4308件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

板橋区議会 2019-08-29 令和元年8月29日都市建設委員会−08月29日-01号

鉄道立体化推進課長より、先ほどの駅前広場計画に関する陳情の質疑において、特定の政党に対する鉄道立体化推進協議会加入に関する発言を取り消したい旨、申し出がありました。この発言の取り消しを許可することにご異議ございませんか。          (「異議なし」と言う人あり) ○委員長   ご異議がないものと認め、さよう決定いたします。  

板橋区議会 2019-08-27 令和元年8月27日区民環境委員会−08月27日-01号

今、町会加入率、もう一回調べてくれって言っていますけれども、私が議員になった直後に、2011年に町会の加入率の調査を依頼して、最初はすごい反対ありましたけれども、調査していただきましたよね。  その後、全く調査してくださっていないんですよ。そのときは、5年おきぐらいにやりますと言ったんですよね。でも、そういう仕事もしていないじゃないですか、結局。出していないですよね。

板橋区議会 2019-08-27 令和元年8月27日健康福祉委員会-08月27日-01号

日本国民健康保険制度では、会社などの保険加入していない方は、自治体国保に加入することとなっております。そのため国保には、高齢や病気で退職した方などが多く、医療費が高く、所得が低く、保険料負担が重いなど構造的な課題があり、この状況は今後も進んでいくことが予想されているため、国は平成30年度に制度の大幅な見直しを図りました。  

港区議会 2019-07-29 令和元年7月29日保健福祉常任委員会-07月29日

○委員(石渡ゆきこ君) 資料№1の2ページのスケジュールのところに、町会・商店会への説明も行うとあり、近隣に対しても充分な説明会を行うと今おっしゃいましたが、ぜひとも、そういった団体だけではなくて、町会に加入されていないような周りの近隣住民もいらっしゃることから、できるだけ丁寧に、こういう施設ができるという啓発という意味を込めましても、説明会の案内であるとか、施設の内容については配付・広報していただきたいと

大田区議会 2019-07-12 令和 1年 7月  総務財政委員会-07月12日-01号

例えば、今、年金事務所は週30時間以上、労働のパートタイマーの年金、そして協会けんぽへの加入を強烈に促進しています。  そうすると、中小企業はどうやって防護するかというと、今まで30時間以上働いていただいていたパートタイマーを29時間にしてしまいます。29時間以上働いたら、帰ってもらう。そのことによって、社会保障負担がなくなる。

世田谷区議会 2019-07-04 令和 元年  7月 福祉保健常任委員会-07月04日-01号

一行目「雇用保険加入の自営業者は保育園の入園選考で不利」とございますが、現行制度は、育児介護業法に基づく産休または育休取得者のみ五ポイントの加算の対象となっておりますので、自営業者の方が不利という御指摘は事実でございます。  次に、下から二行目「自営業者でも保育園の入園選考で産休・育休が対象となることを求める」との記載がございます。

世田谷区議会 2019-07-03 令和 元年  7月 区民生活常任委員会-07月03日-01号

このせたがやジュニア・オーケストラに加入しておられる方の中で、希望者が行くということなんでしょうか。 ◎大澤 文化・芸術振興課長 今現在、せたがやジュニア・オーケストラの団員が約八十名ぐらいいらっしゃいます。そのうち、今回のこの交流コンサートに参加希望されているのが五十八名になります。

足立区議会 2019-07-01 令和 元年 7月 1日災害・オウム対策調査特別委員会−07月01日-01号

信者の数でございますが、アレフ全体としてはほぼ横ばい、加入するけれども脱退もするということで、ほぼ横ばいの傾向にあるということで聞いております。  なお、足立区内3施設ございますが、3施設とも出家信者用の施設ということで聞いておりまして、いわばそこに居住をしているということで聞いております。

足立区議会 2019-06-27 令和 元年 6月27日建設委員会-06月27日-01号

昨今、町会・自治会等に自治会はちょっとこの場合は違うのかもしれませんが、町会等に加入される方がなかなか伸び悩んでいるという状況の中で、この地域コミュニティの推進をどのように条例として運んで進めていくのか、その辺りをお聞かせください。 ◎開発指導課長 まず、町会等を所管しております地域調整課、こちらとの協議をこの条例義務化していきます。

足立区議会 2019-06-25 令和 元年 6月25日区民委員会−06月25日-01号

この国民健康保険は、加入者に構造的な課題を、特に足立区は抱えていると思うんですが、どのような認識を持たれていますか。 ◎国民健康保険課長 国民健康保険の構造的な課題といたしましては、高齢者の比率が高いこと、低所得の方が多いこと、また職についてない、無職の方が多いことなどが構造的な課題と考えております。

足立区議会 2019-06-21 令和 元年 6月21日総務委員会-06月21日-01号

◆はたの昭彦 委員  URの住宅によっては、地域自治会加入してもらって、夏祭りを手伝ってもらうとか、自治会運営に若い人が積極的に加わって力を貸していただくというようなこともやっていますので、そういったことも含めて、是非、積極的に若者と地域が交流できるように進めていっていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。  

大田区議会 2019-06-20 令和 1年 6月  防災安全対策特別委員会−06月20日-01号

◆須藤 委員 ちょっと私は、賛成の立場からなのですけれども、いろいろ昨日、数値を見てきまして、実際、都のほうで助成率がアップしたのは、平成28年からでして、平成28年、29年、30年のこの3年間で、加入台数というのは、54団体で698台でした。その3年前、助成の前の、さかのぼっての3年間では、15団体で246台だったそうです。  

足立区議会 2019-06-20 令和 元年 第2回 定例会−06月20日-01号

区では、後期高齢者医療制度加入している区民を対象に、後期高齢者医療健康診査を区内の指定医療機関にて実施しています。実施状況を見ると、対象者数は増えていますが、受診率は年々下がってきています。今後は、重症化リスクの高い高齢者の方々を受診に結びつけるためにも、再勧奨を実施すべきと思うがどうか。  

板橋区議会 2019-06-19 令和元年6月19日都市建設委員会-06月19日-01号

それから、マンション内での自治会組織率でございますが、13.6%、地域への町会加入率が49%となりまして、あわせて6割以上のマンションで何らかのコミュニティの形成が図られている結果となってございます。  最後に、マンション管理で最も困っていることとしてお伺いしたところ、居住者の高齢化という結果になっておりまして、次に、役員のなり手不足が33.9%で続いております。  

港区議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会-06月19日-07号

しかしながら、町会・自治会役員も高齢化し、新規加入者を募集してもなかなか人材も集まらず、衰退の一途をたどらざるを得ない地域が区内に存在しているのが実情です。  港区内に区民が生活している地域存在するならば、防災安全・安心の観点から自助や共助も大切ですが、区民を守る責務は行政にも重要な役割があると考えます。

大田区議会 2019-06-18 令和 1年 6月  総務財政委員会−06月18日-01号

国民健康保険料の均等割は、被保険者一人ひとりが対象となるものであり、大田区では平成30年度で年間5万1,000円、令和元年度ではさらに1,200円値上がりし、年間5万2,200円が子ども一人ひとりにまでかかる点は、国民健康保険加入する世帯の大きな負担になっているといえます。  

板橋区議会 2019-06-18 令和元年6月18日災害対策調査特別委員会-06月18日-01号

だから73校はこういうふうに地域防災住民組織と町会・自治会、それからまたそれに加入していない地域の方々をどう受けとめるかというところで、それを策定していかないと、もう多分つぎはぎだらけで、ぽつんぽつんって、今これ対応が必要だ、荒川下流対応、水害が多くなったからそれもくっつけようというふうにしても、なかなか結局軸の部分が全然固まっていないので、地域の皆さん、ずっと困惑したままなんですよ。  

大田区議会 2019-06-17 令和 1年 6月  総務財政委員会-06月17日-01号

昨年度の国保制度改革によりまして、都道府県財政運営の責任主体となり、都道府県単位で国保加入者を支え合う仕組みに変わりました。  国保制度改革によりまして、区市町村国保の構造的な課題であった財政基盤の安定化について、公費による財政支援の拡充等が図られることから、国のガイドライン東京都の国保運営方針におきましても、法定外繰り入れの縮減、解消を段階的に行うものとされております。