6419件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

板橋区議会 2019-08-29 令和元年8月29日文教児童委員会-08月29日-01号

屋上設置の場合は、既存躯体及び防水層とのとり合い処理は適切に行い、将来の防水改修への支障とならないよう、基礎を設け校舎改修における室外機移設業務をなくす。これにつきましては、屋上の防水改修を計画的に行っております。今まで、屋上に簡易な基礎を設けまして、室外機が設置されていたため、改修を行う際に、室外機を一旦地上におろし、防水の工事をやった後、また屋上に上げておりました。

板橋区議会 2019-08-27 令和元年8月27日企画総務委員会-08月27日-01号

◆川口雅敏   まずこの30年度の実施状況報告書について伺っていきますけども、この中で項番の5、二次評価集計結果の中で、めざす姿の1の二次評価の評語の中に「特別区長会調査研究機構に育児中女性の支援体制構築のための基礎研究を提案し採用され」と、こういうふうに記載をされておりますけども、この特別区長会の調査研究機構とはどのような目的で設置をされたのか、その組織はどんなものなのか、その辺はお示しできますか

板橋区議会 2019-08-27 令和元年8月27日区民環境委員会−08月27日-01号

この中には直接の移設経費ですとか、コンクリの基礎の関係でございます。工事、電気工事、そのほか諸経費等も含めて、総額でそのぐらいということで見込んでいるところでございます。  ただし、移設先によりましては、電気の引き込み工事が必要であったりとか、整地ですとか基礎を打つその打ち方ですとか、そういったものによって金額的には大きく増減する可能性もございます。  

板橋区議会 2019-08-27 令和元年8月27日健康福祉委員会-08月27日-01号

また、11月には次期計画の基礎調査とするため、介護予防・日常生活圏域ニーズ調査等を実施します。対象や主な設問項目は下記を予定していますが、先日の計画委員会で諮り、現在、設問項目について検討しているところです。また、国からも秋に追加項目が提示されるということもあり、細かなことはまだ流動的な状況です。  説明は以上になります。よろしくお願いいたします。

杉並区議会 2019-08-02 令和 元年第2回臨時会−08月02日-16号

主な質疑としましては、幼児教育保育無償化の意義はとの質問に対し、幼児教育保育無償化については、改正後の子ども・子育て支援法に制定されている基本理念に基づき、生涯にわたる人格形成の基礎を培う幼児教育の重要性ということに鑑みて、幼児教育の負担軽減を図る少子化対策として実施されるものと受けとめているが、区としては、この間、国に要望しているとおり、全国的には待機児童解消が進んでいない中では、待機児童解消対策

杉並区議会 2019-08-01 令和 元年 8月 1日保健福祉委員会−08月01日-01号

基礎自治体である杉並区が、社会問題化している保育施策のリードオフマンとして役割を果たしてきたことを高く評価をいたしたく存じます。  そして、国においては、幼児教育における保育の無償化を進めるに至りました。  まず初めに、区は今後、幼児教育における保育の無償化について、その意義をどのように捉えているのか、お示しをいただきたいと存じます。

世田谷区議会 2019-07-31 令和 元年  7月 福祉保健常任委員会-07月31日-01号

また、このような考え方のもと、条例の整備を行ってまいりますが、区の条例基礎となります現在の都の条例につきましては、こちらも別紙3―1から別紙3―5において条例等の写しを参考に添付してございますので、後ほどごらんいただければと思います。  かがみ文の二ページでございます。4児童相談所設置条例についてでございます。

世田谷区議会 2019-07-30 令和 元年  7月 文教常任委員会−07月30日-01号

基礎となる職員が一千十三・五人。ちなみに、前年度は一千三十八人です。障害者数が二十二人、実数は十九人です。前年度は十八人、実数十六人でございました。雇用率でございますが、教育委員会につきましては二・一七%、十二月に報告させていただきましたが、前年度は一・七三%でした。  

世田谷区議会 2019-07-30 令和 元年  7月 企画総務常任委員会−07月30日-01号

まず、基礎となる職員数ですが、前年度の五千三百三十九人から五千四百五十五人、障害者数は前年度の九十六・五人から百六・五人、実数ですけれども、前年度の六十七人から十三人ふえまして八十人となっております。障害者数と実数の差でございますが、重度の障害のある者は二人分に換算すること、また短時間職員は原則として〇・五人分に換算することとされていることによるものでございます。

葛飾区議会 2019-07-23 令和元年保健福祉委員会( 7月23日)

また、現在、四ツ木駅~青砥駅までの間で行われております京成押上線連続立体交差事業は事業が進みまして、平成30年9月に立石駅前区間の用地取得が完了したことから、駅前区間では令和元年秋以降から地中に残置されております建物の基礎の撤去工事や区道付替工事が本格化するため、保育園の良好な保育環境を確保することが困難となってまいります。  

大田区議会 2019-07-12 令和 1年 7月  まちづくり環境委員会-07月12日-01号

策定の趣旨でございますが、本方針は、次年度策定予定の(仮称)大田区電柱化推進計画の基礎となる基本方針を策定するものでございます。区における無電柱化の考え方を定め、効果的な無電柱化の推進を図ることを目的としております。  2、策定のポイントでございます。国につきましては、平成28年4月に全国の国道の緊急輸送道路におきまして、電柱の新設を禁止いたしました。

大田区議会 2019-07-12 令和 1年 7月  地域産業委員会−07月12日-01号

もちろん、これ自体は、平和都市宣言を行ったということを基礎として、平和についていろいろ伝えていきたいと、戦争平和についてはいろいろな考え方があると思うのですけれども、そういった思いを区民の方、一人ずつに感じていただいて、平和の大切さをまたここで一つ思い直していただく機会の一助になればということで花火も含めて行っているところでございます。

大田区議会 2019-07-12 令和 1年 7月  こども文教委員会−07月12日-01号

学習効果測定は、小学校第4学年から中学校第3学年を対象に実施し、小学校第4学年から中学校第1学年までは国語科、算数・数学科理科社会科の4教科について、中学校第2、3学年はこれに加えて、英語科の5教科について、学習指導要領に示されている教科の目標や、学習内容の基礎的、基本的な事項などの定着状況を把握するために実施する区の学力テストです。

世田谷区議会 2019-07-04 令和 元年  7月 福祉保健常任委員会-07月04日-01号

この⑧を設けた、ほかは例えばこれは事業計画につなげていくので、ひろばであれば、ひろばのニーズが今何%ぐらいあるから整備量としては何人分で何箇所だとか、保育園については今の利用ニーズが何%だから、何カ所やはり必要だとか、計画につなげていくための基礎データということで理解しているんですけれども、この⑧については、こういった過去におでかけひろばを利用していた人がどれだけ子育て支援にかかわりたいと考えているかという

世田谷区議会 2019-07-04 令和 元年  7月 都市整備常任委員会-07月04日-01号

あと、今の現場ですが、課長も説明の中で申し上げたとおり、恐れ入りますが、この裏面の断面図をごらんいただきたいのですが、この段差が生じているところのへこんでいないところ、実はこの下のほうにボックスカルバート、水路のコンクリートの箱が埋まっていて、コンクリートの箱は基礎までしっかりできているものですから、そこはしっかり沈まないのですね。

足立区議会 2019-06-27 令和 元年 6月27日建設委員会-06月27日-01号

今回、まちづくりだよりに出しているのは、あくまでも基礎データということでありまして、先ほど来お話ししているクロス集計っていうこの中身をいかに解析をし、進めていくかというのは今後進めていって、またそういうお知らせ等で広めていきたいと思っております。 ○渕上隆 委員長  他に質疑ありますか。       [「なし」と呼ぶ者あり] ○渕上隆 委員長  質疑なしと認めます。

江東区議会 2019-06-26 2019-06-26 令和元年高齢者支援・介護保険制度特別委員会 本文

介護人材確保のための取り組みをより一層進め、他の介護職員などの処遇改善にも充てることができるよう、柔軟な運用を認めることを前提に、勤続10年以上の介護福祉士について、月額8万円の処遇改善を行うことを算定の基礎とし、職員の処遇改善を行います。  以上で私からの説明は終わります。

江東区議会 2019-06-25 2019-06-25 令和元年防災・まちづくり・交通対策特別委員会 本文

1つ、この都市マスタープランとあわせて、現行の道路網の整備計画も改定をして、マスタープランのもとの基礎資料として使っていきたいということですけれども、この道路整備計画については、どのようなところを、いつまでに、どうやって改定をされていかれるのかお示しいただきたいと思います。