17985件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田区議会 2021-03-08 令和 3年 3月  まちづくり環境委員会−03月08日-01号

そうした中で、長期的な取り組みという方向を、なかなか現段階では示しがたく、そうした意味で中期的なという表現の中で、この令和5年度までの新おおた重点プログラムを掲げております。  実際は、令和3年版と表現しておりますが、この後、令和4年度版、令和5年度版というものも出していくという形で、企画経営部長のほうからも確認しております。

北区議会 2021-03-03 03月03日-01号

だけれども、一定期間というインターバルを取りながら、方向としてはどういう方向に歩むんですかという、区の行政姿勢が今問われることになっているわけです。 したがって、この網かけ部分をどのようにして旧滝野川第六小学校コンセプト跡地利用コンセプトの第1番目に基本的方向保育所待機児童の解消なんですね。2番目が防災機能の確保なんです。

世田谷区議会 2021-03-03 令和 3年  3月 地方分権・本庁舎整備対策等特別委員会−03月03日-01号

◎松村 庁舎整備担当部長 今お話しいただいたように、地域行政のほうでは、地区、地域への様々な権限も含めて落としていくというような議論がされていて、ただ、例えば、まちづくりセンターの役割の議論の中でも、まちづくりセンター区民が行っていろんな相談ができるようにしていく方向が示されています。

大田区議会 2021-03-03 令和 3年 3月  防災安全対策特別委員会−03月03日-01号

◆松本 委員 いろいろな分野で、この情報を一元化した形で共有していくということが大事だと思うのですけれども、今後、区が導入しようとしている総合防災情報システム、これによって今後この方向としてはこういったこのシステムを中心にこういった訓練も行われていくと予想されると思うのですが、そこら辺はいかがでしょうか。

目黒区議会 2021-03-03 令和 3年総合戦略・感染症対策等調査特別委員会( 3月 3日)

その中、幾つかをピックアップしてみると、やはりIT、またデジタル化社会に向けた取組に対する期待や不安、それとやっぱりまちの将来像に対しての抽象的な「さくら咲く」という表現についての意見や考えについての声が出ていますけれども、やはり、今、さきの委員もおっしゃってましたけれども、しっかり目黒区の目指す方向というものを、それぞれの区民の方がどのように自分の中で落としていくかということが重要であるからこそ

世田谷区議会 2021-03-01 令和 3年  3月 文教常任委員会-03月01日-01号

以上のことを踏まえ、今後の方向について4に記載させていただきました。来年度の小学校四年生の移動教室は、引き続き、感染症対策の影響を考慮し、今年度と同様に各学校に外国人指導員が訪問する形で英語体験事業を行います。その際、子どもたちがより多く英語に触れ、話すことができるよう、児童六名程度の一グループに一人の外国人指導員を配置するなど、プログラム内容見直しを行います。

大田区議会 2021-03-01 令和 3年 3月  総務財政委員会−03月01日-01号

次に、第2章でございますが、1、情報化に係る社会情勢、2、3の国や東京都の情報化に関する動向など、社会的な背景を踏まえ、4、区の情報化に関する現状と今後の取組方向などを整理して計画を作成しております。  次に、資料右上の第3章です。  基本方針としまして、情報化基盤整備・強化に取り組み、新型コロナウイルス感染症への対応など、新たな日常を踏まえた取組を推進します。  

大田区議会 2021-03-01 令和 3年 3月  まちづくり環境委員会−03月01日-01号

私はこの間いろいろ、都との調整のことはこの前の質問でも取り上げましたけれども、お話を聞いていたりだとか、あとはまちづくりについての意見書だとか、一体化してやっていこうというお話を聞いていくと、今までの都市鉄道利便法のほうでの鉄道計画として、この蒲蒲線、新空港線をやっていこうというところから、割とまちづくり全体として、今度は蒲田周辺のところとかを含めてしっかりとやっていこうと、説明というか、方向

目黒区議会 2021-03-01 令和 3年都市環境委員会( 3月 1日)

いずれにしても、現時点で直ちにカーボンゼロを宣言するということは考えておりませんが、区で宣言を行うならば、達成に向けた方向を整理するための一定期間は必要であるということでございますので、それについて十分検討してまいりたいと考えているところでございます。  それから、2点目、都は先ほど50%、2030年に削減すると。目黒区は40%、定義の違いについてということでございます。  

目黒区議会 2021-02-26 令和 3年企画総務委員会( 2月26日)

そのときに、当時の企画部行財政運営管理機能を一元化するという方向の中で、総務部から政策調整、財政、定数管理機能等を統合するということで組織改正が進められていたというところでございます。この背景ということでいえば、当時でいえば、やはりどちらかというと行財政改革、この定数の削減ですとか、そういうところに力点が置かれるということで組織改正が進められてきたのかなというところでございます。

目黒区議会 2021-02-26 令和 3年文教・子ども委員会( 2月26日)

令和3年度の重点課題、これに取り組むための施策方向、実施策を示しているものでございまして、2の内容でございますが、大きくは記載の第1から5までの5項目立ての構成としてございます。  第1で策定の趣旨を記述した上で、第2で基本姿勢を4点掲げまして、第3で教育を取り巻く社会情勢、それらを踏まえまして、第4として四つの重点課題とその課題解決に向けた施策方向を示してございます。

世田谷区議会 2021-02-24 令和 3年  2月 議会運営委員会-02月24日-01号

また、これからさらに議論を進めていくという方向も一致したのではないかなというふうにも思います。  ただいまいただきました御意見を基に、また御意見にもありましたように、ハラスメントに関する研修を実施するなど、いろいろ議論をする場も、また協議する場も設けながら、条例制定に向けて引き続き進めてまいりたいと思いますが、そういったことでよろしいでしょうか。