9547件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

世田谷区議会 2019-11-12 令和 元年 11月 福祉保健常任委員会-11月12日-01号

児童福祉法施行令の規定によりまして、児童相談所の設置市は当該施設を設置しなければならないとされておりますが、特別区による早急な設置は困難であることを踏まえまして、この都立の施設の利用について協議を進めました結果、当面の間、各区は都の児童自立支援施設を活用することで合意に至っております。  

世田谷区議会 2019-11-11 令和 元年 11月 区民生活常任委員会-11月11日-01号

◆たかじょう訓子 委員 私どもは、民泊についてですけれども、宿泊施設では、衛生面や安全面の確保や周辺の合意の必要があるというふうに述べてまいりました。昨年度の民泊実施に当たり、世田谷区の民泊ガイドラインについて、周辺住民などへの事前周知について周知期間と範囲を定めること、事前周知などを求めてきました。

世田谷区議会 2019-11-11 令和 元年 11月 企画総務常任委員会-11月11日-01号

そういうところから、でも、今度それをまた復元だけしていたんでは、先ほど言ったように、形が変わっていますから、同じ想定ができるかどうかという問題もありますんで、そこを含めて協議のテーブルに着こうということまでを今ちょっと合意したということですので、この後、今のような御意見もいろいろいただく中で、先ほどちょっとおっしゃいました、地元からもどういう声が上がっているということもいただいた中で、それも含めてどこまで

世田谷区議会 2019-10-18 令和 元年  9月 定例会−10月18日-05号

地域図書館の指定管理制度導入については、質の確保や住民合意の課題が明らかになりました。砧図書館に関しては、区直営での継続を求めます。民間活用に関しては、区としての公的責任として、質の確保の担保と住民理解・合意に努め、その協働と参画を進めるため、適正な利用者負担の導入指針の見直し及びサウンディング調査等に関して担保と仕組みづくりを進めることを求めます。  

世田谷区議会 2019-10-15 令和 元年  9月 決算特別委員会−10月15日-08号

また、今回、五回目のワーキングにおきましては、堤防高に関する合意が得られたため、今後、詳細設計を進めていくことになっております。  区としましては、早期堤防整備につきまして、今後とも国に要望してまいります。 ◆ひうち優子 委員 改めて早急な整備を求めていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。  次に、上用賀公園拡張用地への集会室の整備について伺います。  

杉並区議会 2019-10-11 令和 元年決算特別委員会−10月11日-10号

この間の区政運営で顕著に示されているのは、住民合意のない計画決定と、極めて乱暴な計画の強行です。特に児童館の廃止や阿佐谷北東地区まちづくりなど、区の住民無視の姿勢は、各地で住民との深刻なあつれきを生んでいます。このような区政運営を直ちに改めるべきです。杉並区自治基本条例は、住民参画の保障を明確に示しており、区として、改めて条例にのっとった区政運営を求めます。  

葛飾区議会 2019-10-11 令和元年第3回定例会(第4日10月11日)

この計画は、区民合意もないまま、まちの住民を追い出す上、底知れない事業費と経費の増加をもたらすもので、直ちに中止すべきです。  我々は、これからも区民と力を合わせ、区政を少しでも区民本位に転換していくために全力を尽くすことを表明して反対討論といたします。  ご清聴ありがとうございました。(拍手) ○(筒井たかひさ議長) 13番、伊藤よしのり議員。  

杉並区議会 2019-10-10 令和 元年決算特別委員会−10月10日-09号

最後に、都に対し、住民の合意なしに事業化をしないように、住民の意見を届けることを求め、質問を終わります。 ○山本ひろ子 委員長  それでは、富田委員、質問項目をお知らせください。 ◆富田たく 委員  区立小中学校のトイレの洋式化について、就学援助について。使用する資料は、ナンバー126と111です。  それでは、まず、学校トイレの洋式化について。  

葛飾区議会 2019-10-10 令和元年議会運営委員会(10月10日)

原則として全ての交渉会派が賛成する案件は、議運委員が提出者となって提案理由説明は議運理事の持ち回りでございますけれども、表の提案者の欄、記載のとおりでございまして、共産党につきましては賛成はするが提案者にはならないということでございまして、この第9号の提案理由説明者につきましては、先ほど開催されました理事会におきまして、自民党の議員からということで合意いただいたところでございます。

世田谷区議会 2019-10-09 令和 元年  9月 決算特別委員会-10月09日-06号

せめて、合意形成により意欲を示した百五十九戸に関しては耐震工事までこぎつけていただきたいと思います。百五十九戸ということは、それらのマンションにおける住人の合意形成をし、耐震診断までこぎつけた意欲ある百五十九名以上のマンション代表者がいらっしゃるということです。区の職員がそのお一人お一人との人間関係を構築し、粘り強く工事まで結びつける姿勢でアドバイスを続けるなどの努力が必要と思います。

杉並区議会 2019-10-04 令和 元年決算特別委員会−10月04日-05号

産業振興センター次長 補助の要件でございますが、防犯に関する活動の継続、商店街等の合意形成、防犯カメラの設置及び利用に関する基準が定められていることなどが求められてございます。 ◆小川宗次郎 委員  そうすると、東京都防犯カメラの設置補助は、もしもつける場合、町会・自治会設置の防犯カメラも対象であるという認識でよろしいんでしょうかね。

杉並区議会 2019-10-03 令和 元年決算特別委員会−10月03日-04号

地域の実情に応じて、労働組合、それから事業者、関係者を初め市民合意形成も必要だろうと思います。  公契約における賃金労働条件についても、労働者労働団体の要求と運動があって、その適正な水準も確保されていくのかなと考えています。  12月は、先ほどパブコメの話もありました。また、来年1定の議案上程ということも流れの中です。

葛飾区議会 2019-10-03 令和元年決算審査特別委員会第3分科会(10月 3日)

そこは民間施行の市街地再開発事業で地権者の合意が8割程度必要との報道がなされた。  そうすると、以前、本区では地権者の6割の合意があれば都市計画決定が可能かというふうに東京都も事業認可をすると言っていたと、そういうふうに、僕は聞いていて、千葉県東京都では法律上地権者の合意の割合が異なるのかなと不思議に感じながらテレビを見ていました。  

杉並区議会 2019-10-02 令和 元年決算特別委員会−10月02日-03号

例えばどこどこの町会なり商店会なりがそれをその本体会計に入れて結構ですよと、これが都区の一応合意した認識だったんでしょう。違うのかね。そうでしょう。今度は、掲示したものは全部原則協賛金ですと。きょう私は初めて聞きましたよ。だから、そうやってゴールポストがずれていくわけですよ。  もう一つ言うと……(発言する者あり)だから、聞いてくださいよ。

杉並区議会 2019-10-01 令和 元年決算特別委員会−10月01日-02号

SDGsの特性の1つは、国連加盟国193カ国全ての国が合意しているという点であり、世界共通の目標となっています。全世界が一致して同じ方向にかじをとることで、とても大きな潮流を生み出します。その流れを無視して社会やビジネスを構築することは難しく、SDGsの目標年である2030年にどのような社会にしていきたいかを考え、それにのっとった行動の必要性が求められています。

葛飾区議会 2019-10-01 令和元年決算審査特別委員会第1分科会(10月 1日)

あるいは兵庫県は、労使間で合意が得られた場合は午後10時から午前5時までの勤務に対する割増賃金を支払い不要とすることにしてほしいと、これはできませんよといった回答なのですね。葛飾区を見ますと、提案名が非公表、提案内容、非公表、回答、非公表となっているのです。いわば議会にも区民にも秘密裏に規制緩和を求めていたということになり、いまだに非公表のままだと。

杉並区議会 2019-09-24 令和 元年 9月24日総務財政委員会−09月24日-01号

大田区が、勤務時間などの整理によって、結果として報酬が下がる場合の対応を尋ねたところ、総務省は、労働契約法9条、合意のない労働条件の不利益変更は原則禁止という、これは適用除外になる。今の非常勤職員は、施行後、当然に会計年度任用職員に任用されるものではなく、あくまで新たに設置された職に改めて任用されるものだと答えています。