87件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田区議会 2019-06-14 令和 1年 第2回 定例会−06月14日-02号

香りの元となる人工香料が揮発有機化合であるため、化学物質の影響で体調不良を起こす人があります。農薬殺虫剤、たばこなどと同じで、目には見えない微量の化学物質が多種多様な症状を引き起こすのです。重症化すると化学物質過敏症を発症し、一度発症すると効果のある治療法も治療薬もなく、日常生活に著しい支障をきたします。  

世田谷区議会 2018-09-26 平成30年  9月 オリンピック・パラリンピック・環境対策等特別委員会−09月26日-01号

◎鈴木 環境保全課長 委員御指摘のとおり、結果を見ていますと窒素酸化物が減っておりますが、光化学オキシダントは、窒素酸化物や揮発有機化合というもの、また、非メタンの炭化水素などが光化学反応しまして生成されるオゾンが主成分となっております。

台東区議会 2018-06-13 平成30年 6月環境・安全安心特別委員会−06月13日-01号

これらにつきましては、平成16年5月に大気汚染防止法が改正され、全国で光化学オキシダントの原因となる揮発有機化合の排出量の抑制に向けた取り組みが行われております。区でも塗料、接着剤、ガソリンシンナーなど、揮発性の有機化合物を含有する物質を使用する工場などに対しまして、排出削減対策としまして、利用方法などの指導を行っております。今後も引き続き対策に取り組んでまいります。  

江戸川区議会 2017-12-01 平成29年 第4回 定例会−12月01日-03号

調査結果は基準値未満であったものの、ベンゼン等の揮発有機化合は検出されました。つまり、YESであったのです。あるかないかと言えばあったわけです。このように定性調査によって有害物質が確認されたからには、次に取るべき手段は、どの程度の汚染があるのかという定量調査のはずです。  

世田谷区議会 2017-09-27 平成29年  9月 オリンピック・パラリンピック・環境対策等特別委員会-09月27日-01号

◎鈴木 環境保全課長 光化学オキシダントにつきましては、自動車の排気ガス等の関係している窒素酸化物とか、揮発有機化合と言われる化合物、これは具体的に言いますと印刷とか塗料に含まれている溶剤でございます。そういうものが太陽の光で化学的に反応してできるというふうに言われております。

江戸川区議会 2017-09-25 平成29年 第3回 定例会-09月25日-02号

さて、公表された調査結果によると、雨水桝内のたまり水、雨水桝内の空気及び環境大気が調査対象とされ、揮発有機化合のベンゼンやトリクロロエチレンは検出されたものの、いずれも基準値を下回るという結果でした。一方で、臭気調査は実施された三地点のうち、二地点でその基準値を大きく超えています。

江東区議会 2017-06-19 2017-06-19 平成29年清掃港湾・臨海部対策特別委員会 本文

調査の対象物質は、土地利用の履歴等調査を届け出た結果、汚染のおそれがあるとされた計23種となってございまして、内訳は揮発有機化合である第一種有害物質が計12種、重金属等である第二種有害物質が計9種、農薬系の第三種有害物質が2種でございます。  1枚おめくりいただきまして、2ページをごらんください。  次に、(3)の調査の結果でございます。

世田谷区議会 2017-03-13 平成29年  3月 予算特別委員会-03月13日-04号

また、昨年度からは消耗品の定期交換や機器類の接続部における一酸化炭素、揮発有機化合や粉じん、コプラナーPCB測定などの追加対策を行っているほか、平成二十九年度からは、従来からの定期点検等のメンテナンスに加え、清掃点検を追加するなどの故障点検対策を予定しておりまして、こうした効果検証平成二十九年度及び三十年度に行うこととしております。

世田谷区議会 2016-11-30 平成28年 12月 定例会-11月30日-03号

その一環といたしまして定期測定の項目と頻度を充実することとしておりまして、毎日測定する項目といたしましてVOC(揮発有機化合)と粉じん、また、毎週測定する項目としまして、コプラナーPCB、これはダイオキシン類の一種でございますが、また、毎月測定する項目として機器の接続部分のCO(一酸化炭素)、これらを現在測定しております。

世田谷区議会 2016-11-11 平成28年 11月 区民生活常任委員会-11月11日-01号

◎大石 管理課長 一点目に、収集するデータにつきましては、清掃一部事務組合に確認をしましたところ、作業環境改善のために測定、収集しているデータとしましては、ダイオキシンの炉室環境測定、あと、コプラナーPCB、揮発有機化合、粉じん、湿度、気温測定結果等と聞いております。二十九年度からは、これに加えて二酸化炭素も予定していると聞いております。

世田谷区議会 2016-10-04 平成28年  9月 決算特別委員会-10月04日-04号

二つ目が炉本体のリークテスト、三つ目がダクト清掃、四つ目が接続部の測定、五つ目が揮発有機化合、粉じんの測定、六番目がダイオキシン類の簡易測定を実施していくこととしております。 ◆桜井稔 委員 今言われました対策ですけれども、これは今当面の対策の囲い込みとか、ダクト吸引を申請したと、その上にこれを行うということでよろしいんでしょうか、ちょっとお答えください。

世田谷区議会 2015-09-04 平成27年  9月 環境・空き家等対策特別委員会-09月04日-01号

◎伊藤 環境保全課長 まずは、光化学オキシダントが非常にふえるということは、夏場によると光化学スモッグなどが発生するということが多いわけですけれども、そういった注意報が出たときの対応策ですとか、あるいは、光化学オキシダントについては、基本的には、印刷工場ですとか塗装工場などで出される揮発有機化合等といったものが光化学反応して生成されるというふうに聞いております。

北区議会 2015-03-03 平成27年  区民生活委員会-03月03日−01号

発生原因の一つであります揮発有機化合の排出抑制対策などが進んでおりまして、また、毎年の注意報令状況の回数がおおむね10回前後ということで推移をしておりますことから、情報提供の方法を見直したいということでございます。  2番のこれまでの経過等をごらんください。  警報につきましては、昭和50年に発令されて以来、発令はございません。  

豊島区議会 2014-03-04 平成26年予算特別委員会( 3月 4日)

ただ、先ほど言いましたように、今後、自動車の排気ガス、それからあとシンナー等の揮発有機化合、VOCと言われているんですが、これが空気中でほかの物質と結びついて新たに粒子として生成するというようなこともございますので、環境課としてできることはいろいろな事業者に対して揮発性物質等の取り扱いについて厳密に正しい処理方法をするように指導していきたいと考えております。

台東区議会 2013-06-12 平成25年 6月環境・安全安心特別委員会-06月12日-01号

こちらは大気中の窒素酸化物や揮発有機化合などの物質が、紫外線の影響を受けて化学反応を起こして生成されるものでございまして、光化学スモッグの原因となるものでございます。こちらにつきましては、0.06ppmという環境基準値が設けられてございますが、平成24年度におきましては、その基準を超過した日数が35日でございました。また、区内で注意報が発令された日数は2日でございました。

大田区議会 2011-11-15 平成23年11月  都市・環境委員会-11月15日-01号

まず、第1種の有害物質(揮発有機化合)ジクロロエチレン、以下4項目を行いました。26箇所、26検体で、これは有害物質は検出されませんでした。  第2種の有害物質(重金属等)ですけれども、鉛及びその化合物ということで溶出量・含有量を調査しました。同じく26箇所、26検体です。溶出量については検出されておりません。  ただ、含有量が5箇所で基準を超えました。基準キログラム中150ミリグラムです。