1013件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

足立区議会 2019-07-03 令和 元年 第2回 定例会−07月03日-03号

中途難聴者に対する補聴器購入費助成を求める陳情       受理番号 5 介護保険の負担軽減を求める陳情       受理番号 6 不登校の子ども達や発達障がい特性のある子ども達とその保護者に対する適切な支援等の創設を求める請願       受理番号 7 子どもを産み育てやすい新たな制度を求める請願   第20 受理番号14 待機児童の解消とより良い保育の質の向上を求める陳情   第21 受理番号 8 日本政府

世田谷区議会 2019-07-03 令和 元年  7月 企画総務常任委員会−07月03日-01号

一方で、辺野古の新基地建設を今即時に中止するということになると、普天間の基地を移転するということだけはもう既に決まっていることであって、それをどう部隊を再編していくのかということについては、日米でもちろん合意をするというよりは、どちらかというと、本来、いろいろ調べてみると、日本政府の側にもうボールは既に投げられているということは認識をできました。  

目黒区議会 2019-06-28 令和元年第2回定例会(第4日 6月28日)

本陳情の趣旨は、日本政府に「沖縄県民は先住民族」という国連の誤った認識と勧告の撤回を求める意見書の採択を求めるというものであります。  本委員会といたしましては、本陳情について慎重に審査した後、採決を行いましたところ、採択することについて賛成少数により、不採択にすべきものと議決いたした次第であります。  

目黒区議会 2019-06-21 令和元年企画総務委員会( 6月21日)

香川人権政策課長  さまざまな先住民族というのがございますけれども、ちょっと世界情勢について私把握しておりませんが、日本の国内においては、日本政府として一貫して、「先住民族と認めているのはアイヌの人々以外にはいない」というふうに日本政府は述べております。  以上でございます。 ○そうだ委員長  よろしいですか。  ほかにございますか。  

港区議会 2019-06-20 令和元年第2回定例会−06月20日-08号

国連の子どもの権利委員会は、日本政府に対し、「保育の質を高めながら量を増やすための十分な予算を」と勧告しています。このことにも、今回の無償化は逆行します。今度の制度で無償になるのは三歳児以上で、保育料の高いゼロ歳から二歳児は住民税非課税世帯のみが対象で、課税世帯は対象外です。現在の保育料は所得に応じて設定されているので、生活保護世帯や低所得者の保育料は低く抑えられています。

港区議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会-06月19日-07号

日本政府観光局の調査によりますと、昨年、訪日外国人旅行者は三千万人を突破し過去最高となりました。十年前の二〇〇八年は八百三十五万人でしたので、十年間で三倍強に増えております。また、東京都の調査によると、東京を訪れる外国人観光客も増加していて、二〇一七年には過去最高の千三百七十七万人で、これは二〇一四年に日本を訪れた観光客に匹敵する数となっております。  

杉並区議会 2019-06-18 令和 元年第2回定例会−06月18日-14号

普天間基地沖縄県外・国外移転について、国民的議論により、民主主義及び憲法に基づき公正に解決するべきとする意見書の採択を求める陳情  1陳情第20号 杉並第三小学校での投票を可能にすることを求める陳情  1陳情第22号 辺野古新基地建設の即時中止と、普天間基地沖縄県外・国外移転について、国民的議論により、民主主義及び憲法に基づき公正に解決するべきとする意見書の採択を求める陳情  1陳情第23号 日本政府

大田区議会 2019-06-18 令和 1年 6月  総務財政委員会−06月18日-01号

陳情は、国連の目には国際少数民族差別問題と認識されていると主張することで、米軍の軍事支配といいなりの日本政府の姿勢などの本質をそらし、分断を持ち込む危険性を持つものと考えます。よって、陳情の表題と趣旨には賛成ですが、陳情理由には拘束されない立場です。よって、仮に採択になった場合、意見書の内容は事実経過を正確にするとともに、かつ簡潔なもので、全会派合意できるようにするべきです。

大田区議会 2019-06-17 令和 1年 6月  総務財政委員会-06月17日-01号

国連は委員会等で、これまで琉球沖縄の人々を先住民族と認め、その権利保護すべきという勧告等を5回にわたって日本政府に行っております。大田区議会は、日本政府及び関係省庁に対して本勧告の撤回を求める意見書を採択することを趣旨としております。  要旨としましては、沖縄県に生まれた全ての沖縄県人は、自ら先住民族であると認識している人はほぼ皆無でございます。

目黒区議会 2019-06-17 令和元年議会運営委員会( 6月17日)

それで、意見書(案)については、1つが、日本政府核兵器禁止条約署名批准を求める意見書ということで、核兵器禁止条約が、国連で3分の2以上の議決で採択をされたということですけれども、いまだ国では署名批准を行っていないということで、一刻も早く批准、調印をすることを求めるという内容です。  

大田区議会 2019-06-13 令和 1年 第2回 定例会−06月13日-01号

まず初めに、アメリカ合衆国トランプ大統領が2月に行った臨界前核実験について、日本政府は5月27日の記者会見で、2月の実験を包括的核実験禁止条約禁止されている核爆発を伴うものではないと問題視しない考えを示しました。日本共産党は、両国の態度に対して、被爆地広島、長崎から、そして日本中から非難の声が上がっている中、断固この実験に強く抗議します。

大田区議会 2019-06-11 令和 1年 6月  議会運営委員会−06月11日-01号

趣旨といたしましては、日本政府に「沖縄県民は先住民族」という国連の誤った認識と勧告の撤回を求める意見書の提出を求めるものでございます。付託先でございますけれども、区におきましては、こういった問題を所管する部局がございません。そのため、ほかの常任委員会に属していない内容を所管いたします、総務財政委員会に付託する案でございます。  

杉並区議会 2019-06-04 令和 元年第2回定例会−06月04日-13号

                               令和元年6月4日                  陳情付託事項表 総務財政委員会  1陳情第20号 杉並第三小学校での投票を可能にすることを求める陳情  1陳情第22号 辺野古新基地建設の即時中止と、普天間基地沖縄県外・国外移転について、国民的議論により、民主主義及び憲法に基づき公正に解決するべきとする意見書の採択を求める陳情  1陳情第23号 日本政府

世田谷区議会 2019-05-23 令和 元年  5月 臨時会−05月23日-02号

〔四十三番羽田圭二議員登壇〕(拍手) ◎四十三番(羽田圭二 議員) ただいま上程となりました議員提出議案第三号「日本政府核兵器禁止条約署名批准を求める意見書」について、提案理由の説明を行います。  本件は、日本政府が一日も早く国連における核兵器禁止条約署名批准を求め、世田谷区議会として意見書提出を求める内容であります。  

世田谷区議会 2019-05-23 令和 元年  5月 議会運営委員会−05月23日-01号

次に、議会側からでございますが、お手元の議員提出議案第三号「日本政府核兵器禁止条約署名批准を求める意見書」をごらんいただきたいと思います。記載のとおり、十八名の方々から提出されました。  内容につきましては、ここに提案者がいらっしゃいますので、御説明をお願いいたします。 ◆羽田圭二 委員 提出予定案件ですが、「日本政府核兵器禁止条約署名批准を求める意見書」の提出であります。

世田谷区議会 2019-05-17 令和 元年  5月 臨時会−05月17日-目次

………………… 一四  追加日程第二(同意第四号 世田谷区教育  委員会教育長任命の同意) ………………… 一五   提案理由の説明(保坂区長) …………… 一五   委員会付託の省略 ………………………… 一五   採  決 …………………………………… 一五  就任挨拶(渡部新教育長) ………………… 一五  退任挨拶(堀旧教育長) …………………… 一五  追加日程第三(議員提出議案第三号 日本

世田谷区議会 2019-03-27 平成31年  3月 定例会-03月27日-05号

本件は、国連における核兵器禁止条約日本政府署名していないことから、日本政府が一刻も早く署名し、条約批准を求めるものです。  昨年八月、被爆地広島の地を訪ね、現地の被爆者から一九四五年八月六日、原爆投下前後のお話を伺う機会がありました。広島女学院高等女学校の生徒として、学徒動員で陸軍被服支廠にいたときに被爆した証言は、戦後長い間、多くの被爆者が語ろうとしなかったことです。

世田谷区議会 2019-03-27 平成31年  3月 議会運営委員会−03月27日-01号

◆羽田圭二 委員 国連の場で採択をされました核兵器禁止条約署名批准については、日本政府はまだ行っていないということから、世田谷区議会から意見書を出すということで今回提案をさせていただきました。 ◎本橋 区議会事務局長 議員提出議案二件につきまして、議案は本日の席上に配付してございます。また、取り扱いにつきましては、この後の進行次第の中で御説明させていただきます。