3670件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

目黒区議会 2019-06-21 令和元年生活福祉委員会( 6月21日)

なお、昨年度の来場者数は、初日の天候が台風となった影響で、約1万4,900人でございました。  次に、7の今年度の主な内容でございますが、(1)は先ほど御説明いたしました前夜祭としての経済講演会を、26日18時から、記載の題名で、講師は元朝日新聞編集委員の萩谷順氏にお願いしてございます。  ここで、恐れ入りますが、資料の訂正をお願いいたします。

板橋区議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会-06月21日-03号

次に、「風水害等への対応について」理事者より説明を受け、水防対策室等の設置の基準及び実績について、昨年の台風による倒木被害の状況についてなど、各委員が質疑を行い、現状や課題を確認いたしました。  次に、本委員会の「活動方針について」を議題といたしました。理事会にて了承された活動方針を提案いたしましたところ、全員異議なく、全会一致をもちまして、本委員会の活動方針とすることに決定いたしました。  

江東区議会 2019-06-19 2019-06-19 令和元年区民環境委員会 本文

これはキャンプ実施日に台風の接近によって1地区が中止、1地区は人数が極めて減ったということが理由となってございます。  また、このキャンプ事業は、この間の6月11日に江東区報にて周知を行い、申し込みについては各地区に申し込み先が指定となってございますが、きょう現在で206名の申し込みがあってございます。締め切りについては各地区ごとに異なってございます。  

板橋区議会 2019-06-18 令和元年6月18日災害対策調査特別委員会-06月18日-01号

これがつくられたのも、アメリカのカトリーナでしたっけ、サンディでしたっけ、台風が起こってということで、その運用を日本でも継承してというような形なんですが、これが本当に起こったころには大変なことになるわけですが、どのくらいの規模の台風だとか、そういうのは想定されるんですかね。  

江東区議会 2019-06-17 2019-06-17 令和元年企画総務委員会 本文

今回は、区道の街路樹の枝が台風による強風で隣接する事業所建物の屋根に接触し、破損させた事故1件であります。  発生年月日は平成30年10月1日、発生場所は大島五丁目21番12号です。  事故の概要は、台風24号による強風により、剪定が不十分であった街路樹の枝が大きく揺れて、隣接する建物屋根のスレートに接触し、破損させたものでございます。  

葛飾区議会 2019-06-17 令和元年危機管理対策特別委員会( 6月17日)

また、多数の台風日本に上陸したところでございます。  本区では避難所において、首都直下地震を想定した避難所の開設訓練を推進しているところでございますが、昨年の事例にもありますとおり、水害に対応した訓練も必要となっておるところでございます。  そこで、このような状況を踏まえまして、避難所で実施しました水害対応訓練の取り組みを紹介し、今後の取り組みについてご報告いたします。  

世田谷区議会 2019-06-14 令和 元年  6月 定例会-06月14日-03号

また、二年前、平成二十九年には衆院選がありましたが、投票日当日に台風直撃が予想されたことから、期日前投票をするよう大々的に報道されていたことはまだ記憶にあるかと思います。このときは全国で期日前投票が二〇・一〇%と過去最多でした。全体の投票率は五三・六八%で、戦後最低だったその前の衆院選の投票率より一ポイント上回りました。

江東区議会 2019-06-13 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第7号) 本文

西日本豪雨の教訓から東京都は、東京マイ・タイムラインと題した大雨や台風に備えた個人用のタイムライン作成支援キットをつくり、先日公表しました。  もともとマイ・タイムラインは、平成27年に鬼怒川決壊で大きな被害を受けた茨城県常総市が積極的に取り組んできたもので、気象状況や行政からの情報により、どこに、誰と、どのタイミングで避難するかを家族個人の状況に合わせ、あらかじめ定めておくものです。

板橋区議会 2019-06-12 令和元年6月12日都市建設委員会-06月12日-01号

都心低空飛行問題についての陳情(31頁)    陳情第24号 都心低空飛行に伴う環境悪化懸念に関する陳情(31頁) 5 議案審査    議案第52号 自転車等の駐車場の整備及び放置の防止に関する条例の一部を改正する条例(49頁)    議案第53号 板橋区道の認定について(55頁)    議案第54号 東京都板橋区立公園条例の一部を改正する条例(73頁) 6 報告事項   (1)専決処分の報告について(台風

江東区議会 2019-06-12 2019-06-12 令和元年第2回定例会(第6号) 本文

また、台風による大雨や荒川の決壊についても対策が懸念されている中で、先月、早稲田大学理工学術院の関根正人教授を中心とした東京研究グループが、都内23区で発生する都市浸水をリアルタイムで予測することができるシステムを開発し、本年6月末までに試行運用開始を目指すとの報道がありました。  

杉並区議会 2019-06-12 令和 元年 6月12日災害対策・防犯等特別委員会−06月12日-01号

本来、東京都地域防災計画修正を受けまして、区の地域防災計画修正するところでございますが、近年の台風洪水等による風水害土砂災害の発生状況などを踏まえまして、区の風水害対策を着実に実行するため、東京都地域防災計画(風水害編)の改定に先行して、今般修正を行うものでございます。  

江戸川区議会 2019-06-11 令和元年 6月 災害対策・街づくり推進特別委員会−06月11日-02号

にやはり安心してもらって、今まで垂直避難であるとか、広域避難であるとか、さまざまな避難方法を言っておりましたけれども、その中でしっかりと皆さんが、今は4段階か何かで警報も変わりましたので、こうした警報のときにはこういうふうになるんだということを、しっかりと説明をしていかなければならないんだなというのを思いましたので、これをかける時間も今はあんまりないでしょうけど、もう地球温暖化が進んでおりますし、また、台風

板橋区議会 2019-06-05 令和元年第2回定例会-06月05日-01号

本年も夏のゲリラ豪雨、秋の台風の季節が来ますので、町会・老人会や各種学校に向けて、東京マイ・タイムラインの意義及び作成方法を周知すべきと考えますが、区の見解をお伺いいたします。  次に、防災ラジオの貸与、普及についてお伺いいたします。  一時的・局所的に大量の雨が降る、いわゆるゲリラ豪雨では、強い雨の音に防災無線の音声がかき消され、室内にいる高齢者避難勧告避難指示が届かない可能性があります。

杉並区議会 2019-05-30 令和 元年第2回定例会−05月30日-10号

地震台風時には、電柱が倒れたり電線が外れたりして、致命的な被害が起こり得ます。区民の皆様の安全を守るためにも、電柱の地中化を希望します。商店街の無電柱化について、どのような基準をクリアすれば各商店街の無電柱化は実現できるのか、お伺いいたします。  最後、10番目は、商店街防犯カメラについてです。  

大田区議会 2019-05-29 令和 1年 第1回 臨時会-05月29日-02号

昨年は台風が近づいているという情報があったので、直前にキャンセルしたブースがあったのかもしれませんが、初めから参加を見合わせたところはなかったでしょうか。一昨年、ある大使館のブースの職員から「今後、これは何につながっていくのですか」、「何を目指しているのですか」と聞かれました。

大田区議会 2019-05-27 令和 1年 5月  まちづくり環境委員会-05月27日-01号

昨年の報告では、328件でしたので、約100件ほど増えておりますが、その理由といたしましては、マスコミ報道などにより区民の皆様の空家対策意識が向上したことや、台風の後などに空家の庭に生えている木が公道などに倒れかけているなどの連絡が多かったためと考えております。  

大田区議会 2019-05-24 令和 1年 5月  令和元年第33号議案に関する連合審査会−05月24日-01号

自然災害には、地震による建物倒壊や土砂崩れ、津波被害、台風集中豪雨による浸水・土砂崩れ、家屋の破損の被害が考えられます。  昨年9月の平成30年、台風21号、テレビ報道では、関西国際空港の滑走路やターミナルビルの浸水・停電による閉鎖など、高潮による被害が強調されていましたが、大阪府の広い範囲で屋根や窓ガラスの損壊など、5万棟以上が強風により被害を受けました。