13006件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

豊島区議会 2019-07-05 令和元年議会運営委員会( 7月 5日)

2、第38号議案から第40号議案まで、3件一括、区民厚生委員会審査報告。3、第41号議案、単独、都市整備委員会審査報告。4、第42号議案から第44号議案まで、3件一括、子ども文教委員会審査報告。5、第45号議案及び第46号議案、2件一括、総務委員会審査報告。6、第47号議案から第51号議案まで、5件一括、総務委員会審査報告。7、第52号議案、単独、総務委員会審査報告。

目黒区議会 2019-06-21 令和元年生活福祉委員会( 6月21日)

これにおきましては、厚生労働省において、質の高い支援を提供するために定めたものでございまして、それに沿った運営が求められていくというところでございます。本事業におきましては、区が設置主体となるという運営形態をとるために、事業者には適切な事業運営を履行してもらうよう、区としても対応していくというところでございます。  以上でございます。 ○金井委員  ありがとうございます。  

目黒区議会 2019-06-21 令和元年文教・子ども委員会( 6月21日)

○芋川委員  この陳情なんですけれども、やはりこれは実際に事業者のほうが、もともと国のほう、厚生労働省が出されてる5年以内に事業者側が義務として見つけなさいという中で、困難な状況という声がこういうふうに上がっているものだと推察するんですけれども、これに関して、目黒区としての対応というのはどういったことを対応したかを改めてちょっと聞かせていただけますでしょうか。

目黒区議会 2019-06-20 令和元年文教・子ども委員会( 6月20日)

その内容ですが、厚生労働省の放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準、いわゆる基準省令と申してございますけども、それに基づいて各区市町村が条例で定めているというものでございまして、本区におきましては26年10月1日に制定したといったものでございます。  

目黒区議会 2019-06-20 令和元年企画総務委員会( 6月20日)

今後の、項番4、区の対応でございますが、そうした区の対応を統合して裁判手続の中で主張してまいりますけれども、具体的には特別区人事・厚生事務組合と協議の上、対応してまいります。  説明は以上です。 ○そうだ委員長  説明が終わりましたので、質疑を受けます。  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○そうだ委員長  ないようですので、よろしいですか。  

豊島区議会 2019-06-18 令和元年議会運営委員会( 6月18日)

元請願第1号は、総務委員会に、31陳情第7号は、総務委員会に、元陳情第1号は、都市整備委員会に、元陳情第2号は、総務委員会に、元陳情第3号は、都市整備委員会に、元陳情第4号は、総務委員会に、元陳情第5号は、総務委員会に、元陳情第6号は、区民厚生委員会に、元陳情第7号は、区民厚生委員会に、元陳情第8号は、子ども文教委員会に。  

豊島区議会 2019-06-12 令和元年議会運営委員会( 6月12日)

報告第1号、報告第2号の報告2件は、委員会付託は行わず、本会議で説明を受け、ご了承いただくこととし、第37号議案は総務委員会に、第38号議案から第40号議案までの3議案は区民厚生委員会に、第41号議案は都市整備委員会に、第42号議案から第44号議案までの3議案は子ども文教委員会に、第45号議案及び第46号議案の2議案は総務委員会に、第47号議案から第51号議案までの5議案は総務委員会に、第52号議案

豊島区議会 2019-05-31 令和元年議会運営委員会( 5月31日)

なお、会期中の常任委員会の日程につきましては、先程の常任委員長会において、別紙日程表に記載のとおり、総務委員会、区民厚生委員会が6月28日金曜日、都市整備委員会、子ども文教委員会が7月1日月曜日と、決定しております。 ───────────────────◇──────────────────── ○竹下ひろみ委員長  次回の議会運営委員会は、6月12日水曜日、午前11時となります。  

目黒区議会 2019-05-29 令和元年企画総務委員会( 5月29日)

項番4の今後の対応でございますが、今後、特別区人事・厚生事務組合と協議の上、区としてこの裁判に対応してまいります。  報告は以上です。 ○そうだ委員長  説明が終わりましたので、質疑を受けます。よろしいですか。

大田区議会 2019-05-27 令和 1年 5月  健康福祉委員会−05月27日-01号

世界保健機関(WHO)「世界禁煙デー」、厚生労働省「禁煙習慣」に合わせ、区民の方へたばこと受動喫煙の害等について周知、意識啓発を行う。(2)東京都や大田区の実施する受動喫煙防止対策への取り組みに対する理解促進を図る。(3)喫煙者にたばこの害を周知し、禁煙への動機づけを働きかける。(4)喫煙者以外にも広くたばこによる健康影響への普及啓発を図る。  2番、実施内容です。

品川区議会 2019-05-27 令和元年_第1回臨時会(第1日目) 本文 2019-05-27

総務委員会    委 員 長  本 多 健 信 君    副委員長  つ る 伸一郎 君  区民委員会    委 員 長  鈴 木 真 澄 君    副委員長  こんの 孝 子 君  厚生委員会    委 員 長  鈴 木   博 君    副委員長  石 田 ちひろ 君  建設委員会    委 員 長  あくつ 広 王 君    副委員長  高 橋 伸 明 君  文教委員会    委 員 長  新

大田区議会 2019-05-24 令和 1年 5月  令和元年第33号議案に関する連合審査会−05月24日-01号

これを受けて、5月10日に厚生労働省こども家庭局保育課から都道府県指定都市・中核市の保育担当課宛てに、保育所等での保育における安全管理の徹底という文書が送られています。  やはりこういった事故をなくすためにも、道路、公園などの対策をするためにも、こども家庭部、教育委員会や都市基盤整備部との連携を行って、安全対策をとるべきだと考えていますが、どのようにされているのでしょうか、お答えください。

大田区議会 2019-05-23 令和 1年 5月  令和元年第33号議案に関する連合審査会−05月23日-01号

厚生労働省の推計では、介護人材は2025年度に37.7万人不足すると言われております。一方、福祉関連職に従事する方の給与水準は他業種と比較して低い傾向にあります。区内の多くの施設、事業所でも人材の確保は困難になっているという声も伺っております。  区としましては、介護職など区内で活躍する福祉人材の確保、育成につながるよう、奨学金の返還を一部免除する制度について具体的な検討を進めてまいります。

大田区議会 2019-05-22 令和 1年 第1回 臨時会−05月22日-01号

一方、介護人材の不足は深刻化しており、厚生労働省の推計によると、2025年度には約37万7000人の介護人材需給ギャップが発生すると言われております。区においても、介護人材の確保は重要かつ喫緊の課題でございます。区奨学金貸付事業において、介護職員など区内で活躍する人材に対して奨学金の返還を一部免除する制度を創設したいと考えております。

目黒区議会 2019-04-10 平成31年文教・子ども委員会( 4月10日)

経緯につきましては、記載のとおり、野田市における事案を踏まえて、政府のほうで「『児童虐待防止対策の強化に向けた緊急総合対策』の更なる徹底・強化について」というものを関係閣僚会議で決定をし、それを踏まえ、内閣府と文部科学省、厚生労働省から2月14日付で点検をするように依頼がありました。

港区議会 2019-03-27 平成31年3月27日総務常任委員会−03月27日

病院における停電による実害がどのぐらいあったかという情報も、厚生労働省に問い合わせましたが、全く出てきません。だから、北海道胆振東部地震でのあの大規模な電力の喪失における対応がどうだったのかということの研究もぜひ進めて、本区に反映していただきたいと要望いたします。 ○委員長(林田和雄君) ほかに、ご質問等ございませんか。                 

目黒区議会 2019-03-25 平成31年第1回定例会(第7日 3月25日)

日本共産党都議団は、子どもの均等割を全額減免する区市町村に対し補助率10分の10の条例提案をいたしましたところ、3月20日、都議会厚生委員会において自民、公明、都民ファーストの反対により否決されたことも申し添えておきます。  第2は、介護保険制度の改悪から高齢者と家族を守る問題です。  その1は、介護保険料利用料の負担増の問題です。