運営者 Bitlet 姉妹サービス
2487件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-11-30 千代田区議会 平成30年企画総務委員会 本文 開催日: 2018-11-30 それはもう、木村議員のほうの本会議質問でもそうだとは思いますけれども、でも、やはり日本の、そしてまた国民のために、どうあるかということからしたらときに、集中と選択、つまり東京都を含めて、そして、また太平洋ベルト地帯って古い言葉ですけど、そこのところで、経済としてのパイをとっておかなくてはいけない。それを、富の再分配を地方にしていくという役割があるだろうと。 もっと読む
2018-11-29 目黒区議会 平成30年企画総務委員会(11月29日) 前、それに関連した質疑の中で、区長が日本憲法第99条で、憲法については、私ども地方公務員も含めて、これは擁護、尊重するということで、法律でも、憲法でも、きちっと規定がされておりますので、それは憲法をしっかり守る、擁護する立場ですというふうな御発言をされております。   もっと読む
2018-11-16 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第7日目) 本文 2018-11-16 それは登呂遺跡の弥生とか、いろいろなことはあるのだろうけれども、これを読めば読むほど、この名称については、縄文発祥の地と言うと、またちょっと微妙だけれども、縄文の名称の発祥の地は間違いないことだと思っていて、ここら辺のところは、確かに諸説ある、だけれども、これだけ日本中の人がいろいろこういう文章を書いてくれるのに、当の品川区が、それを生かさない手はないと私は思っています。 もっと読む
2018-09-25 足立区議会 平成30年 第3回 定例会−09月25日-03号 日本憲法及び児童の権利に関する条約の理念に基づき、子どもを支援し権利の保障を進めることを宣言し、この条例を制定することによって子どもは付属物ではない、夢や希望を持って未来の社会を担う大切な存在であることをみんなで共有し、取り組むことができます。  議員各位におかれましては積極的にご議論いただき、ご決定いただきますことを心から願いまして、提案理由の説明といたします。 もっと読む
2018-09-11 目黒区議会 平成30年企画総務委員会( 9月11日) 日本憲法第13条では、全て国民は個人として尊重される、生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利、これは明記されてます。それを実現するのは憲法擁護義務を担った国とそれから自治体、公務員の責務です。政治の責任です。   もっと読む
2018-06-21 目黒区議会 平成30年企画総務委員会( 6月21日) ○青木区長  これは言うまでもなく、私も日本憲法第99条で憲法については、私ども地方公務員も含めてこれは擁護尊重するということで、法律でも憲法でもきちんと規定がされておりますので、それは憲法をしっかり守る、擁護するという立場は、これはもう一貫した、私も含めて全職員共通した考え方だというふうに御理解していただいて結構でございます。  以上です。 ○佐藤委員長  ほかにございますか。 もっと読む
2018-06-20 世田谷区議会 平成30年  6月 オリンピック・パラリンピック・環境対策等特別委員会-06月20日-01号 平二八・一七号「日本政府が気候変動問題に対し引き続きさらに積極的に取り組み、国際交渉で主導権を発揮することを求める意見書などを提出することに関する陳情」を閉会中の継続審査とすることに御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○山内彰 委員長 御異議なしと認め、そのように決定いたします。     もっと読む
2018-06-15 足立区議会 平成30年 6月15日総務委員会-06月15日-01号 それを、この意見書はやめて欲しいと、しかも日本の政府が4機買うのはおかしいだろうと、専守防衛にまさにならないだろうという、米軍がちゃんと敵地への奥深く潜入というのは、日本憲法で許されないことですから、そういうことをやるのは矛盾しているということを言っているのであって、知識を別にひけらかしているわけじゃなくて、陳情がこうやって上がってきているわけだから、これについてそれぞれ政党や議員が、その意見書を もっと読む
2018-06-14 台東区議会 平成30年 6月文化・観光特別委員会-06月14日-01号 (発言する者あり) ◆堀越秀生 委員 いや、これ行政が書いたことだから、行政が書いたこととして10年前に映画祭をつくったとき、8年前に演劇祭ができたとき、区がちゃんと公式のパンフレットにも書いていますけれども、にぎわいだけでなく、日本、それから世界に向けての発信プログラムであるということなんですよ。今回、まさに区民中心というか、区民に向けてやると。これは、同じようなものであっても違う事業。 もっと読む
2018-06-14 港区議会 平成30年第2回定例会−06月14日-08号 共同開催というと、前回は我々日本と韓国の共同開催で、あの感動と熱狂が思い起こされます。来年開催のラグビーワールドカップ二〇一九日本大会、そして、二〇二〇年開催の東京二〇二〇オリンピック・パラリンピック競技大会の成功に向けて、我々自由民主党としても各ポジションで最高のパフォーマンスを見せて、全力で応援していくことを誓って、質問に入らせていただきます。   もっと読む
2018-06-13 新宿区議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月13日−06号 次に、第53号議案のアメリカ合衆国軍隊の構成員等の所有する軽自動車等に対する軽自動車税徴収の特例に関する条例の一部を改正する条例ですが、本案は、日本とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第6条に基づく施設及び区域並びに日本における合衆国軍隊の地位に関する協定の実施に伴う地方税法の臨時特例に関する法律の改正に伴い、規定を整備するものです。   もっと読む
2018-05-15 大田区議会 平成30年 5月  こども文教委員会−05月15日-01号 しかも、それは教育委員会の責任ではなく、日本全体がそうなっているのではないかなと。あれ、あそこはどうなったのだろうというような。  ですから、やはりわかりやすく、これまで5年間取り組んできたことはこうでしたと。 もっと読む
2018-05-14 大田区議会 平成30年 5月  羽田空港対策特別委員会−05月14日-01号 ◆清水 委員 今、課長がおっしゃった必要な措置とは、今、タイの国に対しても、航空会社にやれということと、日本としてこの航空会社に何らかの措置をすると、そういうことですか。どういう意味が必要な措置なのか、もう一度、すみません。 もっと読む
2018-04-17 大田区議会 平成30年 4月  羽田空港対策特別委員会-04月17日-01号 こんな事案が発生しているということで、とてつもなく恐ろしいことが日本中で起こっているなと思っていて。  3月24日の福岡空港は、例えばですけれども、羽田空港から福岡に行く便がなくなってしまったので、新幹線に乗りかえる人たちとかで京急空港線がものすごい混雑していたのです。 もっと読む
2018-03-23 大田区議会 平成30年 3月  予算特別委員会−03月23日-01号 私は多種多様なビジネスが活況を呈することはすばらしいことだと思っていますが、その前提として、日本国内のルールは日本が仕切るという当たり前のことを実践する必要があると強く感じております。  民泊では、大田区は率先して特区民泊制度を導入しました。民泊新法も6月に施行されます。 もっと読む
2018-03-20 台東区議会 平成30年 予算特別委員会−03月20日-01号 日本憲法では、第27条「すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ」とあります。また、心理学者マズローは、人間の欲求を5段階で理論化しました。 もっと読む
2018-03-19 足立区議会 平成30年 3月19日災害・オウム対策調査特別委員会-03月19日-01号 そういう意味で言うと、放射能の被害、放射能の影響を受けていないという検査が出た以上、日本国民として被災地の皆さんを応援するべきだというふうに思っておりますので、むしろそれをあおるような、放射能の影響を受けていないと言っているのに、それをあおるような発言をされるということは、日本全体の損失だというふうに思っております。 ◆山中ちえ子 委員  ありがとうございます。 もっと読む
2018-03-13 目黒区議会 平成30年予算特別委員会(第4日 3月13日) 世界人権宣言70周年を記念して、日本憲法の起草にかかわったベアテ・シロタ・ゴードン氏の企画を行ってはどうかということです。  これは2016年9月に共産党、星見てい子議員が一般質問しまして、それで男女平等・共同参画センターで憲法週間にベアテ・シロタ・ゴードン氏の書籍の展示を行っていただきました。 もっと読む
2018-03-13 北区議会 平成30年  予算特別委員会-03月13日−04号 外国人観光客への北区のおもてなしということで、コミュニケーションボードなどを使ってやってきて、今回はサービス業までということですけれども、このおもてなしという言葉は、オリンピック招致以来、日本中で多分使われているんですけれども、北区にとってこのおもてなしはどのような意味があるでしょうか。 もっと読む
2018-03-09 大田区議会 平成30年 3月  予算特別委員会−03月09日-01号 例えば、大田区は、昭和26年10月16日に制定された職員の服務の宣誓に関する条例で、「私は、ここに、主権が国民に存することを認める日本憲法を尊重し、かつ、擁護することを固く誓います。私は、地方自治の本旨を体するとともに、公務を民主的かつ能率的に運営すべき責務を深く自覚し、全体の奉仕者として、誠実かつ公正に職務を執行することを固く誓います。」と。 もっと読む