1561件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

杉並区議会 2019-03-15 平成31年予算特別委員会−03月15日-10号

今後の調整とは、すなわち、土地区画整理事業全体の事業費の中に紛れ込ませてしまおうということなのか、そうして病院は負担を逃れて、実質区の負担になるのではないかと危惧しております。  個人施行の土地区画整理事業という形をとっていることが、あらゆる情報の隠れみのとなっています。区の財産処分をチェックするはずの財産価格審議会も口出しできません。  

世田谷区議会 2019-03-14 平成31年  3月 予算特別委員会-03月14日-06号

当たり前を疑うというか、よく民間ではイノベーション、イノベーションと言われますけれども、やっぱりイノベーティブな部門であってほしいなというふうにすごく思っておりまして、先日、都市整備常任委員会で報告がありました土地区画整理事業をすべき区域の見直しについてということで報告がありましたけれども、この件に関しては私も水面下で随分協議、相談させていただいてきたわけでありますが、正直なかなか難しいだろうなというふうには

大田区議会 2019-03-14 平成31年 第1回 定例会-03月14日-04号

また、羽田空港跡地第1ゾーン整備事業(第一期事業)の用地取得に関して、区からは、羽田空港跡地地区土地区画整理事業1街区4画地について平成30年6月29日に国を相手方とし88億4,110万5,000円で取得する契約を締結、同1街区3画地については6月28日に独立行政法人都市再生機構東日本都市再生本部を相手方とし76億5,300万円で取得する契約を締結したとの報告がなされた。

杉並区議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会−03月13日-08号

◎事業調整担当課長(浅井) 東京都の開発許可では、建築の場合と、それから今回は土地区画整理事業を行うということで違いが生じております。共同住宅街の建築の場合には、緑を確保する面積は、開発許可の中では土地区画整理事業よりもかなり少なくなっておりまして、基本的には区域面積の5%という規定になっております。

港区議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会−03月12日-05号

まず、本委員会におきましては、理事者より、一の橋公園の整備及び(仮称)一の橋公園自転車駐車場の整備について、新橋・虎ノ門地区まちづくりガイドライン(素案)について、財団法人港区住宅公社の清算結了及び閉鎖登記について、品川駅街区地区土地区画整理事業について等の報告を聴取し、質疑を行うとともに、意見、要望を述べました。  

港区議会 2019-03-11 平成31年3月11日建設常任委員会−03月11日

まず、本委員会におきましては、理事者より、一の橋公園の整備及び(仮称)一の橋公園自転車駐車場の整備について、新橋・虎ノ門地区まちづくりガイドライン(素案)について、財団法人港区住宅公社の清算結了及び閉鎖登記について、品川駅街区地区土地区画整理事業について等の報告を聴取し、質疑を行うとともに、意見、要望を述べました。  

大田区議会 2019-03-08 平成31年 3月  予算特別委員会-03月08日-01号

現在、進められている土地区画整理事業によって生じる交通広場、街路、そして、地域の皆さんの念願だった公園が、大田区に帰属となります。さらには、第2ゾーンから第1ゾーンにかかわる多摩川沿いの護岸は散策路として国により整備され、そこは都市緑地としての区が管理できることになります。  これらは、区民にとっての財産となり、ふれあいの場、憩いの場などとして、多くの区民にご利用いただけることになります。

葛飾区議会 2019-03-07 平成31年予算審査特別委員会第3分科会( 3月 7日)

先ほどお話がございましたように、かつては隣接する南水元地区とともに、当地区について防災性の向上や良好な住環境の形成を目的といたしまして土地区画整理事業の検討を進めておりましたが、地区内には事業に慎重な意見が多かったこともございまして事業化に至っておりませんでした。

杉並区議会 2019-03-06 平成31年予算特別委員会−03月06日-04号

ただ、そういう中で、区、地権者、病院法人の3者で締結した協定書においては、病院運営法人が法令に基づき、病院の跡地については全て自己の負担で調査、対策を実施するものとしておりますので、ただいま行っているのは、土地区画整理事業の施行地区の土地利用の履歴を調査しているところでございます。 ◆上保まさたけ 委員  協定書は土壌汚染対策を誰がやるかというのを定めただけですよね。

港区議会 2019-03-04 平成31年度予算特別委員会−03月04日

また、地区計画では、段階的かつ一体的なまちづくりを推進するとしており、区は地区内の中小企業や個人地権者の状況に応じて、土地区画整理事業や市街地再開発事業などを活用したまちづくりの活動に対しきめ細かな支援を行い、東京の玄関にふさわしいまちづくりに取り組んでまいります。 ○委員(黒崎ゆういち君) ほかの地区と違うのは、風の道のエリアの中で高さ制限に対応した緩和等がどうできるかになってくると思います。

江東区議会 2019-02-27 2019-02-27 平成31年予算審査特別委員会 本文

これは土地区画整理事業がかつてできなかったことと、あともう一つ総武線快速の停車駅を錦糸町駅にとられてしまったこと、この2つが亀戸五丁目地区の本当に大きな課題として、私たちはずっとこの話を聞いてきたわけでございますが、こうした住民の皆さんの思いを考えますと、まちづくり方針をつくるよりは、むしろ土地区画整理事業を改めて亀戸五丁目で挑戦してみるということも一つの考え方ではないかと思うのですが、我が区の見解

世田谷区議会 2019-02-26 平成31年  2月 都市整備常任委員会-02月26日-01号

〔「なし」と呼ぶ者あり〕    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ○山口ひろひさ 委員長 次に、(4)「土地区画整理事業を施行すべき区域」における建築制限の取扱いについて、理事者の説明をお願いいたします。 ◎佐々木 都市計画課長 それでは、「土地区画整理事業を施行すべき区域」における建築制限の取扱いについて御説明いたします。  まず、主旨でございます。

大田区議会 2019-02-25 平成31年 2月  まちづくり環境委員会-02月25日-01号

理由といたしましては、羽田空港跡地土地区画整理事業補助金の支出が減額になったことに伴い、国庫補助金の歳入予算を減額補正するものでございます。  続きまして、事項別明細書42、43ページをご覧ください。都支出金、都補助金、都市整備費補助金におきまして、国際競争拠点都市整備事業が減額となります。  

港区議会 2019-02-25 平成31年度予算特別委員会−02月25日

○企画課長・オリンピック・パラリンピック推進担当課長兼務(野上宏君) 高輪ゲートウェイ駅周辺まちづくりでは、2020年春ごろ、高輪ゲートウェイ駅が暫定開業するほか、土地区画整理事業等により新たなまちの整備が進められています。  区は、新たな町名を早期にお示しし、区民生活や企業の事業活動に与える影響を考慮した良好なまちづくりを推進することを目的といたしまして、本部を設置したものでございます。  

大田区議会 2019-02-20 平成31年 第1回 定例会-02月20日-01号

思えば長年の重要課題であった羽田空港跡地のまちづくりでは、土地区画整理事業が目に見える形で進み、蒲蒲線・新空港線では、幾多のハードルを乗り越え、平成28年4月の国土交通省の交通政策審議会答申という形で、早期実現に向けて大きく前進しているところであります。

杉並区議会 2019-02-18 平成31年第1回定例会−02月18日-05号

しかし、今回の計画は単なる土地区画整理事業ではなくて、公共の場所に緩和型の街並み誘導型地区計画を導入し、独自の建築規制を行うものです。こうしたルールは土地区画整理事業に先立って公益の観点から審査されて設定されるのが筋ですが、区は逆で、とにかく区画整理事業ありきの日程のようです。  

杉並区議会 2019-02-13 平成31年第1回定例会-02月13日-02号

今後、土地区画整理事業の換地計画策定に当たっては、容積率の変更などを考慮した評価基準を策定する考えです。この評価基準につきましては、不動産鑑定士等の専門的な知識や知見のある第三者の確認を受け、客観性を確保してまいります。  次に、阿佐ヶ谷駅北東地区まちづくり計画案についてのお尋ねにお答えいたします。  

港区議会 2019-02-04 平成31年2月4日建設常任委員会-02月04日

──────────────────────────────────────── ○委員長(大滝実君) 次に、報告事項(5)「品川駅街区地区土地区画整理事業について」、理事者の説明を求めます。 ○品川駅周辺街づくり担当課長(村上利雄君) それでは、報告事項(5)「品川駅街区地区土地区画整理事業について」、ご報告いたします。

港区議会 2019-01-28 平成31年1月28日総務常任委員会-01月28日

まちづくり事業としては、東京都が施行する泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業及びUR都市機構が施行する品川駅北周辺地区土地区画整理事業がそれぞれ進行しております。そのうち本件は、泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業に伴うものです。本再開発事業は、平成29年11月30日に都市計画決定されまして、現在は事業計画案がほぼまとまりまして、2月中には事業計画決定が予定されております。