でのコロナ感染者発生時に濃厚接触者範囲より広くPCR検査を求める陳情   2第145号 田園調布5丁目水防拠点土地購入問題

世田谷区議会 2020-10-05 令和 2年  9月 決算特別委員会-10月05日-04号

なお、水害時の避難所においては、職員体制を組み、開設運営を担うことから、避難所開設運営に特化したマニュアルを整備し、また、地域水防本部においても特別体制を取ることといたしました。 ◆くりはら博之 委員 内閣府は、四月に新型コロナウイルス感染防止対策も視野に入れ、災害時において、可能な限り多くの避難所開設して、避難者のスペースを十分に確保するようにとの通知を各自治体に出しています。

大田区議会 2020-10-01 令和 2年 9月  決算特別委員会−10月01日-01号

保下 都市基盤管理課長 日常の多摩川の堤防点検では、過去の漏水などの実績を基に、あらかじめ水防上重要な区間を重点的に河川管理者である国土交通省点検を行ってございます。  さらに出水期の前には、区と合同で堤防点検を行っており、危険箇所早期発見につなげているところでございます。  引き続き、迅速かつ円滑な水防活動のために、日頃より関係機関と一層連携を深めてまいります。

世田谷区議会 2020-09-30 令和 2年  9月 決算特別委員会-09月30日-02号

玉川では、危険度四がゼロということですが、危険度三が二丁目、ただ、こちらについてはやはり水防関係課題を多く持っております。砧地域では、危険度四が一丁目、そして危険度三が五丁目、烏山では、危険度四が一丁目、そして危険度三が六丁目という状況でございまして、これら先ほど申し上げましたとおり、道路、公園の整備不燃化木密解消耐震化促進、その取組はまだまだ道半ばであると私は思っております。

目黒区議会 2020-09-30 令和 2年第3回定例会(第4日 9月30日)

都市整備費では、不燃化10年プロジェクト事業で生じた残地地元活用ブロック塀所有者に倒壊による管理責任が問われる危険性を説き、ブロック塀耐震化を促進すること、目黒川の臭気対策水防対策住宅リフォーム助成を複数回の小規模改修工事にも利用できるよう、制度見直しを求めました。  

目黒区議会 2020-09-25 令和 2年決算特別委員会(第7日 9月25日)

2点目、水防対策。この水防対策も、目黒川の雅叙園付近のところにライブカメラがついていまして、そこに以前、警戒水位危険水位を大きく赤と黄色で設置してくれということで要望を出しまして、本当にライブカメラでも見れるようになりましたし、川のそばまで行かなくても、ちょっと離れたところからでも見えるということで、大変地域の方からよかったという声は聞いておりますが。

大田区議会 2020-09-25 令和 2年 9月  決算特別委員会−09月25日-01号

まず、台風をはじめとした大雨などの天候の状況に応じて、その都度、大田区では区内の各部における水防体制を組んでいただいております。職員の皆さんにおかれましては、不眠不休、そして時には危険な状況下での対応をいただいていることに心から感謝を申し上げます。ありがとうございます。今回の総括質疑では、昨年の台風被害を受けまして、施設について、また職員の意識など、幾つかの側面から質問をさせていただきます。  

世田谷区議会 2020-09-24 令和 2年  9月 災害・防犯・オウム問題対策等特別委員会−09月24日-01号

内訳でございますが、一つ目は、新型コロナウイルス感染症対策に伴います事務事業見直しを行った結果といたしまして、水防災に関する講演会休止により報酬を十二万六千円、報償費を二十万円、需用費を五万円、続きまして、職員向け防災研修の回数を減らすことによりまして報償費を九万二千円、まちづくりセンター等職員防災士研修講座受講休止によりまして、負担金補助及び交付金を二百六万二千円、それぞれ減額しております。

大田区議会 2020-09-24 令和 2年 9月  まちづくり環境委員会−09月24日-01号

陳情における一つ目二つ目水防活動拠点としての利用及び有効活用三つ目住民説明会の開催についてでございますが、取得用地につきましては、遊水池に現在整備中の東京下水道局雨水幹線に隣接しており、水防時に排水活動を行う上沼部排水樋門に近いため、さらなる治水対策水防態勢強化を図ることが可能でございます。  

大田区議会 2020-09-23 令和 2年 第3回 定例会−09月23日-03号

                                       令和2年9月23日付託 総務財政委員会  2第144号 大田区のオープンデータを早急に充実させて公開してほしい陳情 健康福祉委員会  2第142号 大田介護保険料減額制度改善を求める陳情  2第147号 学校保育園でのコロナ感染者発生時に濃厚接触者範囲より広くPCR検査を求める陳情 まちづくり環境委員会  2第145号 田園調布5丁目水防拠点土地購入問題

目黒区議会 2020-09-18 令和 2年決算特別委員会(第4日 9月18日)

端末の配布対象でございますが、管理職のほか、防災関連職員として、防災課のほかに、水防に関わる土木系職員にも配布する予定でおりまして、そういった中で、地図サービスを使って、所定の地図の中にどんどん必要な情報を落とし込んでいくということで情報共有を図っていく予定でおりますので、御質問のとおり、土木系とも情報共有が図れるというふうな予定事業を進めております。  以上でございます。