331件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田区議会 2019-06-17 令和 1年 6月  まちづくり環境委員会−06月17日-01号

そのときに、インターネットで買うときにこういった産地、入手確認経路というのが、普通、ホタルは昆虫だから適用されないのですが、動物愛護管理法の中には産地を書いてとちゃんと書いてあるので、これを適用してホタルを売っている業者に対して指導というのは行政的に可能なのでしょうか。 ◎菅野 環境対策課長 区だけでの問題ではなくなりますので、その考えにつきましては、ちょっと難しいかなと思います。

板橋区議会 2019-06-10 令和元年6月10日区民環境委員会-06月10日-01号

◆山内えり    ちょっと幾つか確認をさせていただければと思いますけれども、ホタル自体は非常に希少な昆虫というふうに私は考えていますけれども、ホタルを板橋区で購入しようとした場合、どういったところに売っているのか、あるいは区内でどこにあるか、確認はされているでしょうか。

杉並区議会 2019-06-03 令和 元年第2回定例会−06月03日-12号

玉川上水が育んできた自然には、希少な植物とともに、昆虫のほかにも両生類哺乳類など多くの生物が生息していました。開通後は、車でひいてしまうロードキルという問題も懸念されます。6月上旬に動物の調査が行われるとのことですが、この結果を区としても注目するとともに、開通後も調査を継続し、必要に応じて対策を講ずるべきと考えますが、区の見解を求めます。  次に、外環道についてです。  

港区議会 2019-02-25 平成31年度予算特別委員会−02月25日

童謡の歌詞は、子どもの心に浮かぶ心象風景や、日本の四季の移り変わり、山河や海、月や星々、植物動物昆虫など、生あるものないものを隔てず、子どもの心の健やかな育ちに寄り添うような歌詞が紡ぎ出されております。  子どもの歌ですから、曲調も親しみやすく、誰にも歌えるなじみやすさ、内面の感情があふれ、豊かな情操を育む叙情的なものが多くございます。

足立区議会 2018-12-21 平成30年12月21日建設委員会−12月21日-01号

公園管理課長 生物園の業務といたしまして昆虫の飼育、あと魚類、あと昆虫等、多岐にわたっている件がありまして、そこの飼育技術がたけていないと維持管理に不都合が出るものと、あと更にその施設資源を利用して、わかりやすく区民に伝えていく、そのノウハウがないとやっていけないということで応募業者が限られてしまったかと推測しております。

足立区議会 2018-12-04 平成30年 第4回 定例会-12月04日-02号

3、生物園は哺乳類両生類爬虫類昆虫など多くの野生生物を飼育し、自然の生き物たちと「ふれあえる場」です。当園は生き物と触れ合う機会の少ない子どもたちにとって、楽しめるだけでなく学びの場にもなるようにと、毎年プログラムを検討し工夫を重ねてきました。  平成29年度は入場者数が21万人を超え、ここ10年来で2倍を超えています。

世田谷区議会 2018-11-28 平成30年 12月 定例会-11月28日-02号

昆虫や鳥が飛来し季節感を感じさせる環境になり、環境学習に役立ち、けがも少ないとあります。  第一にお聞きします。各学校の周りには木や低木があり、学校の上は壁面緑化、屋上緑化もしています。校庭の芝化だけで昆虫や鳥が飛来し、季節感を感じる環境学習になる学校があるのかお聞きします。  また、芝のデメリットですが、校庭に芝を植えたときには各団体が一生懸命やります。

杉並区議会 2018-11-20 平成30年第4回定例会−11月20日-28号

私が取り組んだアンケートの回答でも、ケヤキの緑が削減されることは寂しい、多くの昆虫、鳥、動物たちのことも心配です、アスファルトで固めないで土は残してほしい、ケヤキの緑は阿佐谷の歴史そのものです、開発という名目で緑をなくすのはやめてほしいなどの声が寄せられています。  河北病院の移転改築は、この貴重な保存樹林に重大な影響をもたらすことは明白です。

杉並区議会 2018-11-19 平成30年第4回定例会−11月19日-27号

その中で、亀、金魚、ザリガニ、昆虫などの小動物以外の飼育をしている学校が9校ありました。47校中9校ですので、約2割の学校に当たります。学習教材である教科書の中には、亀、金魚、ザリガニ、昆虫などの飼育に関する記載があることは承知しておりますが、違和感を覚えました。残りの8割の学校は、命のぬくもりを感じる小動物であるウサギ、鶏、モルモットなどの飼育がされております。  

世田谷区議会 2018-10-16 平成30年  9月 決算特別委員会-10月16日-08号

昆虫や鳥が飛来し、季節感を感じさせる景観になることからも、環境学習に役立ち、また、けがも少ないと考えてございます。一方、デメリットですけれども、夏芝から冬芝への切りかえ時の種まきであるとか、補植による養生期間中の利用制限があること、また、定期的な芝刈りや除草、散水等の維持管理の負担が大きく、学校やPTA、地域の御理解、御協力が不可欠であることが挙げられます。  

江戸川区議会 2018-10-04 平成30年決算特別委員会(第4日)-10月04日-04号

例えば、江戸川エコセンターですとか、あるいは子ども未来館などの区と絡むような団体にしましても、昆虫ですとか、野鳥の観察会をやったり、あるいは東なぎさのクリーン作戦といって、清掃活動をやったり。あるいは、水質調査ですとか、水生生物の調査、そういった活動をしております。

江東区議会 2018-10-02 2018-10-02 平成30年決算審査特別委員会 本文

第1目環境衛生総務費の右概要欄、事業1、環境衛生監視指導事業から295ページの事業1、医療相談窓口事業までは、区内に流通する食品の検査等、食の安全・安心の確保を目的とした食品衛生の監視指導事業やネズミ害虫を駆除し、感染症の発生を予防するそ族昆虫駆除事業など、生活衛生関連の監視指導相談に要する経費であります。  304ページをお開き願います。

杉並区議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会−09月11日-18号

それは、昆虫生態学研究者の土畑重人氏の平成26年度日本動物行動学会賞を受賞した「社会昆虫を用いた『公共財ジレンマ』現象の総合的実証」の論文を中心とした研究であります。  社会を形成するには、個人は税金等の義務によって何らかの意味で損をいたしますが、その協力によって形成された誰でも使えるインフラサービス公共財であります。しかし、中には協力をしないで恩恵にあずかろうとする者も出てきます。