運営者 Bitlet 姉妹サービス
13491件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-01 豊島区議会 平成31年予算特別委員会( 3月 1日) 定員管理計画では、平成38年に1,800人という削減目標がありますけど、その削減をありきということではなくて、やはり人口に見合う、需要に合う職員の定数管理というのが必要だと思いますが、今後の職員の定数に関してはいかがでしょうか。 ○渡邉行政経営課長  一般質問のほうでも御答弁させていただいておりますが、削減ありきではない定員管理計画ということで考えてございます。 もっと読む
2019-02-04 港区議会 平成31年2月4日保健福祉常任委員会-02月04日 延床面積、保育定員等については記載のとおりでございます。  項番2、これまでの経緯です。区では、待機児童解消に向けて旧本村保育園等を活用しまして、緊急暫定保育施設として平成27年4月に南麻布三丁目保育室を開設いたしました。 もっと読む
2019-01-21 港区議会 平成31年1月21日保健福祉常任委員会-01月21日 定員40人の認証保育所に対しては、年間95万円程度の交付額を見込んでおります。適用日については、既にこのような取り組みを行っている認証保育所もあることから、平成30年4月1日としております。  次に、(2)修繕費についてです。①補助内容に記載のとおり、開設後10年が経過している施設を対象に、施設・設備の修繕に要する経費の2分の1、250万円を上限に補助するものです。 もっと読む
2018-12-26 港区議会 平成30年12月26日区民文教常任委員会-12月26日 表中の網掛け部分が、応募が定員を超えて抽選となった幼稚園です。当初受付では3歳児で5園、12月6日の追加受付で1園、4歳児では1園で南山幼稚園が抽選となっております。昨年度は3歳児で当初受付・追加受付合わせて9園が抽選となりましたので、抽選対象となった幼稚園は減少しております。5歳児は麻布幼稚園が募集定員の拡大を行いまして1名の応募がありました。 もっと読む
2018-12-21 足立区議会 平成30年 第4回 定例会−12月21日-05号 委員の方から、議員の定員増の考え方、議会の会派構成をしている人たちには入っていただきたいという趣旨で捉えていいかとの問いに、担当課長は、4名程度を予定、加えて部長からも、4名程度の方にご参加いただきたいと答弁されました。この4という数字が何なのか。  更なる委員の方からの質問があり、区は、各会派を意識してご提案をさせていただいているものでありますと答弁されました。   もっと読む
2018-12-21 港区議会 平成30年12月21日保健福祉常任委員会-12月21日 これに伴い、港区立障害保健福祉センターの工房アミの定員を増員するとともに、新たに放課後等デイサービス等の事業を開始いたします。この事業の拡充に伴い、1階と2階の改修工事を行います。  項番1、主な工事内容でございます。(1)1階ですが、下のアからエにありますように、老朽化している床壁を更新しまして、放課後等デイサービスに必要な改修工事を実施いたします。 もっと読む
2018-12-07 港区議会 平成30年第4回定例会−12月07日-17号 主な内容は、移転後の保育定員の積算根拠及び職員配置における国基準との比較について、保育士の勤務体系や超過勤務などの処遇改善について、高層階からの落下物防止対策について等であります。質疑終了後、採決いたしましたところ、本案は、満場一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。  次に、赤坂子ども中高生プラザの分館の設置に関する三議案についてであります。   もっと読む
2018-12-07 足立区議会 平成30年12月 7日区民委員会−12月07日-01号 なお、今後の方針のところに記載してございますけれども、戻ると同時に学童保育室の定員を30名から50名に拡充する予定でございます。これについての予算計上については、今、事務処理を行っている最中でございます。条例の新旧対照表は2ページに記載してございます。 ○渕上隆 委員長  それでは質疑に移ります。何か質疑ありますか。        もっと読む
2018-12-07 港区議会 平成30年12月7日保健福祉常任委員会−12月07日 主な内容は、移転後の保育定員の積算根拠及び職員配置における国基準との比較について、保育士の勤務体系や超過勤務などの処遇改善について、高層階からの落下物防止対策について等であります。質疑終了後、採決いたしましたところ、本案は、満場一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。  次に、赤坂子ども中高生プラザの分館の設置に関する3議案についてであります。   もっと読む
2018-12-06 足立区議会 平成30年12月 6日総務委員会−12月06日-01号 定員のこの増の5名という考え方で言うと、少なくとも議会の会派構成をしている人たちには入っていただきたいという趣旨で捉えてよろしいですか。 ◎防災計画担当課長 4名程度予定をしております。 ◎危機管理部長 本条例案、ご決定いただいた後に区議会事務局関係の皆様、議員の皆様方とご相談する案件になると思いますが、現在のところ4名程度の方にご参加いただきたいと思っております。 もっと読む
2018-12-05 千代田区議会 平成30年都市基盤整備特別委員会 本文 開催日: 2018-12-05 で、人数については保育園のほうは定員100人にすると。これは区のほうで、100人規模が適切で、大規模はもうやめようよという形になったのでいいんですが。  続いて児童館のほうで、これ、待機児の方たちが実際におられると。入りたくても入れない子がいると。 もっと読む
2018-12-05 足立区議会 平成30年 第4回 定例会-12月05日-03号 新規施設整備等により979人分の保育定員数の拡大を行ったことや新たに三次利用調整を行うなど、利用者支援を充実したことが大きな原因だと聞いております。待機児童の完全な解消とは言えずとも年々その数が減少している事実には一定の評価をするものであります。   もっと読む
2018-12-05 港区議会 平成30年12月5日保健福祉常任委員会-12月05日 ○保育課長(山越恒慶君) 職員につきましては、区立あるいは国の基準で申し上げますと、職員の配置については、それぞれのクラスと定員に応じて職員の配置が決まっております。ゼロ歳児は児童3人につき保育士1人という形での積み上げを行っていくところが基本になりまして、それ以外に区立は延長保育の対応ということで5人加算しております。 もっと読む
2018-12-04 港区議会 平成30年12月4日区民文教常任委員会-12月04日 定員がオーバーしてしまったときなどは困ると思いますが、そのようなことを具体化してほしいなと思います。いかがでしょうか。 ○芝浦港南地区総合支所長・産業・地域振興支援部長兼務(星川邦昭君) いのくま副委員長おっしゃいましたように、ぜひ行いたいなと考えております。 もっと読む
2018-12-04 港区議会 平成30年12月4日総務常任委員会-12月04日 内容は、保育施設誘致促進事業、空きクラスを活用した1歳児定員拡大事業及び認可外保育施設保育料助成をそれぞれ増額するものです。  以上が、歳出の補正です。  続きまして、14ページをごらんください。こちらは、債務負担行為支出額予定調書です。 もっと読む
2018-12-04 豊島区議会 平成30年総務委員会(12月 4日) 当日は80人の定員の会場が本当に入り切れなくて、急遽、第2会場も設けて120人ほどが参加したんです。 もっと読む
2018-12-04 足立区議会 平成30年 第4回 定例会-12月04日-02号 国の基準では集団の規模で、1室の児童の数は概ね40人以下、専用区画の面積は児童1人につき概ね1.65㎡が望ましいとしていますが、区内には定員数で40人を超える学童が32室あります。  また、純粋に保育室のみの面積で弾力化も加味して試算したところ、国基準を下回るところが39カ所もありました。 もっと読む
2018-12-04 港区議会 平成30年12月4日保健福祉常任委員会-12月04日 延長保育の定員が20名で100%稼働と実績のところに書いてありますが、港区立元麻布保育園の延長保育の定員は決まっているのでしたか。  あと、送迎は一番短いルートを選んで、子どもに負担がないようにとなっていますが、一人一人送迎するのですよね。 ○保育課長(山越恒慶君) 送迎についてですが、やはりお子さんの状況によって、乗車時間が変わってくる可能性があると思います。 もっと読む
2018-12-03 港区議会 平成30年12月3日保健福祉常任委員会-12月03日 次に、項番3の保育定員です。保育定員については、現行99人から移転後については130人に拡大いたします。次に、項番4の園舎及び園庭の面積ですが、定員の拡大を行うことから現行の面積をそれぞれ拡大しております。次に、項番5の施行期日ですが、区規則で定める日としておりますが、平成32年1月1日を予定しております。  次に、資料№1-2をごらんください。港区立保育園条例の新旧対照表です。 もっと読む
2018-11-30 豊島区議会 平成30年総務委員会(11月30日) 乗車定員、これにつきましては16名だったものを22名まで増員、乗れるように仕様を変えたというところでございます。これにつきましては、座席をふやしたのではなく、立ち席をオーケーにしたといったところでございます。  次に、モーターの出力でございます。ここにつきましては、東西の連絡によって、池袋大橋を渡るということを想定しております。 もっと読む