4399件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

目黒区議会 2020-12-09 令和 2年生活福祉委員会(12月 9日)

12月25日号の区報ホームページ募集をいたしまして、応募者多数の場合は抽せんした後、当選者には2月初めに招待券を送付する予定でございます。  なお、区議会議員皆様には、別途御招待券を用意してございますので、よろしくお願いいたします。  説明は以上でございます。 ○鴨志田委員長  ありがとうございました。  説明が終わりましたので、御質疑をお受けいたします。

大田区議会 2020-12-02 令和 2年12月  議会運営委員会−12月02日-01号

◆犬伏 委員 私も、平成11年に初当選をさせていただいて、当時、ブログを書いていたのは私ぐらいしかいなくて、非常に評価は高かった。今は、ほとんど全員がブログなり、ホームページを持っていて、発信は、それぞれ皆さんやっていらっしゃると思うのですね。  投票率を見てみますと、大体年代が投票率なのね。80代の人は80%、70代の人は70%。30代ぐらいから激減して、もう30%なんてものではないですよね。

目黒区議会 2020-11-27 令和 2年企画総務委員会(11月27日)

一般的に言われておりますのは、選挙運動というのは、特定選挙について、特定候補者当選目的として、投票を得るために、直接、間接、必要かつ有利な行為というものを指すとされております。また、政治活動については、政治上の目的をもって行われる一切の活動の中から、選挙運動にわたる行為を除いたものとされているところでございます。  

目黒区議会 2020-11-26 令和 2年文教・子ども委員会(11月26日)

資料記載のとおり、抽せん対象校のうち大鳥中学校につきましては、抽せんの結果、当選者15名と補欠登録者18名を決定いたしまして、結果を保護者に送付する際、誤って補欠登録者Aの結果を、同じ名字でありました補欠登録者B宛てに2通送付したことによりまして、補欠登録者A保護者には結果が届かず、Bの保護者には自身の結果とAの結果の2通が届いたというものでございます。  

目黒区議会 2020-11-10 令和 2年都市環境委員会(11月10日)

期限までに申込みのあった方を対象抽せんを行って、その当選番号上位の方から書類審査を行って、合格者住宅に順次あっせんするというものでございます。  今回の募集におきましては、昨年度、区営住宅募集を行った際に、地区割りによる募集を実施いたしましたが、これと同様の地区割りを行うと、住宅の住戸に偏りが生じてしまいますので、住宅別での募集を行うことといたしております。  

板橋区議会 2020-10-27 令和2年第3回定例会-10月27日-04号

よって、選挙管理委員には、菊田順一さん、佐藤康夫さん、大田伸一さん、不破光一さん、以上の4名の方が当選と決定いたしました。  次に、選挙管理委員補充員を、次の順位によってご指名申し上げます。  第1位、石井勉さん、第2位、萩原洋一さん、第3位、佐々木紀夫さん、第4位、栗田俊之さん、以上の4名の方をご指名いたします。  これにご異議ございませんか。      

大田区議会 2020-10-08 令和 2年 第3回 定例会−10月08日-04号

我々の統一地方選挙も、このような慌ただしい中、執行され、今までにいないタイプの新人議員が何名もこの議場に新たなメンバーとして当選をされ、反面、ベテラン議員が苦汁をのむ結果となりました。御代替わり、そして新たな選挙スタイル、さらにはコロナ禍の新たな生活様式など、今までの物事の価値観が大きく変換した年でもありました。  

世田谷区議会 2020-10-06 令和 2年  9月 決算特別委員会−10月06日-05号

世田谷区というところは大場啓二区長が一九七五年、私が生まれた年に当選をして七期二十八年やった。そのときに、世田谷区の町の憲法とも言える基本構想基本計画をつくって、そのときに区政自治権機能の拡充と、住民参加というのを打ち出したということなんです。それで、世田谷区は住民参加ということで全国に広めていって本当にこれを大事にしてきたと思います。  

目黒区議会 2020-09-30 令和 2年第3回定例会(第4日 9月30日)

もし青木区長当選していなかったら、その後に情報漏えい事故を報告しなかった責任を誰に押しつけるつもりだったのでしょうか。担当所管でしょうか、それとも後任の区長でしょうか。一体誰に申し送りをするのでしょうか。それとも、まさかなかったことにするつもりだったのでしょうか。そういうことを1つも考えていないのなら、当事者意識が全くないと判断するほかありません。  

大田区議会 2020-09-28 令和 2年 9月  決算特別委員会−09月28日-01号

誰も覚えていらっしゃらないかもしれませんが、実は私、昨年、区議会議員に初当選した直後の連合審査会で新基本計画策定への区民参画について取り上げさせていただきました。  その中で、区民ワークショップについては、無作為抽出型で行うということを提案しております。タブレット配信資料の@をご覧いただきたいのですけれども、実際に、無作為抽出型ワークショップを行っていただきました。ありがとうございます。

大田区議会 2020-09-24 令和 2年 9月  まちづくり環境委員会−09月24日-01号

◎吉澤 住宅担当課長 区営住宅につきましては、ご案内のとおりだとは思いますけれども、公開抽せん当選された方について審査していくという形になってございます。  また、区民住宅におきましては、随時募集、空きがあったときに随時募集という形でさせていただいているところでございます。  

目黒区議会 2020-09-18 令和 2年決算特別委員会(第4日 9月18日)

ただ、その速度はやっぱり速くなってきているし、この中で私たちはそれを進めていくことが必要だなと思っていますので、今回、区長はまた当選されましたが、この中での政策の中で、私たちも要望として、やはり区政の再構築の何かリーダーシップを持った会議を、所管を横断的にやっていただけることが大事だと思って提案をしてきたわけです。  

目黒区議会 2020-09-17 令和 2年決算特別委員会(第3日 9月17日)

この問題については、議会でも吉野議員、それから川原議員からも、私が当選して以後、既に2回指摘のあったテーマで、そのたびに区の御答弁の中では、あくまでインフルエンザワクチンの最も大きな効果は、発病予防ではなく、重症化予防であるという厚生労働省の見解を基に、区としても重要な研究課題と認識させていただいておりますという結論でとどまっておりました。  

豊島区議会 2020-09-16 令和 2年決算特別委員会( 9月16日)

よって、有効投票の最多数を得られました辻薫委員委員長当選されました。当選の告知については、本人が出席でございますので、辻薫委員にはこの旨告知いたします。委員長当選されました辻薫委員から就任のごあいさつがございます。 ○辻薫委員長  ただいま多くの皆様から御推挙をいただきまして、誠にありがとうございました。私は今回の決算特別委員長の大任を拝しました公明党の辻薫でございます。  

大田区議会 2020-09-16 令和 2年 9月  議会運営委員会−09月16日-01号

私は、平成7年の一回目の落選以降、定期的にいぬぶし秀一の余計なお世話レポートという、品のいい名前のついたチラシを全戸ではありませんけれど、相当数配って、結果2回目からは当選をさせていただいたということで、チラシ効果、ましてやきれいごとではない本音で書くことによる区民評価については、大きな効果があると思っております。  しかしながら、チラシをつくる、つくらない。