25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

板橋区議会 2019-06-18 令和元年6月18日子ども家庭支援調査特別委員会-06月18日-01号

そういう人には毎月30万円近くの生活保護費を支給していて、本当に努力して、子ども1人、自力で何とかしよう、手に職をつけて何とかしようという人が、あと半年だけ頑張って、司法試験なり、保母さんでもいいし、何でもいいですよ、そういったものを受けて、そういったときにその期間ぐらい融通をきかすということはできないんでしょうか。

大田区議会 2018-12-07 平成30年 第4回 定例会−12月07日-03号

深澤佳己氏は、平成5年に司法試験に合格。平成8年4月に東京弁護士会に所属され、深澤法律事務所へ入所されました。平成23年6月から財団法人品川国際友好協会評議員選定委員会委員、平成26年9月から東京都建築紛争調停委員会委員の任についておられます。平成28年4月から平成30年3月まで大田区法律相談員を務めておられます。

世田谷区議会 2018-06-14 平成30年  6月 定例会-06月14日-02号

いわゆる司法試験に幾度も出題される憲法判例として知られているということでございますが、この判決の時期は、児童権利条約批准前の判決であったということに留意をしていただきたいと思います。  議員御指摘の見解、これは裁判の主張ですが、この教育は子どものためにあるのであって、学習権を保障する、ここが原則だとの考え方は変わっておりません。

杉並区議会 2018-05-18 平成30年第1回臨時会−05月18日-09号

内山氏の経歴につきましては、お手元の議案に添付してございますように、昭和48年に東京都に入庁後、司法試験に合格し、司法研修所卒業後に復職された後は、昭和51年に特別区人事厚生事務組合法務部へ派遣されております。昭和61年に東京都から特別区人事厚生事務組合への身分切りかえ後は、法務部参事法務部長等を歴任されました。

港区議会 2016-11-25 平成28年第4回定例会−11月25日-15号

こうした取り組みにより、子どもたちからは、「司法についてさらに学びたい」、「司法試験を受けてみたくなった」といった感想が寄せられております。今後も、法教育にかかわる多様な取り組みや模擬裁判などの出前授業を各校に紹介し、児童・生徒が法にかかわる基本的な知識や考え方を身につけることができるよう取り組んでまいります。  よろしくご理解のほどお願いいたします。

大田区議会 2016-10-03 平成28年 9月  決算特別委員会−10月03日-01号

高松市高松市役所で3年間、奉職し、司法試験を受けて弁護士となりました。その後、日本司法支援センターテラス秩父法律事務所で約7年間、司法過疎地での一般民事刑事事件に取り組んでまいりました。  このたび、大田区役所法務担当職員を置くこととなり採用されました。若輩者ではありますが、今までの経験を生かせるよう、法務担当の職務を通して区政の発展に貢献したいと思います。

大田区議会 2016-09-15 平成28年 第3回 定例会−09月15日-02号

今から43年前、司法試験を目指していた学生と保育士の若いカップルが夜間子どもを預かってほしいとお願いされ始めた託児所は、やがて福岡市から無償で土地を提供され、社会福祉法人など保育園運営者が建物の建設費を自己負担する福岡方式として、認可夜間保育所の運営を始めました。理事長の天久さんにお話を伺ったところ、「ベビーホテルでは子どもの発達教育的な補償ができない。

港区議会 2016-02-29 平成28年度予算特別委員会−02月29日

司法試験を受けているのだけれども、数学とか国語とかという科目を受けないという信条を持って受けないから卒業できないのです。私は浦安の入船中学校というところの出身ですけれども、その方が、運動会は義務ではないからやめようということを、生徒総会で言い出して、全校集会です。校長先生とか教頭先生がすごくいい方で、生徒同士で議論しようではないかと、一人ひとり発表して、議論していくわけです。

江戸川区議会 2015-10-02 平成27年決算特別委員会(第2日)-10月02日-02号

ですから、当然そこに名前が挙げられた方は司法試験を通り、いろいろな経緯の中で上り詰めて、日本審判をする裁判官になられた。それがイデオロギーやなんか含めて、いろいろな形で国民の目にどう映るかということでの審判なんですけども、こういった形を1,700幾つの自治体がずっと従来から同じことでやっていく。これはこの場で言うことじゃないことは十分わかっています。

目黒区議会 2013-09-11 平成25年生活福祉委員会( 9月11日)

これまでそういうことで、私どもが知る範囲では訴えられたということは聞いてございませんけれども、私どもで調べた範囲では、これは司法試験の問題で、平成22年度の司法試験の問題の中に、この洗髪設備の設置を義務づけることを条例にした場合に、憲法上の問題を論ぜよという問題が出ておりまして、この模範解答としては、これは憲法22条に違反して違憲であるというのが模範解答で、この解答の中でそういう形で、参考答案として

港区議会 2012-10-08 平成24年度決算特別委員会−10月08日

ただ、例えば東京大学に入って、医学部に入って、それで司法試験も受けて通ってしまう、そのような人もいれば、東京大学で優秀な成績をとっているのだけれども、自分の思ったところに就職できない人もいると言うのです。その違いは何かと考えた場合に、先生が出した結論は、人間力の足りなさだと。結局、勉強はしっかりやってきて大変優秀なのだけれども、いざ会社に入るときに会社には見られてしまうわけです。

荒川区議会 2012-07-02 平成24年 第2回定例会(6月)-07月02日−03号

岩下嘉之氏につきましては、略歴にもございますとおり、昭和五十九年に司法試験に合格、昭和六十二年から弁護士として御活躍でございます。この間、複数の企業顧問弁護士として、企業のコンプライアンスにかかわったほか、破産管財人や訴訟代理人など、法律専門家として多くの経験を積まれ、さらには法科大学院において刑法教授の御経験もおありであります。  

大田区議会 2011-12-06 平成23年 第4回 定例会−12月06日-03号

芳賀 淳氏は、昭和62年に司法試験に合格し、平成2年に東京弁護士会に配属され、新橋綜合法律事務所へ入所されました。その後、城山綜合法律事務所を経て、平成11年4月に芳賀淳法律事務所を開設されて、現在に至っております。また、平成15年4月から平成16年3月まで、日本弁護士連合会常務理事を務めております。  

板橋区議会 2007-02-14 平成19年第1回定例会−02月14日-01号

第3に、私が知っている弁護士さんが話されたことでありますが、都立北園高校の定時制の生徒3人が、図書館のみを頼りに勉強し、見事に3人とも明治、早稲田、中央の大学に進み、司法試験に合格したとの報告がありました。かなりの専門的な良質の蔵書が存在することの証明になると思います。お考えをお聞かせください。  次に、学校跡地の利用についての留意点について伺います。  

新宿区議会 2007-02-14 平成19年  2月 総務区民委員会-02月14日−02号

◎(企画政策課長) この東京リーガルマインドについては、不当表示、いわゆる司法試験等の合格者をかなりふやしたような形でPRしていたということで、公正取引委員会から、信頼を損なうとして処分を受けていると、それが平成17年2月にございます。 ◆(阿部委員) 何か名前を変えた方がいいんじゃないのですか、法令を守れないリーガルインドというのはどういうマインドなのかなと思ってしまうんです。

千代田区議会 2005-09-28 平成17年第3回定例会(第3日) 本文 開催日: 2005-09-28

内容は、司法試験合格者の94%がリーガルインド社の対策講座の受講者という表示がなされたものの、その合格者の中には口述試験の会場まで送迎バスを利用しただけの人など、受講していない人も含めていたというものであります。  さらに、大学教育環境も軽視できません。教員雇用形態が労基法上も疑問のある業務委託契約となっています。

新宿区議会 2005-09-14 平成17年  9月 総務区民委員会-09月14日−15号

というのは、先ほど言いました法務部法務部長が司法試験に合格されて、既に弁護士資格も持っておられるし、そのあたりの指揮下に入りまして、訴訟の遂行をやっておりますので、原則としては、今申しました一般職員の中から指定代理人という、事件に関係をする者、または法務担当が受けたものは、訟務担当部長でございますけど、法務部長がその指揮をして我々が従って動いているという状況でございます。

新宿区議会 2005-04-13 平成17年  4月 総務区民委員会-04月13日−05号

この件につきましては、東京リーガルマインドが、司法試験受験対策用に開設した各種講座、これの受講生の募集に対しまして、パンフレットに、実際のものよりも著しく優良であるという旨の表示があるということで、2月10日付けで公正取引委員会から一般消費者に対して実際のものよりも著しく優良であると示す表示を行っていたということを公示するということと、今後同様の表示を行わないということの排除命令が出ております。

杉並区議会 2005-03-02 平成17年 3月 2日地方自治・分権調査特別委員会−03月02日-01号

それはいろいろ理由があって、例えば法科大学院であれば、3年間行って、3年間で500万とか600万お金を使って行っても、司法試験に受かる人は半分いないんじゃないかと、こういう状況だということですよね。会計専門職大学院に行っても、科目免除は幾つかなるようですけれども、出たからといって公認会計士になれるわけじゃない。

  • 1
  • 2