70件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

江戸川区議会 2018-03-06 平成30年予算特別委員会(第6日)−03月06日-06号

ところが、大正6年の高潮だとか、いろいろな災害を受けて、昭和32年には4.5キロメートルにわたる海岸堤防ができて、さらにその後に産業の重化学工業化が進んで、東京湾が汚染をして、さらに葛西沖の後背地のほうについては、建設残土が捨てられたり、廃棄物が捨てられたりと、さらには地盤沈下もあって非常に荒廃した状態になったと。

足立区議会 2017-12-04 平成29年 第4回 定例会−12月04日-02号

現在、区が実施する公共施設の建設工事におきましては、循環型社会の構築に向け、建設リサイクル法や東京都建設リサイクルガイドラインに基づき、建設資材のリサイクル品を積極的に使用するとともに、建設残土の場内処分をはじめとする廃棄物の排出抑制、資源の再利用を見据えた分別と処分を行っております。  

江戸川区議会 2016-02-24 平成28年 第1回 定例会−02月24日-03号

本交差点を右折する大型トラックは主に栃木、茨城、埼玉など、建設残土などを積載する大型車両です。これらの車両は環状七号の渋滞を回避すべく、恐らく三郷で高速をおり、環状七号を南下していく車両が多いそうです。都市計画道路二百六十四号線の拡幅も進捗し、道路幅により車両の増加、スピードなど危険が増します。終日規制は難しいと思いますが、せめて通学時間の朝八時ごろまでの規制が必要なのは明らかです。

江東区議会 2014-06-20 2014-06-20 平成26年清掃港湾・臨海部対策特別委員会 本文

オリンピック・パラリンピックのためのいろいろな施設を建てる際の建設残土や、建てかえたりすれば廃棄物も出てくるだろうし、そういうオリンピック・パラリンピックを見越してのごみというのは、きちんとこの中に反映されているのかどうか。  それからもう一つ、江東区は、新江東清掃工場という非常に大きい工場を持っているわけです。

港区議会 2014-01-14 平成26年1月14日交通・環境等対策特別委員会−01月14日

○委員長(沖島えみ子君) それでは、私からは先ほど言いましたけれども、磁界の問題、あるいは建設残土の問題、交通への影響等について、理事者の意見もありましたけれども、ぜひそれにもつけ加えていただきたいと思います。費用についても本当に高過ぎるということと、それが本当に経済効果ということで役に立つのかどうなのかという疑問は感じております。特に時間が短縮されるだけに、中間駅が少ないのです。

江東区議会 2013-12-05 2013-12-05 平成25年清掃港湾・臨海部対策特別委員会 本文

それから、新海面処分場は最後の処分場ですけれども、ごみの減量やリサイクルをやっていくのはもちろんなのですが、それだけではなくて、建設残土やしゅんせつ土というようなあらゆる分野で発生抑制やリサイクルに取り組んでいくべきだと思うので、その辺、東京都はどう努力をなさっているのか。  それから、最終処分場は非常に危険物が多くなってきています。

北区議会 2013-11-19 平成25年  全員協議会-11月19日−01号

このような形で水分を多く含む発生土にコンクリート殻がかなり混入してございまして、当初、建設残土という搬出でございましたが、不良土であったため、当初予定の受け入れ先を変更せざるを得なくなったということから、搬出先を変更したための処分費の増額となっておるものでございます。  (5)といたしまして、天井脱落対策の新規定への対応及び施設の利便性向上のための変更でございます。

江東区議会 2013-09-30 2013-09-30 平成25年予算審査特別委員会 本文

まず、先行しての土壌汚染調査はどうかというお尋ねでございますが、一般的な建設残土の処分につきましては、中央防波堤の内側処分場、それから新海面処分場、大井ふ頭処分場等が受入基準を設けてございまして、土質検定試験後1年以内の報告書をもって受け入れを判断するとしてございます。

墨田区議会 2013-02-13 平成25年  新タワー・観光対策特別委員会-02月13日−01号

今回、建設発生土が2万7,858トン排出されましたが、全体の排出量としましては予測結果と同程度ということでございまして、今回の建設発生土も建設残土として適正に処分したというところでございます。  次に別紙2-6をご覧ください。  建設汚泥は表2-8のとおり予測結果を大きく上回るものでございました。前回の報告で杭本数や地下連続壁の増加等により、建設汚泥が増加したと報告させていただきました。

江東区議会 2012-11-28 2012-11-28 平成24年第4回定例会(第12号) 本文

東京都は、ここに都民からの募金で得た苗木を植えて、ごみと建設残土で形成された中央防波堤内側埋立地を緑の森にする「海の森計画」を進めています。  平成19年に開始した募金が、昨年には苗木48万本に相当する5億円の目標額を達成し、88ヘクタールのうち12ヘクタールの植樹が完了しました。2007年から本格的に植樹を開始し、30年をかけて完成する予定で、2016年には一部開園予定とのことです。  

豊島区議会 2012-10-04 平成24年総務委員会(10月 4日)

○小林ひろみ委員  いわゆる建設残土と言われるもので、産業廃棄物にはなるんでしょうけれど、いろいろ埋め立てに使ったり、いろんなことに使うんだろうと思うんですけれど、そういう一連の過程の中で今回の鉛が発見されて、それによってやはり契約自体、特別な費用もかかるし、本来だったら、先ほど都から買うときは結構区は慎重にというか、ちゃんときれいにしてくれとやって、それで、住民の皆さんにも安心、心配ないですよと、

墨田区議会 2011-11-16 平成23年  新タワー建設・観光対策特別委員会-11月16日−01号

ただ、平成22年7月から23年1月までに発生した5万718立方メートルの建設発生土は、建設残土として適正に処分したということでございます。  次に、建設汚泥については表5−8のとおりでございまして、平成23年1月時点で汚泥を発生する工事はほぼ終了しており、予測結果を大きく上回っているという状況でございます。

大田区議会 2011-11-02 平成23年11月  都市・環境委員会−11月02日-01号

◎西山 都市計画担当課長 聞いている範囲では、これについては都内で発生した、建設残土ということで聞いているところでございます。 ◆奈須 委員 被災地のがれきの話も含めて。この間、安全性の問題が一つ、議論をされてきたとは思うのですけれども、一方で、私がちょっとおかしいのではないかなと思うのが、23区では不燃ごみだったプラスチックを燃やしている理由が、埋立処分場の延命だったのですよ。

台東区議会 2011-07-25 平成23年 7月企画総務委員会−07月25日-01号

を貸し付けるに当たりまして、ヒューリックのほうで土地の調査のほう、土壌の内容の調査について6月に行ったところで、その結果が出まして、その中で基準値を若干上回る砒素が出たという報告がございまして、これに対応するために、産業建設委員会のほうにご報告させていただくに当たりまして、臨時に開いていただきまして、そこでご報告させていただいたところでございまして、ただ、そちらの産業建設委員会の中でも、その土壌の建設残土処分

台東区議会 2011-07-25 平成23年 7月産業建設委員会-07月25日-01号

次に、項番2の建設残土処分についてでございます。今月6日に臨時で開催していていただきました本委員会へのご報告後、近隣説明会及び浅草橋地区町会長会議にご報告いたしました。まず、近隣説明会では6名の出席がございましたが、特に問題なく終了しております。また、町会長会議におきましても、特にご意見等はございませんでした。  次に、項番3の今後の予定でございます。

台東区議会 2011-07-06 平成23年 7月産業建設委員会−07月06日-01号

◎前田幹生 文化産業観光部副参事 今回の地質分析調査につきましては、本事業の事業場所について建設残土を搬出に当たって分析を行ったということでございまして、あくまで旧福井中学校の敷地の中で砒素が含まれる土壌であったという結果がわかったのみでありまして、周辺がどのような状況であるのかというのは、区としては正直わからないというのが実態でございますので、現時点でこの事業の範囲内でそういった調査を実施するという

大田区議会 2011-02-15 平成23年 2月  総務財政委員会−02月15日-01号

なぜかと申しますと、土地を購入するたびに建設残土の処理に対する中身を、すべて掘って調査しなければ原因がわかりませんから、そういったことは通常取引の中では行ってございません。仮に出てこなければ、まるまるその全部を調査をする軽費がむだになってしまいますので、そういった2点から上告をしたということでございます。 ○水井 委員長 それでは、委員の皆さんの質疑を行いますけども、上から順番にいきましょうか。

板橋区議会 2010-08-25 平成22年8月25日区民環境委員会−08月25日-01号

◆すえよし不二夫   埋め立ての中に、全体的に言えば川の中からしゅんせつごみ、建設残土等も含まれているんですけれども、ここでいう埋立量には入っていないというふうに理解していいのか、どうでしょう。 ◎清掃リサイクル課長   建設残土等の産業廃棄物につきましては、私どもの計算の根拠からは外してございます。