266件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

江東区議会 2020-03-13 2020-03-13 令和2年清掃港湾・臨海部対策特別委員会 本文

別表第1は、有明清掃工場の焼却炉の処理能力から、大気汚染防止に規定する排ガスの排出基準値などを記載してございます。  有明清掃工場はこの2年、延命化のため、焼却を行うプラント設備を中心に更新工事を行いました。排ガス処理設備の性能向上により法規制値を計算し直したところ、硫黄酸化物の値が10ppm減少したものでございます。  なお、実際の硫黄酸化物の排出は未検出、ほぼゼロppmであります。  

江戸川区議会 2020-03-11 令和2年  3月 総務委員会-03月11日-17号

アスベストの除去工事につきましては、大気汚染防止ですとか、環境省建築物の解体等に係るアスベスト飛散防止対策マニュアルにのっとりまして、適切に除去、飛散防止対策等を行っていきます。  また、近隣への周知でございますが、江戸川区建築物等の解体及びアスベスト処理工事の事前周知等に関する要綱に基づきまして、標識を設置するとともに、工事計画の内容につきまして説明を実施してまいります。  

板橋区議会 2020-03-10 令和2年3月10日予算審査特別委員会 区民環境分科会-03月10日-01号

環境政策課長   アスベストを含む建築物等の解体工事を行う場合には、大気汚染防止等を含めまして、面積とかにもよるんですけども、届出等が必要になってきます。  併せて、解体をする前までに、これもアスベストの種類によってちょっと異なるんですけども、住民説明会や、あるいは戸別訪問をしなさいというような指導をさせていただいております。  あと、助成制度ですね。

葛飾区議会 2020-03-06 令和 2年予算審査特別委員会第3分科会( 3月 6日)

○(立石駅北街づくり担当課長) 現在の立石駅にアスベストが使われているかどうかというのは現段階ではまだはっきりしておりませんが、実際に工事に入る前にはしっかりした調査を行って、アスベストが使われているということになれば、大気汚染防止ですとか東京都環境確保条例、これに基づいてしっかりと作業内容、それから作業方法を届け出ていただいて工事をしていくことになると思います。

港区議会 2019-12-04 令和元年12月4日交通・環境等対策特別委員会−12月04日

区としては、その建物を解体するときに、アスベストの処理が適正に処理されるようにということで東京都には伝えてございますので、そこは区の要綱ですとか大気汚染防止に基づいた適切な処理というものをしっかり求めていきたいと思いますし、地域の住民の方にも丁寧に説明をしていただきたいという姿勢は変わってございません。

大田区議会 2019-09-27 令和 1年 9月  決算特別委員会−09月27日-01号

◎齋藤 まちづくり推進部長 建物に使用されている吹きつけ石綿、保温材等の作業レベル1、2の解体現場につきましては、大気汚染防止環境確保条例及び大田区特定粉じん排出等作業事務取扱要領に基づき、立入検査を実施しまして、石綿の除去作業等についての指導及び現場監視を行っております。  

豊島区議会 2019-09-12 令和元年環境・清掃対策調査特別委員会( 9月12日)

窒素酸化物につきましても、調査結果は30から34ppmと、大気汚染防止の規制値及び自己規制値を十分に下回っており、問題のない結果となってございます。水銀につきましても、調査結果は法規制値の50マイクログラム/ノルマル立方メートルを十分に下回っており、0.16から0.44マイクログラム/ノルマル立方メートルと問題のない結果となっております。  

豊島区議会 2019-06-11 令和元年環境・清掃対策調査特別委員会( 6月11日)

平成30年度現在、大気汚染防止に基づき基準が定められておりますのは、表側の上からばいじん、硫黄酸化物、窒素酸化物、塩化水素、そして水銀平成30年4月からそれまで自己規制値として管理しておりました水銀が新たに加わりまして、表の5項目となっております。調査結果でございますが、ばいじん、硫黄酸化物、塩化水素につきましては、全て不検出でございました。

港区議会 2019-02-27 平成31年度予算特別委員会−02月27日

その調査において、アスベスト含有建材がある場合、比較的飛散性が低いレベル3の建材については除去計画報告書を、より飛散性の高いレベル1、2の建材については、その使用面積や建物延べ床面積により、大気汚染防止東京都の都民の健康安全を確保する環境に関する条例に基づく届け出等をさせ、法令等に基づく適切な除去作業や処分方法などを指導しております。  

江東区議会 2019-02-27 2019-02-27 平成31年予算審査特別委員会 本文

それから、吹きつけ材のアスベスト、それから保温材や断熱材へのアスベストが使用された場合、こちらについては大気汚染防止及び環境確保条例に基づき届け出の義務がありますので、事前相談など、特に工事に当たってのお願いであれば、文書をお渡しして、アスベストの関連法令を厳守、また周辺環境への飛散防止対策の徹底をしっかり周知して、業者さん等に対応していただくようにお願いをしてございます。  

大田区議会 2018-11-30 平成30年11月  まちづくり環境委員会−11月30日-01号

ちょっと確認なのですけれども、最近、アスベストのある建物についての合法な解体ができているかどうかというところでなのですが、今、大田区として、いわゆる成形板と言われている含有建材が使われている建物が違法に解体されている事例が増えてきているのではないかという心配があって、大気汚染防止に基づいた事前調査というのが解体の場合には義務づけられているのですけど、そのあたりは徹底されているのでしょうか。

世田谷区議会 2018-11-29 平成30年 12月 定例会−11月29日-03号

大気汚染防止では、事前調査における資格について規定がされていないことから、区では特定建設作業の届け出に際し、東京都建築物の解体等にかかわるアスベスト飛散防止に関する対策マニュアルに従い、石綿に関し一定の知見を有し的確な判断ができる者に事前調査を実施させているかの確認を事業者に行ってございます。  

世田谷区議会 2018-10-05 平成30年  9月 決算特別委員会-10月05日-04号

また、建設リサイクル法に関する全国一斉パトロールと連携しまして、年三回、東京都環境局と世田谷区の建築安全課及び環境保全課の三者合同で実施している立入検査においても、事業者に対して石綿の飛散防止などの大気汚染防止遵守状況の確認や指導及び周知を丁寧に行っておりまして、アスベスト調査の表示を行っていない事業者に対しましては、指導と普及啓発を実施しております。  

世田谷区議会 2018-10-03 平成30年  9月 決算特別委員会-10月03日-03号

◎高橋 施設営繕第一課長 大気汚染防止に基づきまして、調査はしております。 ◆中村公太朗 委員 それは、アスベストがあると言われたもの、事前の検体で発見されたものだけではなくて、発見されていないものについても、解体工事中に、アスベストが飛んでいるかどうかの調査はされているということでよいですか。

世田谷区議会 2018-09-18 平成30年  9月 定例会-09月18日-01号

現在、アスベスト飛散防止対策として、解体工事等で特定の重機を使用する場合、騒音・振動規制法に基づく届け出の際にアスベストの有無の調査結果の確認を行っており、吹きつけ材や保温材として飛散性アスベストがある場合は、大気汚染防止等に基づく作業実施届の提出を求め、適切な除去が行われるよう指導してございます。  

豊島区議会 2018-09-04 平成30年環境・清掃対策調査特別委員会( 9月 4日)

平成29年度現在、大気汚染防止に基づき基準が定められているものは、表の上からばいじん、硫黄酸化物、窒素酸化物、塩化水素となっております。水銀につきましては、平成30年3月までは法律による規制はありませんでしたが、独自に自己規制値を定め管理しておりました。  調査結果でございますが、ばいじん、硫黄酸化物、塩化水素につきましては全て不検出でした。

豊島区議会 2018-06-27 平成30年第2回定例会(第8号 6月27日)

しかし、大気汚染防止による届け出件数の実態やアスベスト分析費用助成の利用件数を見る限り、きちんと法が守られているのか、疑問に思うところです。豊島区では、大気汚染防止に基づいて立入調査を行うなど、担当課のアスベスト対策については豊島区は大変きちんと行っていると全国的にも大きく評価されています。

大田区議会 2018-06-14 平成30年 第2回 定例会−06月14日-01号

区では、既に建材として建築物等に組み込まれ、現に使用されているアスベストにつきましては、解体や改修工事の際に、大気汚染防止、都民の健康安全を確保する環境に関する条例及び大田区特定粉じん排出等作業事務取扱要領に基づき適切に処理するよう指導しております。また、平成19年度から大気環境中のアスベスト繊維数濃度の調査を毎年継続して実施し、安全であることをホームページでお知らせしているところです。