12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

港区議会 2019-02-28 平成31年度予算特別委員会−02月28日

12月25日には、社会福祉法日本盲人連合公益社団法人東京都盲人福祉協会が連名で、都内駒込駅前における視覚障害者交通事故に関する緊急声明というものも発表されております。都内でも事故後、運用時間を拡大した信号機もあるという話も伺っておりますが、早急に警察と協議を行っていただきたいと思いますが、いかがでしょうか。

杉並区議会 2017-03-14 平成29年予算特別委員会−03月14日-09号

そんな中、我が党の高木美智代衆議院議員、まつば多美子都議会議員は、日本盲人連合の竹下会長とともに、石井国土交通大臣へ、ホームドアの設置など公共交通安全対策に関する要望書を提出しました。国交省からは、ホームドア設置の助成費用として、本年度第2次補正予算案での上積みと来年度予算要求も合わせて、これまでの3倍の計67億円にするという回答が得られました。  

港区議会 2017-02-16 平成29年第1回定例会−02月16日-02号

日本盲人連合会の全国的な調査では、約四割の視覚障害者がホームからの転落を経験し、約六割が転落しそうになったと回答しているように、欄干のない橋と例えられるホームの安全対策は待ったなしです。  視覚障害者のホーム転落や列車接触事故は、最近六年間で計四百八十一件に上ります。有効対策ホームドア設置ですが、全国の約九千五百ある駅で、ホームドアが設置されたのは約六百六十にすぎません。

江東区議会 2016-09-23 2016-09-23 平成28年第3回定例会(第9号) 本文

社会福祉法日本盲人連合が実施したアンケートでは、約4割の視覚障害者が駅ホームから転落した経験があり、約6割が転落しそうになったと回答しています。視覚障害者にとって駅ホームは欄干のない橋と言われるほど危険な場所です。しかし、ホームドアや可動式ホーム柵の設置は、地下鉄駅で約58%、JRと私鉄は約20%であり、都内各駅での設置率は32%にとどまっています。

北区議会 2016-09-08 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月08日−08号

日本盲人連合が実施したアンケート調査では、視覚障がい者の約四割が駅ホームから転落した経験がある一方、ホームドアの設置状況は都内七百六駅中三二%にとどまっています。  今年三月に発行された北区バリアフリー基本構想には、すべての駅へのホームドアまたは可動式ホーム柵の設置を目指すと明記されています。  

大田区議会 2014-02-13 平成26年 2月  防災・安全対策特別委員会-02月13日-01号

この結果報告でございますが、講師は日本盲人連合、橋井正喜様をお招きしまして、東日本大震災時の障がい者特有の被害実態、また、近隣者等の障がい者への支援、障がい者自身の対策ということでお話を頂戴しました。  参加者334名ということでございます。  実施結果としましては、一つは参加者からのご意見でございますが、「障がい当事者からの話で、具体性があり、支援の必要性が分かりやすかった。」

港区議会 2013-10-11 平成25年第3回定例会−10月11日-11号

また、日本盲人連合の調査によると、約四割の視覚障がい者がホームから転落した経験を持つなど、視覚障害者にとって、駅のホームは欄干のない橋を渡るように危険な場所となっています。  そのため国は、「ホームドアの整備促進等に関する検討会」を設置し、ホームドアに係る設置促進の方策や整備・運用で生じた課題とその解決策に関する情報共有し、鉄道事業者ホームドア設置への取り組みを推進しています。  

世田谷区議会 2011-10-13 平成23年  9月 決算特別委員会-10月13日-06号

日本盲人連合会では、全盲者の三人に二人が転落経験ありとの調査も出ております。視覚障害者の方はまさに命がけで電車に乗っているのが現実ではないかというふうに思います。  東京メトロでは、一九九一年開業の南北線からホームドアの設置を始め、丸ノ内線と副都心線で設置を終え、現在有楽町線での工事を進めております。同社によれば、ホームドアの設置をした駅では、故意ではない転落事故は起きていないとのことです。

世田谷区議会 2011-03-17 平成23年  3月 予算特別委員会-03月17日-06号

日本盲人連合会によりますと、視覚障害者の三人に二人がホームから転落した経験があるという調査結果が出ております。  名古屋市では、本年、市営地下鉄駅ホームでの線路への転落防止や列車との接触事故を未然に防止する可動式ホームさくを桜通線の全駅に設置するとのことであります。

江東区議会 2009-11-27 2009-11-27 平成21年第4回定例会(第14号) 本文

先日、日本盲人連合を訪問し、意見交換をしてまいりました。音声コードとは日本で開発された高密度の二次元記号であり、QRコードのように2センチメートルほどの正方形の中にデジタル化された文字情報が含まれていて、機械でコードを読み取り音声を出すものです。  厚生労働省より音声コード活用の活字読み上げ装置が日常生活用具に指定されて、視覚障害者へ音声情報を紙で提供できる環境が整いつつあります。  

  • 1