491件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

葛飾区議会 2019-10-04 令和元年決算審査特別委員会第4分科会(10月 4日)

したがって、そういったところを、状況を見ながら、建物ごとに修繕周期をにらんで改修をする。一般的には10年であれば、つくって10年という新築のもので、大規模な外壁改修するという例はございません。もう少し、例えば20年だとか、そういったタイミングでやられているのではないかと、そういうふうに考えております。 ○(くぼ洋子会長) 中江委員。

世田谷区議会 2019-09-18 令和 元年  9月 定例会-09月18日-02号

周期の見直しということですが、改修を先延ばしにすることで予算を減らし、それで子どもたちの安心安全教育環境担保できるのでしょうか。確かに空調設備導入や耐震補強等のイレギュラーな事象に関しては理解はできます。しかしながら、この件を行革の数字の中に当てはめることは適当だとは思いません。

世田谷区議会 2019-09-04 令和 元年  9月 地方分権・本庁舎整備対策等特別委員会-09月04日-01号

②は、学校改修工事の改修周期の見直し及び工事内容を精査いたします。具体的には、ポチの二つの点のとおりでございます。  続きまして、3の将来経費の再シミュレーション、4の特別区債残高・償還額・基金残高の再シミュレーション、5の今後経費抑制策として具体化すべき主な取組みにつきましては、A3の別紙1、別紙2で説明いたします。  それでは、右上に別紙1と書かれましたA3用紙のグラフをごらんください。

港区議会 2019-06-25 令和元年6月25日総務常任委員会-06月25日

この施設のコンセプトでございます、みなとパーク芝浦との連携によりまして、地域防災の向上に貢献し、防犯性の高い安全・安心な学校づくりを実現するため、同様に耐震性能の重要度係数、安全率1.5倍を確保いたしまして、長周期地震動にも対応した免震構造を採用いたしました。  13ページをごらんください。東側立面図でございます。

江東区議会 2019-06-13 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第7号) 本文

NPO法人Fine~現在・過去・未来の不妊体験者を支援する会~が行った2018年度のアンケート調査では、2010年の調査と比較し、体外受精、顕微授精における1周期当たりの平均治療費が50万円以上であると回答した人の割合が、体外受精は約2.5倍、顕微授精は約2倍近くに増加していることがわかりました。  

葛飾区議会 2019-03-08 平成31年予算審査特別委員会第4分科会( 3月 8日)

○(学校施設整備担当課長) 昨年選定しました7校につきましては、学校施設の屋上防水や外壁、そのような保全箇所の経過年数、いわゆる改築周期を踏まえた劣化状況を棟ごとに、保全箇所ごとに数値化しまして、それを学校トータルで評価した指標で改築校を選定させていただいたところでございます。 ○(小山たつや会長) 三小田委員。 ○(三小田准一委員) それで、選定するのに約4年ぐらいかかっているのですよね。

板橋区議会 2019-03-07 平成31年3月7日予算審査特別委員会 区民環境分科会−03月07日-01号

それから、それが何年ぐらいの周期で、スパンで進められようとしているのかを教えてください。 ◎赤塚支所長   当初につきましては、区が間に入ってマッチングを行いますけれども、そのうち相性のいい方同士が見つかってくれば、区が入らなくても可能になっていくのかなというふうには考えてございます。 ◆中妻じょうた   質問の前に、動議を提出いたしますので、時計をとめてください。  

板橋区議会 2019-03-07 平成31年3月7日予算審査特別委員会 健康福祉分科会−03月07日-01号

したがいまして、先ほど言いました、これからの課題だと思いますけれども、例えば板橋区の国保の加入者、これをやってくれた方と同じ世代でやってない方の医療費に比べることは、今後は可能だと思いますので、一応5年で今の周期は終わりますけれども、6年からの事業のときには、そういうことも含めて、検討していきたいというふうに考えてございます。

品川区議会 2019-02-20 平成31年_第1回定例会(第1日目) 本文 2019-02-20

高層階が長く大きく揺れる長周期振動などの危険性も。日常的にも、駅ホームの大混雑を生んでいる超高層による一極集中のまちづくりは、災害リスクを蓄積させています。  道路の延焼遮断なる効果はどうか。この根拠とされる阪神淡路大震災データは、あくまで無風状態の話。延焼シミュレーションも、車両の存在は考慮せず、区内気象データで年間ほとんどゼロの東西の風を想定するなど、あり得ない想定です。

足立区議会 2018-12-12 平成30年12月12日建設委員会-12月12日-01号

今後の計画でございますが、区内全域の都市計画道路など、主要な道路については約5年ごとの周期で調査を実施してまいります。  また、環七以南の生活道路につきましては、主要な道路の調査時にあわせ合わせて実施をしていく考えでございます。  今後のスケジュールでございますが、5ページのほうを見ていただきたいと思います。  

目黒区議会 2018-12-12 平成30年企画総務委員会(12月12日)

履行場所及び契約内容、資料記載のとおりでございますが、こちらの工事につきましては周期的に行っている改修工事でございます。  次に、契約の相手方でございますが、上目黒五丁目、東工業株式会社会社経歴は資料記載のとおりでございます。  次に、契約年月日は本年11月22日。  工期は契約日から31年3月8日まででございます。  

杉並区議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会−12月06日-30号

ちなみに、今回の提案は前回の定数削減より16年目となり、周期を考えると、1つの節目とも言えます。  続いて、14年の定数条例の改定以降の動きとしては、直前に改選を控えた平成23年3月11日、議会改革の推進に関する決議本会議議決されました。定数条例の改定という形にはなりませんでしたが、この決議の新生議会への申し送り事項の課題として、議員定数が取り上げられております。  

目黒区議会 2018-11-14 平成30年都市環境委員会(11月14日

じゃ、この維持工事が何が原因で発生するとか、何で必要なのかというのを、例えば日常の点検で何かふぐあいが見つかったからその工事をするんだとか、定期的に何年に1回の周期でこの工事をしなければ維持ができないから何かするんだとか、そういうなんでしょう、これが発生する原因となる部分を記載してもらいたいなと思うんですけど、いかがでしょうか。

品川区議会 2018-11-06 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第2日目) 本文 2018-11-06

327 ◯須貝委員  ある大学教授の見解を加味しますと、免震ゴムなどの装置を入れても、揺れはある程度は抑えることができますが、長周期地震動、長い周期地震に襲われれば、建物は相当揺れる、そこに例えば国が想定する首都直下地震マグニチュード7から8クラスの地震が来た場合、このような長周期地震が来た場合、この装置は破損、変形する。

江東区議会 2018-10-15 2018-10-15 平成30年清掃港湾・臨海部対策特別委員会 本文

それから、今の定期点検の周期でいけるということですけれども、先ほど言いましたように、施設全体の設備の寿命、経年劣化等、寿命に対しては、どういう評価をして更新をする、交換をすると。事故が起きてからじゃなくて交換をすると考えているのか伺いたい。  それから、やっぱり今回大事には至らなかったんだけれども、有害な微量PCBの処理について、バーナーに注入をする場所での発火ということもあります。