36件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

江戸川区議会 2018-06-21 平成30年 第2回 定例会−06月21日-02号

大祭である幟祭は、江戸川区の夏の風物詩にもなっています。善養寺の影向のマツは、樹齢六百年以上とも言われるクロマツで、国の天然記念物に指定されています。  このような歴史的価値のある神社仏閣や史跡は、その存在自体に価値があるものであり、移転により、その価値が減殺される場合もあります。歴史建造物を守り、後世に引き継いでいくことは我々の使命であると感じています。

足立区議会 2017-10-13 平成29年10月13日交通網・都市基盤整備調査特別委員会−10月13日-01号

それからもう一つは、ちょうど先週ですか、大鷲神社さんの12年に1回というか、大祭があって、6年に1回という方もいらっしゃるのですけれども、もともと、酉年だから12年に1回しか来ないわけですけれども、その大々的なお祭りがあって、いろいろと私も、当日行けなかったのですが、うちの仲間というか六木の仲間大分行ったので、亀有から行くと2,500円ぐらいタクシーかかるのですね。

江戸川区議会 2017-09-29 平成29年決算特別委員会(第2日)-09月29日-02号

◆島村和成 委員 それと、学生さんが地元、私の地元というか平井小松川でいろいろ参加をしてくれまして、この間のチャレンジデーにも参加をしてくれましたし、9月に諏訪神社、4年に1回の例大祭がありまして、それのおみこしも町会のはんてんを借りて、外国の方、そういう人たちも担いでくれまして、それはそれなりに地域の方たちとつながりを持とうという向こうは熱い思いを持ってくれていますので、それはよかったなと思っておりますので

世田谷区議会 2016-10-11 平成28年  9月 決算特別委員会-10月11日-07号

◎林 学務課長 自主返納した五件の内訳につきましては、いずれも代田八幡神社例大祭への交際費支出に伴うものでございます。その内訳は、平成二十七年度が二件で、九月十九日と九月二十日、それから平成二十六年度は九月二十一日の二件、平成二十五年度が九月二十二日の一件の合計五件でございます。 ◆桃野よしふみ 委員 今回のこの事件の区の捉え方と今後の対応についてというものをパネルにまとめました。

足立区議会 2016-10-04 平成28年10月 4日基本構想特別委員会-10月04日-01号

先日も地元で大祭がありましたけれども、果たして今の役員たちが引退をされた後に、若い方々が今のうちから少しずつでも関わっていかないと、そういった地域の伝統行事は運営できなくなっていく、そういう時代になってしまうのかなと思うと、これは何とか今のうちに食い止めないといけないなと思っていますが、それは役所の一つの役割として、是非力を入れていただきたいと思います。  

杉並区議会 2016-10-03 平成28年決算特別委員会−10月03日-03号

先日、久我山稲荷神社の氏子の方々より御案内をいただき、例大祭、宵宮の久我山東原公園を視察させていただきました。さきの第2回定例会でも申し上げたとおり、この日の公園は東ノ原神酒所として地域の方々に大変大切に使われてきたわけであります。その公園を閉め出され、詮方なく道ばたに置かれたおみこしと、それを見詰める氏子の方々の表情が何とも私は今でも忘れることができません。  

北区議会 2016-09-09 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月09日−09号

毎年六月三十日と七月一日に行われる例大祭において、お冨士さんの名称で富士山の山開きに合わせて多くの人でにぎわうことが知られています。  現在、都道八十三号線整備事業の対象地域に十条冨士塚がかかっており、幅員拡張により形状が損なわれるのではないかという心配の声が一部聞かれます。  

世田谷区議会 2016-07-28 平成28年  7月 文教常任委員会−07月28日-01号

1の主旨でございますが、北沢地域の神社で例大祭が行われた際に、職員が懇親会への参加をする趣旨で公費を支出したものの、式典において玉串奉奠を行ったことを踏まえ、全庁を対象に実施した調査結果と区の対応を御報告するものでございます。  2の区の基本姿勢についてでございます。

世田谷区議会 2016-07-28 平成28年  7月 企画総務常任委員会-07月28日-01号

北沢地域の神社での例大祭職員が懇親会に参加する趣旨で公費を支出したものの、式典で玉串奉奠を行ったことを踏まえまして、こうした事例について、全庁に調査を実施した結果と区の対応について報告するということでございます。  2の区の基本姿勢でございます。まず一つ目として、(1)でございます。

杉並区議会 2016-06-16 平成28年第2回定例会−06月16日-14号

さらに、時は下って現代、当該公園は、久我山一帯の氏神である久我山稲荷神社の例大祭で、みこし巡行路の最東端の折り返し地点に存在する神酒所として、地元の方々に大変大切に用いられております。言うまでもなく、神酒所とは、祭礼の節、みこしにお移りになった御神霊に、神酒を初め、神饌をお供えする聖なる場所のことであります。

世田谷区議会 2016-06-15 平成28年  6月 定例会-06月15日-03号

平成二十七年度の北沢八幡宮の例大祭における玉串奉奠者名簿に、北沢総合支所長など六名の区職員の名前が掲載されていました。玉串奉奠とは、紙垂をつけた榊を神殿にささげ、拝礼を行うことです。北沢総合支所の現金出納簿を見ると、この例大祭が行われた九月六日に、北沢八幡宮に一万五千円が支出されています。例大祭では区職員が出席し、どのような祭祀が行われたのか、また、公金支出の事実関係についても伺います。  

江戸川区議会 2016-06-13 平成28年 第2回 定例会−06月13日-02号

町会では、盆踊り大会、歳末夜警パトロール詰所などで北口駅前広場を大きく使い、更には、小岩神社例大祭、阿波踊りという、街の大きなお祭りの拠点でもあります。毎年三月には、東日本大震災復興支援活動も駅前広場で行われております。工事期間中、それらのイベント開催に支障が出るのではないでしょうか。  

北区議会 2014-11-26 平成26年 11月 定例会(第4回)-11月26日−14号

王子田楽は王子神社に伝承された民俗芸能で、始まりは中世のころと言われ、江戸時代には旧暦の七月十三日に境内の舞台で、花笠をかぶり、衣装をつけた踊り手が十二番の演目を奉納したことが記されており、戦争で一時中断していましたが、地域の努力により昭和五十八年に復興し、現在は毎年八月、王子神社の例大祭最終日の午後、境内の仮設舞台で地域の子どもたちが踊り手となって、王子田楽がとり行われています。  

江東区議会 2014-10-09 2014-10-09 平成26年厚生委員会 本文

次に裏面になりますけれども、院内コンサートや富岡八幡宮例大祭豊洲町会にみこしの休憩所を提供しました。(2)地域勉強会ですが、周産期センターにより近隣区にも出席いただいた産婦人科カンファレンス等を開催しました。  5の災害拠点病院については、これは主に重傷者の収容、治療を行う病院でありますが、平成27年4月の指定に向け調整中とのことです。  

  • 1
  • 2