23529件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

板橋区議会 2019-08-29 令和元年8月29日文教児童委員会-08月29日-01号

だから、そういうことが事業者選定の配慮とかいう中で、あるいは逆に言うとマニュアルどおりに保育ができればいい、安全が確保できればいいという保育じゃないというところあたりをどう確保するのか。公立から民営化したときに、そこは何をどうやろうとも、どう考えても難しい部分じゃないかと思うんですよ。それでもやるのかということです。どうなんでしょうか。

板橋区議会 2019-08-29 令和元年8月29日都市建設委員会−08月29日-01号

ただ、この鉄道立体化、連続立体交差化事業の効果ということに立ち返ると、あかずの踏切の解消、踏切事故の解消による安全性の向上、そして何よりも、地域の分断を解消し、街が一体化することで、街のにぎわい、地域の回遊性の向上を図られるといったところが挙げられると思いますが、この効果については、地下化にしろ高架化にしろ、その場所場所で立体化を契機に地元区が地域協力しながらまちづくりを進めていくと、例えば駅前広場

板橋区議会 2019-08-27 令和元年8月27日健康福祉委員会-08月27日-01号

ということは、各区の独自判断でこの政策は進められているということなのかなということからすると、板橋区としてはなるべく区民の安心・安全のためにこういった制度をつくられたのかなというふうに私としては考えているところでございます。 ◆吉田豊明   比較する数字が必要だなと感じました。準夜勤でいうとほとんど変わらない。この5年間で、人口がふえているんだけれども、ほとんど変わらない。

板橋区議会 2019-08-27 令和元年8月27日企画総務委員会-08月27日-01号

財政課長   児童相談所、区のほうで設置して進めていくということは、財政云々というものは非常に大きなウエートはありますけれども、区民の方の命と安全というところを考えると、この事業についてとめるということは現段階では、財政的な面からストップをかけるということは考えてございません。

杉並区議会 2019-08-02 令和 元年第2回臨時会−08月02日-16号

規制緩和によって、定数に対して保育士の数も減らされているので、安全を守るのも難しくなっています。施設も、園庭がなかったり、室内も走るスペースがなかったり、子供たちが楽しく遊ぶ環境がありません。それに、保育サービスになっていて、汚れ物まで洗うところも多く、雑用の負担があり、本当に大変です。高所得の人まで無償化する必要があるのかも疑問です。

江東区議会 2019-08-01 2019-08-01 令和元年防災・まちづくり・交通対策特別委員会 本文

13 ◯委員長  今、副区長さんのほうからそういうふうな、ボールが向こう側にあるということはお聞きしていますけど、それでは、この委員会としてね、ほかの南北のバスの問題、交通の問題、それからその他の地下鉄安全対策等を踏まえて、この問題をもし通さなければ、恐らく次の機会にも、陳情に行くつてというのはなくなっていくんじゃないかなと私は考えて、心配して今回皆さんにお

杉並区議会 2019-08-01 令和 元年第2回臨時会−08月01日-15号

カは、健康管理及び安全管理に関する基準といたしまして、身長及び体重の測定等、基本的な発育状態の観察が毎月定期的に行われていること、事故防止の観点から施設内の危険な場所、設備等について適切な安全管理が図られていること等としております。  第2号は、1日に保育する子供の数が5人以下の認可外保育施設に関する基準でございます。  

杉並区議会 2019-08-01 令和 元年 8月 1日保健福祉委員会−08月01日-01号

まず、この基準については国が定めている内容と完全に一致しているものなのか、それとも区として上乗せしている安全基準があるのかどうか教えてください。 ◎保育課長 先ほど他の委員に御答弁しましたとおり、国が示しているもの以外は今回認められていませんので、区として何かいわゆる上乗せしたり変更したりというところはございません。

世田谷区議会 2019-07-31 令和 元年  7月 福祉保健常任委員会-07月31日-01号

◆大庭正明 委員 場所は違うけれども、国立小児病院跡地のときには、注射器等の化学物質というの、要するに、薬品等の汚染というか、そういうものがあって、それを撤去するというか、除去するというか、安全にするとかというような作業があったという記憶があるんですけれども、ここももともと病院、そういう手術をするところではないかもしれないけれども、少なくとも薬品等を扱っていた病院の跡地だということからして、それで東京都

世田谷区議会 2019-07-31 令和 元年  7月 都市整備常任委員会-07月31日-01号

本件事故を踏まえまして、今回は被害を受けた側の立場ではありますが、交差点で起こり得る事故の教訓としまして、逆の立場とならないよう、改めて職員に対して安全運転に関する注意徹底を図ったところでございます。引き続き、事故防止に向け、職員指導を行ってまいります。  報告は以上となります。 ○河野俊弘 委員長 ただいまの説明に対し御質疑がありましたら、どうぞ。    

世田谷区議会 2019-07-30 令和 元年  7月 文教常任委員会−07月30日-01号

また、職員に対して周囲の状況に十分注意し、安全な作業の徹底を図るよう指導したところでございます。  なお、本件の事例も踏まえ、各学校に対しても改めて安全な作業の徹底について注意喚起を行ってまいります。このたびは大変申しわけございませんでした。  御報告は以上でございます。 ○平塚敬二 委員長 ただいまの説明に対し御質疑がありましたら、どうぞ。

世田谷区議会 2019-07-30 令和 元年  7月 区民生活常任委員会−07月30日-01号

また、消費者安全確保地域議会により各所属機関との連携を深め、地域での高齢者消費者被害の見守りネットワークを充実してまいります。さらに、民法改正による十八歳成人へ向けた消費者教育の対応や、持続可能な社会の実現に向け、エシカ消費等の啓発により力を入れてまいります。  御報告は以上でございます。 ○中村公太朗 委員長 ただいまの説明に対して御質疑がありましたら、どうぞ。

江東区議会 2019-07-26 2019-07-26 令和元年オリンピック・パラリンピック推進特別委員会 本文

本年6月に輸送運営計画V2の案が公表されまして、今年度中には取りまとめられる予定となっているため、来年度予算に対する要望としては、右側下線部にあるように、交通需要マネジメントを初めとした交通量緩和策を確実に実施し、ラストマイルにおける警備・誘導を徹底することによる地域安全・安心の対策を求めるなど、より具体的な内容となってございます。  

葛飾区議会 2019-07-25 令和元年建設環境委員会( 7月25日)

また、こちら近隣に大規模住宅大学などがございますので、安全には十分に配慮してほしい、特に車両の出入り口、走行経路及び安全対策工事完了後の関連車両の走行経路、安全対策及び渋滞防止などにつきましても、しっかり関係機関と協議して配慮していただきたいということを書いて、十分に関係機関との協議をしていただきたいということを全般事項で3つ書かせていただいております。  

葛飾区議会 2019-07-23 令和元年保健福祉委員会( 7月23日)

保育園だって入り口が、安全対策のために敷居が高くて、みんな入りにくいから行かないと。  そうすると、多少自転車で行くとか、いろいろ距離はあっても、子育て支援の拠点施設で7カ所のところでは、こういうことは少々費用がかかっても、きちんと施設としてあったほうがいいのではないかと私は、思います。  それで、できないとすれば、何が理由なのか、ちょっと理由を教えていただけますか。

葛飾区議会 2019-07-22 令和元年総務委員会( 7月22日)

施設維持課長           潮 田 勝 人     地域振興部長           石 田 昌 江     危機管理防災担当部長      吉 田   眞     地域振興課長           山 梨 智 弘     戸籍住民課長           須 藤 義 和     危機管理課長           長谷川   豊     地域防災課長           五十嵐 勝 治     生活安全課長

世田谷区議会 2019-07-04 令和 元年  7月 福祉保健常任委員会-07月04日-01号

鉄道事業者との協議につきましては、施工業者が決定する前の設計段階から施工段階において協議を行い、その結果、鉄道安全輸送上の観点から、工法等の変更が必要と判断いたしました。地下工事が終わった昨年十月の段階におきましても、期間のおくれが認められたことから、区と事業者で工期について検討してまいりました。その結果、契約工期を当初の四月三十日から六月二十九日に変更することが必要と判断いたしました。  

世田谷区議会 2019-07-04 令和 元年  7月 都市整備常任委員会-07月04日-01号

陳情の理由としては、園外保育時の園児が安全に横断歩道を渡り切れるようにしたいということ、また、高齢者・子どもの安全を守り、昨今の痛ましい事故を減らしたいということ、以上の二点でございます。  この中で陳情書に記載の青信号の間隔とは、青信号の点灯時間のことと判断いたします。また、東京都とは、交通管理者である東京都公安委員会のことで、実際の窓口は所轄警察署となります。  

世田谷区議会 2019-07-03 令和 元年  7月 区民生活常任委員会-07月03日-01号

鉄道事業者との協議につきましては、施工業者が決定する前の設計段階から進めておりましたが、鉄道事業者からは施工段階においても協議を求められ、その結果、鉄道安全輸送上の観点から工法等の変更が必要と判断いたしました。  当時の工期の見込みでございますが、地下工事が終わった昨年十月の段階においても期間のおくれが認められたことから、この間、区と事業者で工期について検討してまいりました。