7114件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

板橋区議会 2019-08-29 令和元年8月29日都市建設委員会−08月29日-01号

今まで貸していた、そういう収入もなくなるっていうことで、結構な金額、年に何千万という単位で収入がまずなくなってしまうというような、それでまた会員数も減っていく。  だから、一生懸命会員数が減って、商店街の会員からの会費もなくなってっていったら、本当にどんどん商店街幾ら頑張ったってっていうところだと思うんですね。

板橋区議会 2019-08-27 令和元年8月27日健康福祉委員会-08月27日-01号

滞納の発生は、直接の収入源だけではなく、督促状や催告書、新たな経費が必要となることに加え、納期内納付者の不公平感や納付意欲の減退を引き起こす要因になります。  また、収入不足の穴埋めとして使われる一般会計からの法定外繰入金は、制度の趣旨に反し、被保険者以外の住民に国保料の不足分を負担させることにつながります。  

杉並区議会 2019-08-02 令和 元年第2回臨時会−08月02日-16号

もし今回、諸収入に補正がなければ、それを強引に議会がつけ加えるということは、一般的にはかなり難しいだろうというふうに通説では説明をされておりまして、今回は偶然ではありましたが、しかし、偶然ではあったとはいっても諸収入に計上がありますので、修正をするチャンスはある中で、修正権の行使を提案しないということとのバランスを考えまして、今回提案をさせていただいたものでございます。

杉並区議会 2019-08-01 令和 元年 8月 1日総務財政委員会−08月01日-01号

産業振興センター次長 今御指摘のとおり、25年度まで、協賛金というのは、私ども区のほうでは、広告性の有無で収入の計上、未計上の判断をしてございました。25年度のハロー西荻に対しまして、26年度の検査の結果、東京都の検査においては、広告性の有無にかかわらず、全ての協賛金を収入として計上すべしという指導がありました。

杉並区議会 2019-07-29 令和 元年 7月29日区民生活委員会−07月29日-01号

しかも、その集めた協賛金をイベントに使っておきながら、収入に計上していないという不正がございました。その結果、補助金を不正に多く受給しておりました。  この協賛金をめぐりましては、26年度当時、平成25年度のハロー西荻イベントにおきましてついていた協賛金、これを収入計上すべきということで都から指導を受けまして、返還金が生じた事例がございました。

葛飾区議会 2019-07-26 令和元年文教委員会( 7月26日)

次に、(3)施設利用料金収入実績でございます。  ア、施設利用料金収入は123万8,870円でございました。  裏面2ページをごらんください。  イ、施設利用料金収入の区への還元でございます。  年度協定書に基づきまして、利用料金収入見込額を超えた額に1割を乗じた額を区に還元することとしており、還元額は2万3,887円でございました。  次に、(4)修繕でございます。  

葛飾区議会 2019-07-23 令和元年保健福祉委員会( 7月23日)

ひとり親家庭の親が、より収入が高く安定している正規雇用として就業することを可能にするため、ごらんのとおり、厚生労働省のほうから通知がございまして、自立支援給付金等の制度の一部が改正されました。  これに伴い、葛飾区におけるひとり親家庭自立支援教育訓練給付金事業実施要綱及び葛飾区ひとり親家庭高等職業訓練促進給付金等事業実施要綱の一部を改正するものでございます。  変更内容です。

葛飾区議会 2019-07-22 令和元年総務委員会( 7月22日)

事業収入合計、事業支出合計は記載のとおりでございます。差し引き約2,800万円のプラスとなっております。  続きまして(3)、施設利用料金収入の集計でございます。施設利用料収入は、平成29年度に比較して約200万円の増となっております。駐車場収入は、平成29年度に比較してほぼ横ばいの状況でございました。  続きまして、(4)の区への還元金でございます。

大田区議会 2019-07-12 令和 1年 7月  総務財政委員会-07月12日-01号

これに対し、右隣の欄、収入済額(C)は、694億6,681万3,581円なので、現年分の調定収納率は99.16%。29年度収納率より0.01ポイントの上昇です。  滞納繰越分につきましては、調定額10億3,677万4,976円に対し、収入済額は、5億6,434万1,768円でしたので、調定収納率は54.43%、前年度収納率より0.49ポイントの減少です。  

大田区議会 2019-07-12 令和 1年 7月  こども文教委員会−07月12日-01号

それと同時に、私どもは第2回だったか、一般質問でも、基準ですね、生活保護基準の1.2という基準を1.3、そして世田谷で実施されている1.4と、そのように提案をしておりますが、区ではそれについてはまだ踏み出さないというお答えでしたが、ぜひ収入は上がっていても大田区がやった貧困の調査のように、お父さん、お母さんは必死に働いていて、収入が上がっていても様々な出費があるとか、子どもと一緒に過ごす時間もなく働

世田谷区議会 2019-07-04 令和 元年  7月 福祉保健常任委員会-07月04日-01号

ただ、不景気のときは主たる生計の維持者の収入の増減があったりすると思うんですけれども、今回の調査では母親の部分が収入経済的にというのはなくはないんですが、そんなに大きくないんですね。やっぱり社会とのつながりというところの意識が変わっているようには感じます。そういった中で、従来やめていたのがやめていない。  

世田谷区議会 2019-07-04 令和 元年  7月 都市整備常任委員会-07月04日-01号

指定管理に関する業務の収支で、収入が二億五千二百万円、支出も同額になっていると。これは指定管理にするときに、これだけのもので指定管理料をお支払いしますよと言って、それを使い切っているという解釈なのですか。 ◎蒲牟田 住宅課長 この中には施設の中の修繕関係の費用も入ってございますので、実際にその費用として余った場合には、それを返還いただくというような形になってございます。

世田谷区議会 2019-07-03 令和 元年  7月 文教常任委員会-07月03日-01号

収入は、指定管理料が一億四十九万七千円。これに対しまして、支出は一億三百九十九万円で、収支差額は三百四十九万四千円、支出が上回っている状況となっております。支出が超過した理由につきましては、清掃業務に履行内容の追加などによる施設管理費、それから、賃料改定などの対応として、人件費がそれぞれ当初の見込みを上回ったことによるものでございます。  四ページをごらんください。

江東区議会 2019-06-26 2019-06-26 令和元年高齢者支援・介護保険制度特別委員会 本文

歳入の主なものといたしましては、保険収入が74億6,000万円余、国庫支出金が74億円余、支払基金交付金が90億7,000万円余でございます。  歳出をごらんいただきますと、保険給付費が324億9,000万円余と、全体の約9割を占めております。その他は表に記載のとおりでございます。  12、介護給付の適正化でございます。  

足立区議会 2019-06-25 令和 元年 6月25日厚生委員会-06月25日-01号

そして②番として、生活困難者対策ということで、第2段階、第3段階の方の収入の認定について、基準の緩和をしているというのが、表のとおりに改正をさせていただいております。  また、(3)ですが、これは第1段階の方なんですが、基準額の0.5%を保険料としておりましたが、平成27年から0.45%に下げているということでございます。  

足立区議会 2019-06-25 令和 元年 6月25日区民委員会−06月25日-01号

加入者はとても賃金が下がっている、収入が減っている加入者は今まで自営業者だったり、農業関係者だったりした者が、非正規の方は今言ったように無職の方の加入者が増えているといった状況の中で、国民健康保険料は軒並み上がっているというところで、本当に大変な状況。先ほど言いましたように、3区が23区統一保険料方式から脱退したりといったところで、大変厳しい状況なわけです。  

大田区議会 2019-06-24 令和 1年 第2回 定例会−06月24日-03号

議会内の全ての会派参加し、納得する議論を尽くして提案すべきところ、費用弁償の支給範囲を見直すなど、議員収入を下げることのみで評価を得ようとするポピュリズムによるものと感じざるを得ないとの意見がありました。  一方、賛成の立場から、第41号議案について、今回の補正予算の大半は消費税率の引き上げによる財源を活用した幼児教育無償化に伴う対応で、適切な時期での増額補正である。