227件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

葛飾区議会 2021-06-08 令和 3年第2回定例会(第2日 6月 8日)

本年3月には、小菅保育園跡地のアスベスト問題に関連した事項として、旧小谷野小学校在り方検討の経緯と旧小谷野小学校敷地内での(仮称子ども未来プラザ小菅整備に関しまして地域関係者関係団体等に御説明し、御意見等を伺っております。今後もさらに地域皆様関係各位と十分な協議を行い、丁寧な説明に努めながら、地域皆様に喜んでいただける施設となるよう検討を進めてまいります。  以上です。

杉並区議会 2021-06-07 令和 3年 6月 7日保健福祉委員会-06月07日-01号

児童青少年課長 今行っている在り方検討の場で改めて聞くというのは考えてございません。この間、日常の運営の中で聞き取りをしている子供の声であったり、あと、放課後居場所事業についてどう思いますかというような子供の声、これはアンケートで聞いておりますので、こういったところを参考に取り組んでまいりたいと思っております。

板橋区議会 2021-05-13 令和3年5月13日文教児童委員会-05月13日-01号

先ほどもご説明しましたように、家庭福祉員在り方検討またベビールーム在り方検討というのを我々進めていくということで、今着手をしているところでございますけれども、地域的な偏在というのもどういうふうに見ていく必要があるのかなというふうに考える部分もございます。  また、家庭福祉員さん、少人数で家庭的な雰囲気でということで保育をしていただいています。

板橋区議会 2021-05-12 令和3年5月12日区民環境委員会-05月12日-01号

こちらにつきましては、今、委員お話しいただきましたとおり、公社在り方検討との兼ね合いで実施を延期したというところでございまして、公社在り方につきましては、本編の15ページのところに記載のほうさせていただいてございます。  一番上の段になります。「板橋区産業振興公社あり方検討」でございます。

世田谷区議会 2021-03-29 令和 3年  3月 定例会-03月29日-06号

ところが、区立図書館在り方検討議論で、区は民間活用人件費が大幅に下がっている資料を示し、区の財政不足重点分野への人材配置に対応するため、民間活力活用による効率的な運営を図る必要があるとしています。人員や人件費削減重点が置かれた議論では、知と学びと文化の情報拠点という政策目的に逆行します。区立図書館は、直営を基本とした運営人材育成を進め、サービス向上の努力を進めるべきです。  

世田谷区議会 2021-03-22 令和 3年  3月 予算特別委員会−03月22日-07号

私からは、区立図書館在り方検討についての質問をしたいと思います。  一般質問でも確認しましたが、新実施計画行政経営改革視点には、サービス向上コスト縮減が図れる場合は、行政責任を明確にして、質の確保に十分留意しながら民間活用を進めるというふうにあります。区がこれまで行ってきた区立図書館民間活用でどのようなサービス向上があったのか、区の認識を伺います。

世田谷区議会 2021-03-16 令和 3年  3月 予算特別委員会-03月16日-05号

最初に、新BOP学童クラブ在り方検討について質問をしていきます。  新BOP学童クラブは、全ての希望者を校内に設置されている新BOPに受け入れるという制度設計の下、この間、大規模化狭隘化人材確保などの課題が指摘されてきました。我が会派を含め、多くの会派が、これまで職員体制の拡充や大規模化狭隘化の改善などを求め、繰り返し議会でも取り上げられてきました。

世田谷区議会 2021-03-11 令和 3年  3月 予算特別委員会-03月11日-03号

この間、区立図書館や新BOP学童クラブ在り方検討が進められ、民間活用検討課題に挙がっています。  新実施計画行政経営改革の十の視点では、民間活用は、サービス向上コスト縮減が図れる場合に、行政責任を明確にし、質の確保に留意しながら進めると。施策事業効率化と質の向上として、政策目的に照らして最適な手法を選択し、効率的かつ質の高い行政サービスを目指すとなっています。  

杉並区議会 2021-03-10 令和 3年予算特別委員会-03月10日-03号

そもそも区では、児童館学童クラブ等在り方検討を行っている最中であり、そうした検討の結果が出される前から両児童館廃止機能移転を先取りして進めることは全く道理が通らず、認めるわけにはいきません。改めて、施設再編整備計画に基づく児童館廃止の方針を撤回することを強く求めます。  また、他自治体では、在り方を検証し、児童館存続を決断した地域もあります。

世田谷区議会 2021-03-10 令和 3年  3月 予算特別委員会−03月10日-02号

ここで見つけられなかったということなんですが、園における中で職員全体が子どもの気づきなど捉え方が不十分だったというような点ですとか、ベテラン職員育成に考慮しながら運営している、そういうところは今回の巡回の中で捉えていたんですが、それをフィードバックできていなかったということで、一つ在り方検討会の中でも要因の一つであるというふうに言われています。  

港区議会 2021-03-09 令和3年度予算特別委員会−03月09日

教育指導担当課長篠崎玲子君) 教育委員会が昨年7月から開催してきたICT教育環境在り方検討委員会では、児童・生徒1人1台のタブレット端末活用や高速大容量の通信環境など、これからの技術革新時代にふさわしい港区の小・中学校ICT教育在り方について学識経験者や校長などの委員から多くの意見を頂き、今年度急遽整備した学校ICT教育環境活用についての考え方を整理しました。  

杉並区議会 2021-03-05 令和 3年予算特別委員会保健福祉分科会−03月05日-01号

この問題については後で取り上げますが、この間、他の自治体で取り組まれている児童館在り方検討の事例を紹介してきました。他自治体検討状況なども参考にするというようなことが言われていましたが、そういった対応は行われているのか、確認します。 ◎児童青少年課長 杉並区の児童館再編取組につきましては、この間答弁してまいりましたけれども、杉並区独自の取組ということでございます。  

渋谷区議会 2021-02-26 02月26日-03号

これまで、渋谷区立学校在り方検討委員会では、常に教育環境向上の観点から、子どもたちに望ましい新しい時代学校施設づくりを審議しています。こうした議論を踏まえて策定される計画であり、統廃合や公共施設との共用ありきで議論を進めているものではありません。 次に、渋谷本町学園第二グラウンド複合施設仮称基本計画(案)についてのお尋ねです。