17610件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

江戸川区議会 2021-01-14 令和3年 1月 建設委員会-01月14日-11号

土木部参事   外、関係課長事務局    書記 山沢克章 ●案件  1 陳情審査 第43号、第44号、第54号、第55号、第59号…継続     第43号:都市計画道路補助第283号線拡幅計画に反対する陳情     第44号:スーパー堤防に代わる強化堤防「アーマー・レビー」工法等(住民の犠牲を伴わず、しかも約1割程度の安価で出来る強化工法)の採用を求める陳情     第54号:上篠崎一丁目北部土地区画整理事業

江戸川区議会 2020-12-15 令和2年12月 総務委員会-12月15日-14号

一番下、船堀四丁目の街づくりということで、右側の緑色と青い土地がございますが、都有地民有地、こちらの中の街づくりも今地元の方とやっているということでございます。 ◎岡﨑由紀夫 用地経理課長 それでは用地経理課のほうから最後の資料になりますが、江戸川区公共調達基本条例公契約条例)改正の骨子案に係る意見公募についてご報告いたします。  

豊島区議会 2020-12-09 令和 2年豊島副都心開発調査特別委員会小委員会(12月 9日)

都市計画区域マスタープランなどとともに土地利用都市計画道路、市街地再開発事業などの個別の都市計画の上位に位置づけられているものであります。  東京都の都市計画でありますけれども、区に意見照会がきておりますので、12月の都市計画審議会に諮問する予定となっております。

目黒区議会 2020-12-09 令和 2年都市環境委員会(12月 9日)

そこで、三者は土地契約に向けた協議を重ね、このたび土地交換契約等が行われたものでございます。  2番の児童遊園概要につきましては、記載のとおりで、昭和55年7月から供用開始をしました。敷地面積が629平方メートルの児童遊園になります。  3番の契約概要でございますけれども、(1)といたしまして土地交換契約。こちらについては、児童遊園用地マンション敷地交換でございます。  

目黒区議会 2020-12-09 令和 2年企画総務委員会(12月 9日)

今回でございますが、目黒区、東京都及び隣接マンション所有者、この3者で一括契約をするものでございまして、(1)のとおり、区は、都に対して、児童遊園の一部である、こちら案内図の①の土地を譲渡いたします。  都は、(2)のとおり、隣接マンション所有者土地②、網かけの部分でございますが、こちらを購入し、区に譲渡をするものでございます。  

大田区議会 2020-12-03 令和 2年12月  交通臨海部活性化特別委員会−12月03日-01号

産業経済部といたしましては、区全体を捉える中で、この臨海部については引き続き製造業の集積の重点的なエリアとして捉える一方、これから多様化していく製造業の需要に対してもしっかり答えるべき土地であると考えて、これが今後企業誘致、あるいは産業支援施設等整備等を考えてまいりたいと思います。 ◆荒尾 委員 内発型の経済産業への転換というのが、これから求められてくると思うのですよ。

豊島区議会 2020-12-02 令和 2年総務委員会(12月 2日)

これも、実は、東視協さん、または盲人協会さんのほうからいろいろ御示唆いただいた中で、我々としても大塚という、非常に視覚障害の方が多い土地柄においては非常に有効であるというような判断をして、前向きに検討を進めているところでございますので、ともすれば、華やかな大リング、モニュメントのほうに話題が行きがちですけれども、そういうような障害者の方々にも利便性の高い広場整備を進めているというところでございます。

江戸川区議会 2020-12-02 令和2年12月 建設委員会-12月02日-09号

次に、第54号、上篠崎一丁目北部土地区画整理事業における第1次移転先地盤強度保証を求める陳情について審査いたします。 ◆神尾昭央 委員 こちらの陳情については、記書きで1、2、3と三つに分かれておりますので、これそれぞれ3点についてこう分けて考えるべきかなと私は思っています。  

豊島区議会 2020-11-30 令和 2年総務委員会(11月30日)

小澤沿道まちづくり担当課長  今回提出させていただきましたのは、池袋本町3の20で補助82号線の沿道防災街整備事業を行っておりまして、今事業中ではございますけども、その土地補償費で追加の費用が必要だということで地元のほうから強い要望がございましたので、させていただきました。 ○元谷ゆり委員  地元の方からの要望があったので対応ということで、了解いたしました。  

大田区議会 2020-11-30 令和 2年11月  まちづくり環境委員会−11月30日-01号

◆平野 委員 ちょっとぴんとこなかったのですけれども、開発されて土地を提供されたということでよろしいですか。  建物の、これは区営アパートでしたか、その土地をということですか。 ◎深川 まちづくり計画調整担当課長 この歩道につきましては、今回、建物を建てた建築敷地として使われてございます。  

目黒区議会 2020-11-27 令和 2年生活福祉委員会(11月27日)

小規模住宅用土地に対する都市計画税軽減措置につきましては、23区全体で金額で約335億、令和2年度分でございます。件数では約170万件というように言われております。  次に、小規模非住宅用地に対する固定資産税都市計画税軽減措置規模感でございますが、固定資産税については約204億、件数21万件、都市計画税については約44億、21万件、こういった規模感でございます。