1235件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

世田谷区議会 2019-07-03 令和 元年  7月 企画総務常任委員会−07月03日-01号

一方で、東京都を考えてみても、小笠原の父島にも、ペリー来航の時期から欧米系の方が住まわれていて、日本に編入をされてということを考えると、日本国ということを考えただけでも、実は民族の多様性は本来はあるということを考えていくと、日本人琉球民族の方というのは、必ずしも相反をするようなものでもないということを考えますので、本請願については、その点の錯誤もあるということで不採択といたします。

港区議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会-06月19日-07号

ゴーン氏のように株で大もうけをしている人に欧米並みの負担をしてもらう。所得税などの最高税率を引き上げる。米軍への思いやり予算をやめる。兵器爆買いをやめるなどで七・五兆円の財源が確保できます。消費税に頼らなくても十分やっていけます。国に対し、低年金者の底上げを行うこと。マクロ経済スライドをやめるよう要請すること。答弁を求めます。  

大田区議会 2019-06-17 令和 1年 6月  こども文教委員会-06月17日-01号

◆渡司 委員 私もこれ、前回の陳情、継続判断のときに、委員としてこちらのこども文教委員におりましたので、ちょっとその間いろいろ調べてみたのですけれども、これは情報としてなのですけれども、法務省として今年度アメリカフランスドイツ欧米を中心に24か国の親権制度の調査を開始するという情報がございましたけれども、超党派の議員で、親子断絶防止議員連盟が、面会交流における親子断絶防止法案というのを2016

世田谷区議会 2019-06-14 令和 元年  6月 定例会-06月14日-03号

学級の人数は、欧米では二十名から三十名が当たり前であるのに、日本では小学校三年生以上は四十人学級のままです。教員の多忙化は社会問題となっており、多忙化解消は喫緊の課題です。教員の方々からは、新たな事業が次から次へとふえて対応に追われている、子どもに接する時間、授業の準備を行う時間が重要であるが、十分に行うために長時間労働にならざるを得ないと伺っています。  

大田区議会 2019-06-14 令和 1年 第2回 定例会−06月14日-02号

柔軟剤では、香りの持続性を高めるために、香料成分をイソシアネートというポリウレタン製のアロマカプセルに閉じ込め、それを少しずつ破裂させるという仕組みをとっていますが、このイソシアネートはごく低濃度でもアレルギー反応を起こしやすく、症状としては、皮膚炎、かゆみ、ぜんそく、胸の圧迫感、めまい、肩こり、全身倦怠感、もうろう感、意識喪失、記憶障害など、そして発がん性もあるとされており、欧米では厳しく規制されていますが

世田谷区議会 2019-06-12 令和 元年  6月 定例会-06月12日-01号

欧米社会を見ても、支配と被支配などの二元論や、分断や排除を生みがちな考え方が誇張されていますが、中道の考え方を社会に根づかせる、それを政策決定、政治決定に反映していくことが一番大事であると考えます。区長の中道政治に対する御所見をお伺いしたい。  次に、未来への投資、教育負担の軽減について伺います。  

板橋区議会 2019-06-11 令和元年6月11日文教児童委員会-06月11日-01号

石川すみえ    今、国のほうは児童福祉司1人当たりの相談件数は40件というふうに言っているかと思いますが、欧米や韓国では20件というふうになっていますので、やっぱり1人の人間が大変重いケースを処理する場合を考えたら、20件が望ましいと思いますので、引き続き人員の確保について取り組んでいただきたいと思います。 ◆南雲由子   何点か伺います。  

杉並区議会 2019-06-10 令和 元年 6月10日文教委員会−06月10日-01号

就学前教育の発端は米国であると認識しておりますけれども、欧米人と日本人とでは、脳の構造と機能は同じなんですけれども、右脳と左脳の作用が異なるということを聞いております。そのことを配慮して、感性を育む重要な時期である就学前教育に取り組んでいただきたいと思いますが、杉並区就学前教育振興指針に子供の感性を育てるような方法や取り組みが余り書かれていないように感じます。

杉並区議会 2019-06-05 令和 元年 6月 5日区民生活委員会-06月05日-01号

実際に、ひとり親の貧困率は50%を超えているというふうに言われておりますし、欧米に比べて、未婚のひとり親の待遇というんですかね、処遇というか、そういったものが非常に低いというか、まだ進んでいない状況の中で、ようやくそのところが少し進んだのかなというふうに思いますけれども、1つ、児童扶養手当の支給の要件としているのかどうか、この辺について伺います。

杉並区議会 2019-05-31 令和 元年第2回定例会−05月31日-11号

しかし、日本では、欧米に比べ補聴器の普及が大きく立ちおくれています。保険適用外で高額で手が出せないためです。  先日、地域の方が取り組んでいる体操教室に伺いました。集まっていた方は15人。平均年齢は85歳で、聞こえにくいという人が8人いらっしゃいました。そのうち3人は補聴器をつけていました。補聴器の購入費用は20万円が2人、25万円が1人でした。参加していた人は、その高さに驚いていました。

大田区議会 2019-05-24 令和 1年 5月  令和元年第33号議案に関する連合審査会−05月24日-01号

欧米では、社会的擁護ではなく、やはり可能な限り家族再統合へとの動きから、家族支援に予算を配分する流れも出てきております。アドバイザー会議におきましても、家族再統合に関しまして議論を深めていただき、家族支援、親支援が進むことを、心から期待を申し上げます。  次に、不登校対応について伺います。

江戸川区議会 2019-03-26 平成31年 第1回 定例会-03月26日-04号

日本共産党は、消費税に頼らない別の道として、アベノミクスで大儲けした大企業に対し、平均一〇%の法人税を中小企業並みの一八%に引き上げ、約四兆円、富裕層の株取引に対しては二〇%から欧米並みの三〇%の課税にして、約一・二兆円、合わせて消費税増税分の合計五・二兆円の財源を確保できると提案しています。  反対理由の第二は、住民への情報公開住民参加を進める姿勢が不足している点です。  

板橋区議会 2019-03-14 平成31年3月14日予算審査特別委員会−03月14日-01号

特に日本では、欧米と比較して子どもの参加権が低いということが言われています。そのことを意識して権利教育を行うことが重要だと思います。グラフを提示しますけれども、これは子どもと保護者参加権利がどの程度法律に書き込まれているかということを示したグラフです。慶應大の根岸先生にいただきました。  

杉並区議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会−03月13日-08号

上野エリカ 委員  家庭の中では食の欧米化が進んでおりますが、ここ最近の給食では、和食の大切さを見直し、児童家庭に理解させる動きが広まってきております。そして学校給食では、特に国産の食材が多く使われていると感じます。  続いての質問ですが、このスーパー食育スクール事業での具体的な取り組み内容はどのようなものだったのか、お伺いします。

世田谷区議会 2019-03-12 平成31年  3月 予算特別委員会-03月12日-05号

もし日本の若い女性が欧米並みに出産をされたとしたならば、日本の長期人口問題は大幅に緩和されるかもしれないと。  では、その日本を初め、東アジア工業化した国・地域で、なぜ若年出産が少ないのか。それは各国が工業化をしていった過程で人生の規格化、この規格というのはレギュレーションの規格ですが、これを進めていったためではないかと。  例えば日本では、人生は、まず教育を受けることから始まります。

江戸川区議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第8日)−03月12日-08号

日本共産党消費税に頼らない別の道として、アベノミクスで大儲けした大企業の平均10%の法人税を中小企業並みの18%に引き上げ約4兆円、富裕層の株取引には20%から欧米並みの30%の課税に引き上げ1.2兆円、合計で増税分5.2兆円の財源確保を提案しています。  第2の反対理由は、住民への情報公開住民参加を進める姿勢が不足している点です。一つは、本庁舎移転に関してです。