8504件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

千代田区議会 2019-09-17 令和元年地域文教委員会 本文 開催日: 2019-09-17

7月には、東京都の中高層建築建築に係る紛争の予防と調整に関する条例に基づく説明会を開催いたしました。10月、11月に入りましたら、解体工事のご説明会をやりたいと。こちらに関しては、3定の議決後、業者が決まりまして、ご説明会を開くという形になります。  令和2年度になりましたら、新築工事工事説明会を考えております。

千代田区議会 2019-09-17 令和元年企画総務委員会 本文 開催日: 2019-09-17

このような中、まちの課題解決に向けた地域による検討を進めるため、こちらの「これまでの経緯」というところにも書いてございますが、平成18年に神田練塀町地区まちづくり準備組合が設立され、26年1月に第一種市街地再開発事業及び高度利用地区の都市計画決定、29年4月に施設建築の着工に至り、本年8月に竣工を迎えました。  建築の概要は資料に記載のとおりです。

品川区議会 2019-08-27 行財政改革特別委員会_08/27 本文 2019-08-27

敷地の面積といたしましては1644.92m2、現況建築は今申し上げたとおり、建物が2棟建っている状態です。用途地域といたしましては、第一種低層住居専用地域高さ制限が10mといったところでございます。  本物件のこれまでの経緯でございます。国の関東財務局から当該国有地につきまして、介護施設整備に係る減額貸付による活用の要望ということで照会が国のほうからありました。

目黒区議会 2019-08-07 令和元年都市環境委員会( 8月 7日)

平成20年度から始まりました、またこれは毎年実施しております木造を中心といたしました建築耐震化促進及び耐震化に関する知識の普及を図るために、また本年度も耐震フェアを実施するということでございます。  項番1、日時でございます。  9月17日火曜日から19日の木曜日、3日間でございます。時間は午前9時から午後5時まででございます。  

葛飾区議会 2019-07-25 令和元年建設環境委員会( 7月25日)

騒音・振動なのですけれども、既存建築の解体については所管課と十分協議をされたい。  それから建設作業に伴う騒音・振動ベルは、一応基準を、先ほど満たすものというふうにご説明いたしました。今、低騒音・低振動型の機械がどんどん出ていますので、そういう機械を積極的に選択してほしいということで記載させていただいてございます。  

目黒区議会 2019-07-10 令和元年都市環境委員会( 7月10日)

本年7月3日に、目黒区原町一丁目の建築におきまして、建築基準法第6条に基づきます手続に関する違反行為が行われていることが判明いたしました。内容につきましては以下のとおりでございまして、項番1、違反建築の主たる概要でございます。  (1)建築主、株式会社ピーエイ。代表取締役社長、加藤博敏でございます。  

足立区議会 2019-07-03 令和 元年 第2回 定例会−07月03日-03号

49号議案 足立区経済活性化基本条例の一部を改正する条例   第 8 第50号議案 足立区創業支援施設条例の一部を改正する条例   第 9 第51号議案 足立区災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例   第10 第52号議案 足立区介護保険条例の一部を改正する条例   第11 第53号議案 足立区宅地開発事業調整条例   第12 第54号議案 足立区興野周辺地区地区計画の区域内における建築

港区議会 2019-06-28 令和元年6月28日建設常任委員会−06月28日

次に、議案第38号「港区地区計画の区域内における建築制限に関する条例の一部を改正する条例」でありますが、本案は、都市計画決定された西麻布三丁目北東地区地区計画及び都市計画決定が変更された品川駅周辺地区地区計画の区域内における建築制限を定めるものであります。  本委員会におきましては、現地視察を行い、理事者より提案補足説明を聴取した後、質疑を行いました。

港区議会 2019-06-28 令和元年第2回定例会−06月28日-09号

                                 (以上 保健福祉常任委員会審査報告) 日程第三十八           保健福祉常任委員会からの中間報告について 日程第三十九           保健福祉常任委員会の継続審査申出について 日程第四 十 議 案 第三十六号 港区公園条例等の一部を改正する条例 日程第四十一 議 案 第三十七号 港区公衆便所条例の一部を改正する条例 日程第四十二 議 案 第三十八号 港区地区計画の区域内における建築

足立区議会 2019-06-27 令和 元年 6月27日建設委員会-06月27日-01号

足立区環境整備基準のほうで、基準というか、この趣旨にのっとってというふうにされているのが、足立区中高層建築等の建築に係る紛争の予防及び調整条例というものの趣旨に鑑みてということになっているのですが、ここを見ますと説明会の開催に当たっては5日前までに掲示、文書配付等によって周知してくださいということになっています。

港区議会 2019-06-26 令和元年6月26日保健福祉常任委員会-06月26日

そのような状況だということですので、今回みたいに説明会があって、港区中高層建築等の建築に係る紛争の予防と調整に関する条例紛争予防条例で建物の説明があって、その中で住民の方たちが頑張って、民泊は反対、心配事を伝えて、計画の見直しというところまで来ていますけれども、住環境にふさわしいところでの建物という形で規制をかけないと、既に建っているものが民泊に転用されていくとか集客施設になっていくなどということが

江東区議会 2019-06-25 2019-06-25 令和元年防災・まちづくり・交通対策特別委員会 本文

ルールの1)建築等の用途制限でございます。設問の3番目にございます、砂町銀座商店街沿道における1階部分の用途制限商店街としての活況の妨げとなる用途、具体的には、住宅系用途、倉庫系用途を制限するルールでございますけれども、こちらは約80%の方が必要と回答しているところでございます。  2ページのルールの2)建築の敷地面積の最低限度でございます。

港区議会 2019-06-25 令和元年6月25日総務常任委員会-06月25日

施設課長(大森隆広君) 建築基準法の規定の中で、手続の一環として港区中高層建築等の建築に係る紛争と調整に関する条例というものがございます。そちらにつきましては、ことしの2月に手続を踏んで、平日の夜、休日で、2回プランについてご説明した経緯がございます。 ○委員(黒崎ゆういち君) 例えばこの議案の2ページの、それぞれ何がどこに配置されるかというようなことも含めて説明がなされたということですか。

港区議会 2019-06-25 令和元年6月25日建設常任委員会-06月25日

上から3段目が、建築してはならない建築の欄になります。ここでは、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律、いわゆる風営法第2条第1項に掲げる風俗営業及び同条第5項に規定する性風俗関連特殊営業のいずれかの用に供する建築。カラオケボックス、射的場、ナイトクラブ、住宅部分の容積率が10分の62未満の建築など、建築してはならない建築を規定してございます。  次に、上から5段目になります。

台東区議会 2019-06-25 令和 元年 6月企画総務委員会-06月25日-01号

◎反町英典 施設課長 2020年までに新築公共建築でネット・ゼロ・エネルギー・ビルの実現を目指すというのが閣議決定されているのは存じ上げております。区としましては、他区の動向を確認しながら、さらなる省エネ化に向けて対応策を勉強いたしまして、区有施設の省エネ化を進めてまいりたいと思います。また、環境基本計画の策定に際しましても、所管課と調整を行いまして、しっかりと対応してまいりたいと思います。

港区議会 2019-06-24 令和元年6月24日建設常任委員会−06月24日

        増 田 裕 士  土木課長    佐 藤 雅 紀  地域交通課長               海老原  輔  街づくり事業担当部長           坂 本  徹 〇会議に付した事件  1 審議事項   (1) 議 案 第36号 港区公園条例等の一部を改正する条例   (2) 議 案 第37号 港区公衆便所条例の一部を改正する条例   (3) 議 案 第38号 港区地区計画の区域内における建築

世田谷区議会 2019-06-21 令和 元年  6月 定例会−06月21日-04号

する条例  第 五 議案第四十九号 世田谷区立若林小学校解体工事請負契約  第 六 議案第 五十 号 旧世田谷区立花見堂小学校解体工事請負契約  第 七 議案第五十一号 防災行政無線(固定系)デジタル工事(令和元年度)請負契約  第 八 議案第五十二号 世田谷区放課後児童健全育成事業の設備及び運営の基準に関する条例の一部を改正する条例  第 九 議案第五十三号 世田谷区地区計画等の区域内における建築

板橋区議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会-06月21日-03号

大谷口二丁目児童遊園内に設置されている大谷口いこいの家は、建蔽率17.8%で公園内に建築可能となる建築の大きさを建蔽率2%までとする法に反していて、撤去せざるを得ないということから廃止するものです。  まず廃止に反対する第一の理由は、いこいの家の廃止はしてはならないということです。