1010件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

目黒区議会 2020-12-09 令和 2年企画総務委員会(12月 9日)

件名は、重要文化財建造前田家本邸サイン整備及び樹木保全工事。  契約金額は、2,983万2,000円。  履行場所でございますが、おめくりいただきますと、案内図をおつけしてございます。  契約内容は、資料記載のとおりでございまして、実施計画事業として修復整備等を行うものでございます。  契約の相手方は、上目黒四丁目の株式会社西花園。  契約年月日及び工期は、資料記載のとおり。  

大田区議会 2020-11-13 令和 2年11月  まちづくり環境委員会−11月13日-01号

うのですけど、やっていただけると、本当に区にとっての財産だと思いますので、守っていっていただきたいなということと、要望だけで終わってしまいそうですけど、一応質問としては、そういったものに対して、区としての考え方、今、同じようなことになるとは思うのですけど、聞きたいなと思っていまして、ぜひ今、課長答弁にあったみたいに自然を守っていくというのは、区としてもあると思うのですが、今、話になかったので、歴史的な建造

世田谷区議会 2020-11-12 令和 2年 11月 地方分権・本庁舎整備対策等特別委員会−11月12日-01号

ただ、しかしながら、今回の現建造の外部は可能な限り残し、スケルトン改修ということをした場合に、先ほど質問にもさせていただきました工期部分あとは様々な費用等、現実的ではないのかなという部分がございますので、その点を理由に挙げまして不採択とさせていただきます。 ◆高久則男 委員 公明党としては、結論的には不採択です。  

大田区議会 2020-10-06 令和 2年 9月  決算特別委員会−10月06日-01号

図書館特別出張所に置かれていますが、今後、このような貴重な歴史的建造保護への取り組みをどのようにお考えでしょうか。 ◎玉川 教育総務部長 貴重な歴史的建造につきましては、これまでも様々な調査を行っております。直近では、平成29年度に古民家調査を実施しまして、大田区の文化財第42集と第43集にまとめ、保護取り組みを行っております。  

大田区議会 2020-09-28 令和 2年 9月  決算特別委員会−09月28日-01号

◆荻野 委員 VRといいますと、主にこういうデスクトップモードもあるのですけれども、ゴーグルをつけて、ゲームでいうとFPSという一般視点FPSという射撃ゲームのように一人称、自分の目で見ているのと同じ視点でこの仮想現実の世界を見られるということにもなるのですけれども、例えば、空港などの広大で迷いやすい施設での案内としての利用はもちろん、大田区の歴史的な建造、風景繁華街などの建物保存、再現にVRChat

港区議会 2020-06-26 令和2年第2回定例会−06月26日-10号

教育長は本会議答弁で、旧東京簡易保険支局は「区内に残された貴重な歴史的建造の一つ」と答弁しています。  現在、解体工事が進んでいます。今ストップしないと貴重な文化財的価値のある建物が消えてしまいます。 一、港区として、引き続き、事業者に対して敷地と建物保存を要請すること。 二、港区指定有形文化財に指定すること。それぞれ答弁を求めます。  

港区議会 2020-06-25 令和2年第2回定例会−06月25日-09号

次に、旧東京ぬき倶楽部別館の歴史的建造文化財指定についてお伺いします。  三田一丁目にある東京ぬき倶楽部は、東京二〇二〇大会の最後のゲストをお迎えし、八月に閉館する予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、急遽四月末で閉館となりました。急な閉館で、さぬき倶楽部に愛着のある方々には本当に惜しまれています。

目黒区議会 2020-06-22 令和 2年都市環境委員会( 6月22日)

地区計画の区域内における建造の制限とか、そういったものが出てくるのかどうか、それも確認させてください。  以上、2つです。 ○小林地区整備課長  先ほどの芋川委員の御質疑の中に1点ございましたイメージ図につきまして、都市計画の原案の案の際に皆様にお配りした資料がございますので、こちらにつきまして、後ほどお配りさせていただきます。  2点目の御質問に関してお答えいたします。

江東区議会 2020-06-16 2020-06-16 令和2年区民環境委員会 本文

深川東京モダン館は、門前仲町一丁目19番地に所在しておりまして、昭和7年建築の旧東京深川食堂を活用した施設でありまして、国の登録有形文化財建造となっております。現在は一般社団法人江東観光協会深川支部が置かれておりまして、区の観光案内や展示、まちあるきツアーなどさまざまなイベントを展開しているという場でございます。  

世田谷区議会 2020-03-23 令和 2年  3月 予算特別委員会−03月23日-08号

このたび梅ヶ丘にオープンします「うめとぴあ」の中の保健医療福祉総合プラザでは、まさにグリーンインフラ建造というようなことで施設整備を行っておりまして、これからの区役所本庁舎でも取り入れていきたいと思います。  ようやくグリーンインフラが国の問題意識となり、世田谷区の取り組みを今こそ区民に周知することが必要な時期だと思います。

葛飾区議会 2020-03-13 令和 2年建設環境委員会( 3月13日)

何が申し上げたいかというと、180棟の数字が大きいか小さいかは別としましても、せっかく東京都が条例まで制定して、こういうことに乗り出したわけなので、本区にとっては58年以前のマンションを建造というのは非常に今後の、災害時においても、いろいろな防災の面でも、ちょっと適切な言葉が浮かびませんが、悩ましい区内建造だと思うのですね。  

目黒区議会 2020-03-10 令和 2年予算特別委員会(第3日 3月10日)

最後重点課題4つ目に生涯学習の推進というのがあるんですけれども、これについては文化財保護の観点から、歴史的建造調査ですとか遺跡の調査あと図書館では障害者サービス、これを今後、より充実していきたいと、こういったところを重点的な取組として考えているところでございます。  以上です。 ○吉野委員  ありがとうございました。  それでは、再質問を行います。  

江東区議会 2020-03-09 2020-03-09 令和2年区民環境委員会 本文

有形文化財建造渋沢家住宅(部材)、所在地は木場2-15-3、清水建設東京木工場所有者清水建設株式会社でございます。  本件につきましては、令和元年10月1日に文化財として登録された後、文化財保護審議会の諮問、答申を経て、本年1月6日に教育委員会指定文化財として指定されたものでございます。  旧渋沢家住宅は、明治から昭和にかけて渋沢栄一氏とその家族が暮らした住宅でございます。

大田区議会 2020-03-05 令和 2年 3月  まちづくり環境委員会-03月05日-01号

国の登録有形文化財を活用して整備された公共施設でございまして、古い歴史的建造と新しい建物を融合させたという点で活用している点に加えまして、記念館外構と隣接する区道の歩道や歩道端部植栽スペースなど、記念館と道が一体的な景観を生み出し、風致地区洗足池まちなみの魅力に貢献している点が評価されてございます。  以上が、8物件でございます。