758件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田区議会 2020-10-15 令和 2年10月  まちづくり環境委員会−10月15日-01号

10月10日、土曜日、3時45分、強風波浪注意報が発令されました。  2番、大田区の水防態勢についてでございます。10月9日、17時15分、監視態勢を設置いたしました。10月10日、土曜日、8時半に水防一次態勢に移行いたしました。  (2)水防態勢配備人員につきましては、合計154名で対応いたしました。内訳は記載のとおりでございます。  3番、降雨量でございます。

世田谷区議会 2020-10-01 令和 2年  9月 決算特別委員会-10月01日-03号

昨年九月に発生した台風第十五号では、強風により、区の報告ですと百件に及ぶ倒木があったということで、私も驚くような倒木の場面に何度か出くわしましたけれども、区道上の大きな街路樹が倒れるなど被害発生をしております。近年の多発している自然災害に対する防災観点からも、街路樹に限らず、日頃からの樹木維持管理は大変重要な観点となっております。  

大田区議会 2020-10-01 令和 2年 9月  決算特別委員会−10月01日-01号

風水害でも、強風屋根や壁や窓も塀も破損すれば災害ごみ浸水により家具や家電も水につかると全てが災害ごみとして出されてしまうことがあります。大量に発生した災害ごみは、復旧の足かせになり、災害ごみの迅速な処理は早期の復旧につながります。  まず、災害ごみに関する説明をさせていただきます。決算特別委員会内の須藤のファイルを注目してください。  資料1を見てください。

大田区議会 2020-09-24 令和 2年 9月  まちづくり環境委員会−09月24日-01号

等々力排水樋門につきましては、道路冠水により、強風により操作ができなかったと世田谷区より報告を受けてございます。  その右側をご覧ください。こちらが計画運用でございます。  条件といたしましては、樋門操作のところに書かせていただいてございますけれども、三つの樋門は全閉状態となっている状況でございます。  その右側をご覧ください。

江戸川区議会 2020-09-24 令和2年 第3回 定例会-09月24日-03号

区も支障が出ないよう、定期的に枝葉の伐採を行うとともに、新たに整備される路線においては、植栽基準見直しを行うとともに、道路工事等に伴い、街路樹を植え替えてきていますが、区民の皆さんから根が長く伸び過ぎて、車イスや杖、乳母車などで通りにくいという声や、台風などの強風で倒れないか心配だという声を多く聞きます。  

大田区議会 2020-09-15 令和 2年 9月  地域産業委員会−09月15日-01号

一方で、昨年の令和元年台風15号のような強風令和元年台風19号のような浸水被害から命を守るために避難できる場所がほしいとの切実な地域住民の要望があるのも事実であり、まだ話し合う機会が必要と感じます。よって、継続を求めます。 ○松本 委員長 続いてエール。 ◆野呂 委員 エールおおた区議団は、2第132号 田園調布せせらぎ公園の今後の整備の見直しを求める陳情は採択でお願いします。  

大田区議会 2020-09-11 令和 2年 第3回 定例会−09月11日-02号

地震だけでなく強風でも倒れる可能性のある塀の安全を確保することは必須だと考えます。  私は、平成28年熊本地震発生後、復旧活動に入り、大量に倒壊したブロック塀の片づけに関わりました。令和元年台風15号では、千葉県鋸南町にて強風で倒れたブロック塀を片づけました。ブロック塀倒壊防止も大規模災害時の災害ごみ削減につながります。  そこで伺います。

目黒区議会 2020-09-10 令和 2年生活福祉委員会( 9月10日)

1枚ものの資料で、この定例会報告事項となっているものがございまして、この裏面に記載のとおり、臨海斎場の行った専決処分でありまして、斎場駐車場において強風によって倒れた斎場所有の自転車が駐車中の業者車両を傷つけたことによる3万4,000円余の賠償金について、保険によって支払ったことが報告され、承認されたものでございます。  

世田谷区議会 2020-09-02 令和 2年  9月 都市整備常任委員会-09月02日-01号

◎市川 公園緑地課長 本件は、昨年九月に発生いたしました台風十五号の強風公園樹木の枝が折れ、隣地駐輪場屋根を損壊した事故関連でございます。  本件事故発生報告は、昨年十一月十二日、損害賠償額の決定につきましては七月三十一日の当委員会において御報告した案件でございます。本日は、議会の委任による専決処分について御報告するものでございます。  

世田谷区議会 2020-07-31 令和 2年  7月 都市整備常任委員会-07月31日-01号

本件は、令和元年九月に発生いたしました台風十五号の強風公園樹木の枝が折れ、隣地駐輪場屋根を損壊した事故関連でございます。昨年十一月十二日の本委員会において、事故発生報告した後、相手方と交渉が進みまして、このたび損害賠償額が決定しましたので、御報告するものでございます。  

豊島区議会 2020-07-08 令和 2年都市整備委員会( 7月 8日)

これ撮るときに掃除したのかもしれませんけど、本当に、傘はもう強風にあおられて、破れたらもうそのまま、傘も二、三本ありましたし、それから、ビニールの紙だとか、とにかくマスクはいっぱいありましたね。それが1週間たっても同じ状況だったから、これはひどいなと、これは管理も本当に、もっとこういう実態はきちっと区がつかんで、やはり国土交通省万世橋出張所にきちっと言うべきだなと。  

大田区議会 2020-06-12 令和 2年 第2回 定例会−06月12日-02号

同年9月18日の集中豪雨では、山王一丁目先の駐車場土留めが約7メートルにわたり倒壊、また平成30年の台風24号、令和元年台風15号では、倒木建物損壊、電線の断線など強風による被害が多数発生しました。これらの被害は川の近くや低い土地、急傾斜地で数多く発生しておりますので、こうした特性を有する区域に対しては、特に重点的に風水害対策重要性を強く呼びかけていく必要があると考えております。

板橋区議会 2020-06-09 令和2年6月9日都市建設委員会-06月09日-01号

また逆に、風対策として、新たにその際に覆いをするというようなことにつきましては、逆に新たな危険性を伴う作業についての危険性、または強風時にそれが飛ばされてしまうというような危険性も逆にリスクが高まりますので、そこにつきましては、今のところ考えていない状況でございます。 ◆高山しんご   ありがとうございます。  

大田区議会 2020-05-12 令和 2年 5月  まちづくり環境委員会−05月12日-01号

4月18日、7時41分、大雨・雷・強風波浪注意報が発表いたしました。13時9分、洪水警報が発表。  2番、大田区の水防態勢についてでございます。4月18日、朝8時半、監視態勢を設置し、13時15分に水防一次態勢に移行いたしました。  2番、水防態勢配備人員合計91名で今回は取り組みました。  

大田区議会 2020-03-16 令和 2年 3月  予算特別委員会−03月16日-01号

地震対策のみならず、強風対策としてもブロック塀の点検・管理は必須です。  大田区において、平成30年のブロック塀等改修工事助成事業は13件にとどまっており、令和元年度は2月末現在で9件と伺っています。  大田区内には通学路沿いにある高さ2.2メートルを超える塀が約175か所あり、こうした塀の改修を着実に進める必要があります。  

世田谷区議会 2020-03-13 令和 2年  3月 予算特別委員会-03月13日-06号

◎佐々木 砧総合支所街づくり課長 委員の御指摘もあり、区でも現地を確認したところ、掲示したポスター三枚とも強風が原因により剥がれてしまったのか、確認することができませんでした。区では、速やかに新たなポスターを作成し、さきの状況を踏まえて、風雨に耐えられるように加工し、再度、掲示をさせていただいております。