10371件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

目黒区議会 2019-06-12 令和元年文教・子ども委員会( 6月12日)

A氏による時効の援用、いわゆるA氏がこれはもう時効が成立したと主張をすることでございますが、それがないので、全額の返還を求めるべく、滞納対策課に移管し、法律事務所に委託したところでございますが、最終的に、区職員が本人と接触をしたけれども、意思疎通がとれる状態ではないと。その生活状況ですね。それで、生活福祉課と連携し対応を実施したところでございます。  

大田区議会 2019-06-11 令和 1年 6月  議会運営委員会−06月11日-01号

趣旨といたしましては、田園調布せせらぎ公園の施設整備等にあたりまして、地域住民の意思を反映させ、できる限り樹木を伐採しないなど自然環境を保護するように求めるものでございます。付託先でございますが、陳情書にも記載がございますように、「仮称田園調布せせらぎ公園文化施設新築工事」、こちらの公園内工事におきまして、自然環境保護を求めるものでございます。

大田区議会 2019-05-29 令和 1年 第1回 臨時会-05月29日-02号

第36号議案については、ふるさと納税の仕組みそのものが住民税の一部とはいえ、財源が住民の意思によって全国の自治体に納税できる仕組み自体に問題があるとの意見がありました。  一方、賛成の立場から、第35号議案について、昨今、激甚化する大規模災害に備え、平常時の防災・減災の施策や発災直後の区主導による迅速な復旧活動に向け戦略的に対応するものであり、大変評価できる。

目黒区議会 2019-05-29 令和元年文教・子ども委員会( 5月29日)

⑥育児休業中でございますけれども、こちら4月1日に保育所等に入所できた場合には、復職をする意思が確認できている場合には待機児童に含むこととされておりましてこの人数が34人ということでございます。また、育休を延長した方の人数は11人でございます。  ⑦認定なし等ですけれども、こちら本年4月1日時点で目黒区の支給認定がない人ですけれども、こちらが71人ということでございます。  

大田区議会 2019-05-27 令和 1年 5月  総務財政委員会-05月27日-01号

第36号議案 大田区特別区税条例の一部を改正する条例につきましては、国の法改正に伴う条例の改正ですが、私はふるさと納税という仕組みそのものが住民税の一部とはいっても、その財源が住民の意思によって全国の自治体に納税できるようにしてしまったことに対し問題があると考えています。  

大田区議会 2019-05-27 令和 1年 5月  地域産業委員会-05月27日-01号

◎高野 国際都市・多文化共生推進課長 こちらのほうのは、区のホームページとか公募という形で、個人、ご本人が来たいということで、ご自身の意思で応募していただいているというところです。 ◆佐藤 委員 今、隔年でというお話ありましたけど、大体いつもどれぐらい申し込みがあって、10名ぐらいになってしまうのですか。

板橋区議会 2019-05-23 令和元年第1回臨時会−05月23日-01号

これからの4年間、議会の皆様と意思の疎通を十分に図りながら区政経営に当たりたいと考えておりますので、何とぞ議員各位のご理解、ご協力を心からお願い申し上げる次第でございます。  以上、簡単ではございますが、私からのあいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願いをいたします。  

大田区議会 2019-05-23 令和 1年 5月  令和元年第33号議案に関する連合審査会−05月23日-01号

納付をする意思があるので、財産を差し押さえるのはやめてほしい。納付する金額が少ないから、せっかく納付したいという区民の声を断った。信じられないようなことが載っています。  私のところにも寄せられた声も紹介いたします。個人事業を営んでいたAさんは、不況の影響と病気になったことから、区民税、都民税を滞納するようになりました。同時に、国税、所得税、消費税も滞納するようになりました。

目黒区議会 2019-04-10 平成31年文教・子ども委員会( 4月10日)

○広吉委員  まず、子育て支援団体へのヒアリングですが、子どもの声を拾うということを今回というところで、ゼロ・1・2・3の子どもはまだそういった意思表明はできないというところで、対象外になったのかなと思いますが、やはり現場の声というのは、推進会議に現場の方はいらっしゃいますが、推進委員で参加されている方が持っている意見以外の声が現場にはたくさんありますので、現場へのヒアリングというのは、また違った意味

目黒区議会 2019-04-10 平成31年企画総務委員会( 4月10日)

○松嶋委員  パートナーシップの部分ですけれども、慎重に考えますという答弁でしたが、さきの陳情審査の中では、確かにいろんな意見が出されたんですけども、パートナーシップの制度を目黒区につくる際には、おおむね皆さん肯定的に議会としての意思としては示されていたと思うんですね。ただ、同性という部分で家族のあり方とかいろんな考え方があると思うんです、会派の皆さんの中でね。

葛飾区議会 2019-03-28 平成31年第1回定例会(第4日 3月28日)

ご決定いただきました案件につきましては、審議の過程における議会のご意思を十分に尊重するとともに、その執行に最善の努力を傾けてまいります。  さて、この4月からも引き続き、子育て環境の充実として、保育所の設置・建てかえを初めとする待機児童対策のほか、産後ケア体制の整備やかつしか子ども応援事業など、切れ目のない子育て支援の取り組みを進めます。

世田谷区議会 2019-03-27 平成31年  3月 定例会-03月27日-05号

また、里親や養子縁組の推進に向けた相談支援体制の整備に当たっては、特に予期せぬ妊娠などにより、実の親が育てる意思がない場合については、現在行われている一旦乳児院へ送る措置とせず、特別養子縁組を行う体制を構築することは、愛着障害やパーマネンシー保障の観点からも重要です。  重度障害や医療的ケアの必要な子どもの受け入れ施設不足は大変大きな課題です。

葛飾区議会 2019-03-25 平成31年都市基盤整備特別委員会( 3月25日)

それは参加しないとか欠席することである程度無言の意思表示みたいなことで、自分はこの流れにはついていけないということを半ば無言の意思表示をされているのだと思うのですけれども、実際、でもそういう方がいない段階で準備組合の話し合いがどんどん1年、2年と進んでいくと、その人たちがある意味知らない段階で、知らない状況で、もちろんまちづくりニュースなんかを配っているのはよくわかりますけれども、よく現場の話し合いの

目黒区議会 2019-03-25 平成31年第1回定例会(第7日 3月25日)

そもそも大半の人は、臓器移植や脳死についての知識も考える機会もほとんどなく、内閣府の調査でも、臓器提供の意思表示をしている人は12.7%、このため100万人当たりの臓器提供者数を見ても、日本は欧米の30分の1しかいません。  

港区議会 2019-03-25 平成31年3月25日建設常任委員会-03月25日

つまり、入居者ご自身の意思で移るのか、残るのかを選べるような状況でよろしいのですか。 ○住宅課長(野口孝彦君) 入居の所得の要件は、入居審査をする段階において根拠となる資料をもって審査し、それをパスすれば足り得るものでございまして、家賃を払い続けていただける限りにおいては、こちらからご退去いただく理由は何らございません。 ○委員(井筒宣弘君) 最初に入居が始まったのは平成20年ですよね。

板橋区議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会−03月22日-04号

これまでは、区長の推し進める政策の各項目を検討しつつも、よりよい区政実現の志は同じという意思を示した結果であります。  しかし、区長就任から12年になる今をもってしても、区長の思いや考えは全然伝わってこないというのが実に残念であります。平成27年決算調査特別委員会の最後に区長は、よりわかりやすい説明と意思表示をするため、今後は必要に応じて私自身も次年度から答弁してまいりたいと思います。

世田谷区議会 2019-03-22 平成31年  3月 予算特別委員会-03月22日-08号

健康づくり課では、子ども家庭支援センターと連携し、支援の必要な家庭の養育の意思や能力を見きわめてまいりますが、予期せぬ妊娠等により養育の意思のない場合や、著しく養育能力の欠如している場合等により、親のもとで養育できないことがございます。そうした場合には、子ども家庭支援センターから児童相談所に引き継ぎ、一旦乳児院に措置した上で、特別養子縁組の手続に至る場合もございます。  

板橋区議会 2019-03-19 平成31年3月19日議会運営委員会−03月19日-01号

2の関連する議案、請願・陳情、報告事項に関する運用ですが、関連する議案、請願・陳情、報告事項が同時に常任委員会の議題等になった場合の運用を以下のとおりとするということで、1番として、関連する議案と請願・陳情の場合は、団体意思に関連する審議を優先し、議案を先議するということでございます。